ライフデザインTOP > その他 > 頭の中を覗かれている気がする

頭の中を覗かれている気がする

「検索エンジン連動型広告」というのがあります。

例えば、YAHOO!、Googleなどの検索エンジンで、ユーザーが「派遣」と入れ検索をしたとします。
その人は「派遣」について知りたいから、「派遣」と検索したのです。
その検索結果に「スポンサーサイト」として自社の広告を表示させるのが「検索エンジン連動型広告」です。

広告を出す側からすれば「知りたい人に情報を提供できる」のだからこんな良いことはない。
検索する側にとっても自分の知りたい情報が提供されるので、不快には思わないでしょう。

むしろ、自分では気がつかなかった「潜在的な願望」にあった提案をしてくれたりもします。
自分の検索したキーワードにあったサービスを提案してくれる「よい広告」です。

けれど、基本的により多くの広告代をだしたサイトがよりよい場所をキープできます。
今までの新聞広告、テレビだって、似たようなものと言えばそうなのだけれど。
何だか抵抗感を感じます。

この引っかかりは、何でしょう?
不愉快さの根元にあるものは何でしょう?

たぶん、頭の中を覗かれている気がするから。
テレビも、新聞もマスに対して情報の提供をしています。

アニメを見るのは、お子様が多い、などある程度のセグメントはされていますが、一方通行です。
こちらが提供した情報に基づいて、レスポンスがある訳ではありません。

が、広告連動型の場合、こちらの意図しない情報提供がなされ勝手にレスポンスとして広告が表示されるもです。
クリックしなければそれまでなのだが、何だか嫌ですね。

Amazonで「明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】明日の広告」の詳細を見る


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/81

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年2月13日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「捨てること」です。

次のブログ記事は「ネットで生活がかわる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング