2005年2月アーカイブ

今日は月に2回の給料日。
2月前半分のお給料が振込まれます。
残業しなったので大した金額ではありませんが。

そして現在2ヶ月連続赤字を更新中。

バイクの壊れたところを修理したり、転職活動中に払っていなかった税金、年金を納付したり(ゴールデンウイークまでには完納したいのだよね。)。

更に本日、追い打ちをかけるように「バイク保険の満期日が近いです。」ハガキが来ていました。
お手ごろプランで20,000円強。

...ということは?
盗難保険も更新です。
しかも、定期点検も受けといた方が良いし。

痛すぎです

正社員として働いていた頃は、こうしたプチまとまった出費はボーナスから出資していました。
今から思えばボーナスっておいしかった。

何もしなくても年に2回はまとまったお金が手に入るのって、ラッキ-なことです。

離れてわかる、会社組織の良さ。
月ごとの手取りは派遣になって増えたけど、年収で見ると減っています。
だから堅実に月ごとのお給料で多少の急な出費は補いたいのです。

Amazonで「職業別・会社別・業界別 ダイヤモンド給料データブック (週刊ダイヤモンドBOOKS)」の詳細を見る

木曜日にガレ展にいってきた。
両国美術館。
木と金は20:00まで開いている。
定時で帰れば間に合う。
全てを振り切ってでかけた。

私がガレの好きなところは単なる芸術家でなく、使えるものをつくる工芸家であるところ。
それが芸術品になっているところが、凄い。
機能性と遊びゴコロを両立させるのは結構大変だ。(しみじみ)
しかも芸術的価値まで付加してしまうとは。
彼にとってこれらは作品なのか、商品なのか?
美術館のケースの中に飾ってあるより、しゃれた部屋で、器にフルーツなんかを入れた方がよっぽど似合っている気がする。
家具や、照明器具なんてケースにいれて飾っておくものではないでしょう。
何年か前に「イームズ・デザイン展」にいった時も同じことを思った。
器や家具は使ってなんぼのもの。

ガレ自身もそう思ったのではないだろうか?

もうすぐ本番化するサイトの最終チェックをしています。

本日は試算表の確認をしました。
プルダウン形式で「プラン名」や「年齢」を選択すると料金が試算されるものです。

その組み合わせ、約900通り。

かなり無茶な納期と、無茶な予算だったのに、制作会社さんに何とか対応をしていただきました。
感謝、感謝です。

お金に関わる部分なので、間違いがあってはいけません。
(他の部分でも、間違いはあってはいけないのですが)

派遣先で一番ヒエラルヒーの低い私が、チェック係が任命されました。

プルダウンをいじって条件を設定し「試算をする」というボタンをかちっとクリックする。

でてきた金額とパンフレットとを照合。
合っていたら、蛍光ペンでマーク。

間違っていたら、プリントアウトをする。
制作会社さんに修正依頼をだすべく、準備をします。

そして、次の条件をいれ・・・。

自分が「地味オーラ」を発している気がします。
肩が固まる。
右手の筋がはる。やりましたよ、900件!
そして、2件の修正箇所を発見。気がついてよかった。

ここ2、3日こうした「間違い探し」のような仕事が続きます
性格が悪くなりそうだ(汗)
 
新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本 (ばっちりわかる)
【送料無料】新米IT担当者のためのWebサイトしくみ・構築・運営がしっかりわかる本


土曜に映画を観に行きました。
新しくできた映画館で、エントランスがたいそう広く、雨なのに、明るかったです。
トイレの案内サインがこったデザインで、じっと凝視してしまいました。

とても素敵で、しゃれた映画館でした。

でもね、わくわくした楽しい気分が暗転してしまいました。

私が映画館に到着したのが15:02で、上映開始が15:00。
要するに遅刻です(汗)

たいていの映画館では、上映開始時刻を過ぎてからの入場には、
映画館の方がペンライトを点しながら席を探してくれたり、案内をしてくれるのです。
(いつも遅刻してるの?という突っ込みはなしです)

でもね、ここの映画館はそんなサービスがありませんでした。

自分が遅れたのが悪いので上映ルームの扉をあけると...
前は真っ暗で何も見えません。。。
方向感覚がなくなるよ。
しかも、私が通路で戸惑っていると係のお姉さんは後ろからドアを閉めやがった(T_T)。

指定席で後ろから3番目の席にいくよう指示されたですがのに、
どうやって自分の席にいけばいいのさ?

遅れていった私が悪いのですが、この仕打ちはあんまりだー

どんなに設備が良くても、結局は運営する人間が、その施設の質を決めると思います。

webサイトに置き換えると、どんなに綺麗なサイトをつくっても、運営するのはやはり人。

例えば問い合わせがきた時に、へんてこな対応をしたら、潜在的な顧客が逃げてしまいます。

素敵な映画館から、そんなことを学びました

顧客満足[CS]の知識(日経文庫)
顧客満足[CS]の知識 / 日経文庫1220 (単行本・ムック) / 小野譲司


派遣先のサイトリニューアル日が延期になりました。

理由は稟議書のハンコを押す人が風邪でお休みで、書類が回せないからです。。。
権限は、自己管理のできる方に与えてほしいものです。

おかげで、メルマガの原稿差し替えなどの仕事ができました。
取引先に頭をさげなくてはなりません。

制作会社さんからは、大ブーイングをくらいました。

何でも制作会社さんは「予算があまった」という各部署からの
予算消化のための更新依頼で忙しいみたいです。

民間企業ですよ、念のため。

「できる人」の段取り力―これこそ、いい仕事ができる最強の能力だ! (知的生きかた文庫)
【送料無料】「できる人」の段取り力

 

明け方に地震がありました。
結構激しい揺れでした。

しばらくフトンの中で「どうしたものか」と寝ぼけた頭で葛藤したものです。

結局身の危険を感じて起きましたた。
防犯シャッターをガラガラとあけ、すぐ逃げることができるようにベランダで身構えました。

雨が降って、まだ揺れていたので、しばらく寒い中、じっとしていた。

わたしのおうちは、住宅街にあるのだが、人間が動く気配がなく静かでした。
これだけ揺れているのに寝ているのでしょうか?

私は地面が揺れる怖さを知っています。
そのことがもたらす被害の大きさも。

カラダが揺れを覚えています。

「死ぬかも」という危機感。寒さ。
自分のコントロールしえないものに、身を委ねるしかない情けなさ。
頼りなさ。
心細さ。
人間がいくら進歩しても、地面が揺れたら終わり。
かなわん。

街が崩壊の危機にさらされていても、日はまた昇ります。
夜になると日は沈みます。

それでも地球は回る、と人間の領域を超えたものの存在に勘服しました。
どんな状況でも、前向きに生きる人間の偉大さに感動しました。
ハタチの頃のことでした。

揺れひとつでとりとめなく色んなことが浮かんできました


Amazonで「神戸発阪神大震災以後 (岩波新書 新赤版 (397))」の詳細を見る


今日は私の給料日☆早速、国民年金を払いました。
インターネットで払込できました。
Pay-easy(ペイジー)というシステムです。
今回初めて知りました。

ネットで振込関連。
初めて家賃をネットバンキングで振り込んだ時は感動しました。
家賃の振込って、けっこう面倒くさかったのです。

ATMのやっている時間に銀行にでかけ、時間を気にしながら寒い中、或いは暑い中並ぶ訳です。
月末の銀行は混みます。
ATMを操作してやっと振り込りこみ完了です。

そもそも、外に出かけるためには、それなりの準備をしなくてはならないのです。

そうした精神的苦痛(言い過ぎ?)時間的制約からネットバンキングは私を解放してくれました。

時間的制約、精神的苦痛を人間から解放するのがITの本質な気がします。
機械がやってくれることは機械にやらせれば良いのです。

節約したエネルギーは他のことに使います。
人間は人間にしかできないことをすれば良いのです。
そんなネットの可能性を感じたのもこの業界に足を突っ込んだ遠因ですね。

何はともあれ、国民年金を2ヶ月分払いこみました。
あっという間に終わりました。
並ぶこともなくキーボードを叩くだけで終了。
本当に簡単に降り込めます。

この手軽さを、もっと世に広めるべきだよ



Amazonで「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】ウェブ進化論」の詳細を見る


「検索エンジン連動型広告」というのがあります。

例えば、YAHOO!、Googleなどの検索エンジンで、ユーザーが「派遣」と入れ検索をしたとします。
その人は「派遣」について知りたいから、「派遣」と検索したのです。
その検索結果に「スポンサーサイト」として自社の広告を表示させるのが「検索エンジン連動型広告」です。

広告を出す側からすれば「知りたい人に情報を提供できる」のだからこんな良いことはない。
検索する側にとっても自分の知りたい情報が提供されるので、不快には思わないでしょう。

むしろ、自分では気がつかなかった「潜在的な願望」にあった提案をしてくれたりもします。
自分の検索したキーワードにあったサービスを提案してくれる「よい広告」です。

けれど、基本的により多くの広告代をだしたサイトがよりよい場所をキープできます。
今までの新聞広告、テレビだって、似たようなものと言えばそうなのだけれど。
何だか抵抗感を感じます。

この引っかかりは、何でしょう?
不愉快さの根元にあるものは何でしょう?

たぶん、頭の中を覗かれている気がするから。
テレビも、新聞もマスに対して情報の提供をしています。

アニメを見るのは、お子様が多い、などある程度のセグメントはされていますが、一方通行です。
こちらが提供した情報に基づいて、レスポンスがある訳ではありません。

が、広告連動型の場合、こちらの意図しない情報提供がなされ勝手にレスポンスとして広告が表示されるもです。
クリックしなければそれまでなのだが、何だか嫌ですね。

Amazonで「明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】明日の広告」の詳細を見る


派遣社員になってから自分の時間がもてるようになり、「家にいる時間」が長くなりました。
多くの時間を費やす場所を、より快適にしよう、と思い掃除をしました。

トイレ、お風呂、キッチン、ガスレンジ、ごとく、シンク、冷蔵庫の中、床、ポット、鍋、あちこち磨きあげたのです。

掃除をするたびに、大量にいらないものがでてきます。
今回は昔つくった大きなジグゾーパズルを捨てることにしました。

20代の頃は捨てられないものが増えていくことが、大人になることと、思っていたのです。
ある部分では、ある意味では正しいのでしょう。
ものが増えていくことが嬉しくもありました。
よくも、まあこんなに溜め込んだものです。

が、30歳になって、捨てるものがどんどん増えていっています。
掃除をするたびに「こだわり」だと勘違いしていた「依存」に気がつきます。
ものを増やすことによって得られる満足感が欲しかったのでしょう。

増やすことで本質を誤摩化していました。
(可能性を広げていた面もあるが。)
が、ひくことで本質を際立たせることに美学を感じるようになったし、耐えうる強さも身に付いてきたようです。

そういった心境の変化がものへの態度にもでてきました。
何を捨てるかは、何を残すか、でもあります。

「いらない」ものを捨てて、「残すもの」を決めていきましょう。


Amazonで「新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】「捨てる!」技術新装・増補版」の詳細を見る


派遣先で、来期にむけて広告の見直しをしています

登録会員向けの媒体、外部媒体、紙、web、DM、テレマなどあらゆるチャネルがあって、
それらの年間計画をたてています。

一般企業の企業内web担当だと『運営して利益をあげる』ところが見えるのがよいです。

でも、苦戦しているみたい。
年間計画をたてるための根拠になる数字がないみたいなの。

さらにね、今までネットを担当していた社員さんが異動になることがほぼ決定で、
やる気が感じられないの(苦笑)。既に消化試合なのかしら。

やり逃げさせないように上長がこまめにチェックをしているのが、そばでみていてよく分かります。
異動決定通知がでるまでは「来期もいるもの」として来期のプレゼン準備をさせています。

じんせいいろいろ♪この歌が頭の中で流れた1日でした。

ビジネスパーソンのための次世代Web戦略
【送料無料選択可!】ビジネスパーソンのための次世代Web戦略 (単行本・ムック) / 飯山 奈穂 著


サイトを運営する(つくる)人は、広く、深くいろんなことを知る必要がありますね。。。

「htmlが分かります!」「ソフト使えます!」「画像いじれます!」「CGIかけます!」という
「サイトをつくる技術」をもっている人は、いっぱいいるでしょう。

それだけでも、それなりのサイトができますが、
プラスして「扱う商品」「扱うサービス」を理解すると、もっとよいものができると思います

例えば、ある商品を訴求するとして、どうみせたらいいのか、誰に何を伝えたいのか、
それを表現する人(サイトを運営、つくる人)が分かっていないと、
ちくはぐなものになってしまいます。

自分が分かっていないものは、人に伝えることができません。

業界歴9ヶ月の私の言うことではないのかも知れないのですが。
わたしが、まず商品知識、サービスに関する情報を知らなくてはいけないのですが。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)
【送料無料】佐藤可士和の超整理術


年末に手続きをして「3週間ぐらい」と言われた国民年金の納付書(要するに請求書)が本日届きました。
5週間かかってます♪

予想通り転職のはざまの5月分と、派遣として働きだし、派遣元の年金に加入するまでの9,10,11月分の計4ヶ月分の請求。
13300×4=53200。納付期限は基本的に納付月の翌月末。
5月分だったら、6月末まで(とっくの昔に切れてます)。
でも、「領収(納付受託)済み通知書」の使用期限は2006年の該当月まで。
猶予が結構長いです。
付加保険金をあわせて納付する場合の保険料は月額13700。

付加保険料?

さっそく、ググル。
何でも月400円の付加保険料を払うとですね、年額で200×付加保険料納付月数がもらえる仕組みです。
そんなの初めて知ったさ。
私の場合400×4=1600を払っておく、年金をもらえるようになると、年金に毎年+800円される訳です。
2年もらえば元がとれます。
たかが800円。されど800円。
動物占いがさるなので小銭が大好きです。大した金額ではないし、いれとこうかな。

しかし、「付加保険料」を検索していて思ったが、自治体のサイトって痛い。
あまりに古風でここに書いてあることが、生きている情報なのか心配になってくる。
分かりづらい。
伝えるために書いている、とは思えない文。
年金なんて分かりにくいものを試算できるシステムを構築すればいいのに。
そうすれば、問い合わせが減って楽なのに。

まだまだ、ネットでできることで現実になってないことがいっぱいある。

派遣先がweb媒体で広告をうつことになりました。

別の仕事で社員さんがおつきあいのあった会社の担当者を紹介してもらい
「こういう趣旨で、広告を打ちたい。弊社URLは・・。」という趣旨のメールを投げました。

返信は早く、電話での連絡も迅速でした。

ただ、担当者の方と話していて気になったのが
URLを送信しておいたのにサイトをちっとも見ていない
という点です。

話はスムーズにいくように、URLをおくっておいたのにー。
その姿勢はどうなのでしょうか?

よくわかる広告業界 (最新業界の常識)
【送料無料】よくわかる広告業界最新版


3年ほど前にプチ投資を始めました。

「始めた」と言っても、やる気になった時に「ミニ株」を購入して
そのまま「塩づけ」にしているだけですが。
 
銘柄はデパ地下に出店しているお惣菜屋さん。

ここのお惣菜が好きだったし(最近は別の果物の名のつく店でもっぱら購入していますが。)
「中食」はこれから伸びる分野だし・・・、という極めて単純な発想で購入を決めました。

「プチ投資」という響きも知的で楽しげでした。
自分もセレブになった気になれました。

単価3,190円×30株を購入しました。
買った当時は、毎晩株価チェックをするのが楽しかったです。
その数字に一喜一憂していました。

が、次第に価格が下がり始め、嫌になってきました。
そして、徐々に自分の中で「なかったこと」になっていきました。

今日、ポストに「株式ミニ投資配当金相当額ご入金のお知らせ」がきていまして。
配当金相当額190円がもらえるそうです。
利回りはいいのでしょうか?悪いのでしょうか?
久々に思い出し、現在の株価を調べてみました。

なんと1,785円。
半分近くに下落しております(涙)

はぁ。(溜息)

右肩下がりのチャート見て切ない気分になってきました。
 
「なかったこと」になっていたのに、50,000円強の価値のあるものが再発見できました!と
喜んでおきましょう。そうしましょう。

Amazonで「改訂版 外貨で月20万円稼ぎ続けている 私の連勝法 (アスカビジネス)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法」の詳細を見る


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2005年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年1月です。

次のアーカイブは2005年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング