2004年11月アーカイブ

高校時代の恩師の退職記念パーティーへ行ってきました。
懐かしい顔がいっぱいでした。
高校を卒業してから10年以上がたつのですが、こんな日が来るとは思ってもみませんでした。

上の代の先輩たちと下の代の子(という年齢でもないのですが)たちは、既婚者が多かったです。
負け犬率が高いのはどうも同期だけらしい(汗)。

子連れで出席している方も多く、仕事をして、子供を育てて、自分のこともして。
自分のことで精一杯なので、周りのお世話もできる方たちに感心しました。

そして思ったのが、母親になると『余裕』と言うか『自信』『貫禄』がでてくるのです。

『私がいなければ存在するのが困難な人間(子供)がいる責任感』『(子供から)絶対的に必要とされる強さ』なのかしら?
「母は強し」と言いますが的をえています。

絶対的に自分を必要とする存在がこの世に存在するのが、うらやましい半面、そんな責任負いたくない、と思っている自分もここにいます。

▼326の母になる方への応援歌

Amazonで「いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。」の詳細を見る

| コメント(0) | トラックバック(0)

次の休日に高校時代の恩師の退職記念パーティーがあります。
高校時代バスケットボール部に所属しており、顧問をしていただいていた先生です。

チームメイトが先生に捧げる「替え歌」を作成してくれました。
私にできることと言えば、、、ということで歌詞カードを作成しました。

思えば高校時代、休みもなくバスケの練習をしていましたが、
先生も休みなく練習を見守ってくれていました。

休日出勤しまくりです。。。
今思えばその偉大さがわかります。
40年以上も同じことを継続することの凄さもわかります。

そんな人柄に約80人の元生徒達が集まるみたいです。
そんな人生っていいのかも。

▼幸せな第二の人生のために

Amazonで「ハッピーセカンドライフ」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

メールマガジンを配信したあとなどに、お客様から「問合せメール」が届くときがあります。

商品や、サービス内容に関する問合せは、窓口になっている部署が
関係部署に転送をして対応をします。

「ホームページの入力フォームが、先に進めません」
「画面が正しく表示されません」
といったホームページに少しでも関るものは、企業内web担当にメールが転送されてきます。

「パソコンは、windows、macなど何をお使いでしょうか?」
「ホームページを閲覧するときに、インターネットエクスプローラーなどの閲覧ソフトは何をおつかいでしょうか?」
「macで○○をお使いの場合だと...」

と、私が下書きをして、窓口担当者に「これでどないでしょうか?」と窓口担当に送る訳です。


そして、窓口担当の方が『これでお客様に送信します』の文章をメールで送信してくれたのよ。

うわー。なんて感じの良い文なんだ!!

言っていることは、同じなのですが、何故こんなに受ける印象が違う?
こんなに『感じがいい文章が書ける』というのは一つの才能です。

このメールを受取ったら「そうですね。納得。」と言う気になります。

このように「感じのよい文章」を書ける人になりたいものです。

[参考]
メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール
【送料無料】メール文章力の基本

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の掃除によってでたゴミ(ゴミ袋10袋分!!)の中で生活しているので、ストレスがたまります。

でも、このごみくんたち、今まで家の中にあったのだよね?一体どこにひぞんでいたのだか。
燃えるゴミ、燃えないゴミなどいろいろあるので、一週間かけて.捨ていきます。

3月末に引っ越す時に、あれだけ捨てたのに。

思うに、年を重ねるにつれて「本当に必要なもの」が分かってくるのでは?
とりあえずとっておこう!という思考回路がなくなってきました。

結局、自分のもとに残らなかったものは、自分に必要のなかったもの、とも思います。
ある一定の年齢までは自分にとって何があうのか、必要なのか試す時期で、可能性を広げる時期なのでしょう。

ある程度年を重ねるにつれて欲しいもの、必要なものが分かってきます。

もしかすると、自転車の補助輪みたいなものだったのかもしれません。
ありがとう。そしてさようなら...と感謝しつつ捨てました

▼自分の整理のためによい本

Amazonで「佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】佐藤可士和の超整理術」の詳細を見る

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は、おまけ(一体なんのおまけだったのか忘れてしまった)のDVDでエクササイズをしました。

KABA.ちゃんと一緒に「ガッツだぜ!」のリズムで踊りました。
お部屋が狭いので、机やベットに足や手がガンガンぶつかります。
KABA.ちゃんはものすごい笑顔で踊っているのだが、息が切れます。
大した動きじゃないのに。

2年ほど前にTAKANOビューティークリニックのCMでGacktのカラダをみて(一時期、折り込み広告を壁に貼っていた。苦笑)「肉体改造」を始めました。

具体的には『ターザン』の発売日は、がんばってエクササイズをしました。
仕事中にこっそりストレッチをしました。
ダイエット SHINGO
」をまねて『食べたもの日記』を続けた。(最近の彼はリバンドをしている気がしてならない)今の派遣先で働き始めてからは、通勤時に一駅分歩いています。
わたし、けっこうがんばってる?

さて、、部屋の掃除をしており、あきて、疲れて、嫌になり、現実逃避中です。
片付けたら、スーパーの買い物袋10袋分の不要物がでてきたのです。

3月末に引っ越してきて、半年ちょいしかたっていないのに。

社会人になりたての頃に購入し、体型の変化とともにはけなくなって、
でも、何故かとっておきましたジーパンがでてきました

今のわたしならはけるかも、と思いチャレンジすると...軽々はけましたぁ!!嬉しい。

着実に地道な肉体改造の成果がでているようです。

▼シンゴちゃんのダイエット記録

| コメント(0) | トラックバック(0)

このところ「歯が抜ける夢」をよく見ます。

口の中に違和感を感じて、舌で探って口の中から出してみると『歯』なのです。
妙にリアルな感触を、舌が覚えています。
次から次へと歯が抜けていき、気がつくと新しい歯が何事もなかったように生えています。

夢には「自分では気づかない本当の願い・自分」が反映されているときいたことがあります。
気になったのでネットで「歯が抜ける夢」で検索して、その意味を調べてみました。

いろんな解釈がでてきましたが、総じて「今までも自分との決別」という内容が多かったです

何でも「歯」は食べる時に毎回毎回使うものなので、日常だったり、食べることそのものだったりします。
「日常」であったものに対して「違和感」を感じ、抜けていき、
新しいものにとってかわっているのです。

今の自分の置かれている状況を考えると、案外あたっているのかもしれません。。。

▼夢診断の本

Amazonで「
よくあたる! 夢占い事典1000」の詳細を確認する
楽天で「【送料無料】よくあたる!夢占い事典1000」の詳細を確認する

| コメント(0) | トラックバック(0)

「トップランナー(テレビ番組)」にオーストリア料理で日本人初のマイスターになった
神田 真吾さんが出演していました。

番組の中で神田 真吾さんが言っていたことが、非常に印象に残りました。

「料理をする上で大切にしていることは?」というような質問に対し
「(くさいと思われるかも知れないが)愛情。いい加減につくったものって、すぐわかるじゃないですか!」といってました。

これは、料理だけでなく、何事にも言えることです。

何をするにも、心をこめて。
ひとつひとつのことを丁寧に。
肝に銘じました。

▼神田 真吾さんの著書

Amazonで「世界のマイスターをめざして -ハプスブルク家宮廷料理を受け継いだ日本人-」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】世界のマイスタ-をめざして」の詳細を見る

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、R25を読んでて気がつきました。
日産の社長のゴーンさんはわたしと同じ誕生日です。しかも、20年違いで。

ゴーンさんのでているインタヴューや、雑誌、新聞の記事をみて、
自分にとって「注目の人」だったので何だか嬉しいです。

このフリーペーパーのインタビューでも
『人生というのは「継続的な学習経験」ですから。問題を解決し、学習する経験には終わりはありませんし、何より楽しい!』など、貴重なお言葉の数々を残しておりました。

「学習し続ける」のは「楽しい」のですね。
「苦しい」「大変」なのでは、ないのですね。

何かを成し遂げるは、発想は自分のような凡人とは異なり、言葉にも重みがありました。

▼ゴーン流人生哲学が満載

Amazonで「カルロス・ゴーンさんの著書一覧」を見る
楽天で「カルロス・ゴーンさんの著書一覧」を見る

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日の電車は「EDWIN」車両でした。
車両の1/2は須藤元気の(EDWINの)広告で埋めらていて、かなりテンションがあがりました。

須藤元気さんは、「変幻自在のトリックスター」ともよばれる格闘家です
パンクラス、K1、リングスなどに参戦しています。

鍛え上げたタトゥー入りの背中に、EDWINのジーパンがよく似合います(@.@)
太鼓叩いたり、試合の入場シーン"風"の動画も流れており、うっとりとした気分で眺めました。
その入場シーンが、まっとうなのです(苦笑)
普段からおちゃらけてないで、まともに入場すればいいのに、とも。

ただ、「おちゃらけた」入場シーンによって、よくも悪くも注目されました。
須藤元気選手は、入場から試合後までをパフォーマンスと捉えているみたいです。

「試合でみせればよい」ではなく、「最初から最後までが見せ場」という考えが、
当時の格闘技の世界では珍しかった気がしています

須藤元気選手は、セルフプロデュース力がありました。

高校・短大・柔術留学をして身につけたレスリングのバッグボーンがあるのはもちろん
「自分をどう魅せるか」を考え抜いて、具体的に行動してきたのがすごいです。
(ときには、非難を受けながら)

あの奇抜とも言える入場パフォーマンスだったり、トリッキーな動きはその成果です。

「基礎がしっかいしている」人は、いっぱいいるでしょうが
「基礎がしっかりしている」上に、自分の見せ方を考え抜いて、
カタチにできる能力をもつ方はなかなかいません。

こういった力がほしいです。


須藤元気選手の著書

▼自伝的青春小説


▼哲学と笑いでつづるエッセイ


▼様々な機会に使ってきた七十のキーワードについて語った箴言集


▼ベストセラーになった幸せに生きるためのエッセイ

Amazonで「須藤元気の著書一覧」をみる
楽天で「須藤元気の著書一覧」をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2004年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2004年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング