ライフデザインTOP > ライフデザイン > 幸せになるための条件

幸せになるための条件

「月10万で暮らせる日本の移住する町ベスト12(そんな名前だった)」というテレビ番組をみていました。
10万で一ヶ月生活?どんな貧乏生活?と思ったのですが、ところがどっこい、豊かな生活なのです。

例えば、畑つきの家(月額何千円の単位で借りれる)で自家製の野菜をつくり、足りないものはご近所さんと物々交換をします。
町営の温泉(年間パスポートが一万円しません)に、はいりまくり。
漁師さんからお魚をいただく。
まきストーブで暖房兼調理をするからガス代、電気代が格安、など。

だから基本生活費が10万以内で済んでしまうのに、豊かな生活がおくれます。
羨ましいです。

そして名言
「銀行にお金を積んでおくより、まきを積んでおく方が安心」
(近所の人に自家製野菜をあげにいき)「私らあげるのが嬉しい。」

あ~。与えてもらって嬉しがっている自分は精神が卑しいのだろうか?
その移住された方達の「贅沢だぁ」「幸せだ」という笑顔が印象的でした。

恐らく、番組の意図で「10万」にこだわっていたけど(「基本生活費」という表現で、例えば洋服代美容院代などは、はいってなさそうでした)本人たちはそんなに気にしてなさそうです
好きな暮らしをした結果、生活費がかからなかった。そんな感じがしました。

今日はお寿司特集をテレビでみました。
某実業家が銀座の一流のお寿司屋さんの出張サービスを受け(専用カウンターを自宅に設置している)約15万「安いもんだ」と言ってました。
専用ソムリエも一緒によんでおり。
そのソムリエのオススメワインが40万。
一回の食事に55万ときたものだ。こちらも幸せそうでした。

この幸せ者たちに共通しているのは、自分の欲望に正直です。
実現のために努力をしていること。
お金の使い方を知っていること。
(10万の移住者も、例えばログハウスを建てるのに百万、千万単位の投資をしている)以上、3点は幸せのになるための必要条件とみた。
 

Amazonで「北海道移住案内2011 「ちょっと暮らし」ガイド」の詳細を見る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/53

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年1月 4日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「派遣先の不思議【企業内web担当は見た】」です。

次のブログ記事は「取引先との履歴を残すこと【企業内web担当の日常業務】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング