ライフデザインTOP > ライフデザイン > スーパーサイズ・ミー【カラダをつくる】

スーパーサイズ・ミー【カラダをつくる】

映画『スーパーサイズ・ミー』を見てきました。
被験者(=監督)が一ヶ月にわたり、一日3食マクドを食べ続けるとどうなるか?というお話です。

自分が30年生きてきた中で、であった「ちゃんとした方」は、みなさん食べるものに気を使っています。
「まともなもの」を食べるから「ちゃんとした人」になるのだと思います。
脳みそを含め、人のカラダは、食べ物から摂取したもので構成されます。
変なものを食べたら、変な脳みそ、カラダになるのは当然のこと。
なんで、そんな簡単なことに気がつかないのでしょうか?

『刷り込み』ということが映画内で言われていた。
アメリカの中・高生のランチ事情取り上げられておりまして。

ぶっとんだぁ。

スナック菓子+砂糖がたっぷりのジュースが育ち盛りの子の食事なんだよ。
学校の食堂のスタッフ曰く『「缶切り」が一番の調理器具』だそうな。。。
(調理をするのではなく、運ばれてきたきたものを暖め、並べるのが仕事みたいです)

このままいったら、さぞかしクレイジーな人間が大量生産されるでしょう。

ただ、自然の素材にこだわったランチに変えた学校もあり、そこは『食べ物を変えただけで生徒が変わった』と言っていました。

味、政治的事情はともかく、栄養のバランスはきっちりと考えられた給食で育ってきた自分は幸せだ、とも思いました。

たぶん「ちゃんとした食事」をしたことのない人って「ちゃんとした食事」がどういうものなのか知らないのだと思います。
ジャンクフードが「当たり前の食事」と思っているのかしら。
ジャンクフードを「変」と思う感受性が育っていないのでしょう。

「食べたものが自分になる」と心して、ちゃんとしたものを食べる。

Amazonで「スーパーサイズ・ミー 通常版 [DVD]」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】スーパーサイズ・ミー」の詳細を見る



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年1月 8日 19:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「取引先との履歴を残すこと【企業内web担当の日常業務】」です。

次のブログ記事は「きちんとした食べ物を提供される時期、あった?【カラダをつくる】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング