ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > 機械の国の人々【企業内web担当の心得】

機械の国の人々【企業内web担当の心得】

webのお仕事をしていると、機械の国の人々とお話をする機会があります。
機械の国の言葉と、人間界の言葉とを通訳をする訳です。
webサイト運営を円滑に進めるためには、こうした「通訳する力」は非常に大切です。

機械の国の人々は、電話で話すと声が小さくて、聞き取りづらいです。
一生懸命話しているし、概して真面目な国民性故に突っ込みにくいのです。

電話より、メール好きなのも国民性でもあります。
チャットしているの?と錯覚を起こすくらい、メールのレスが早いです。
それも誠意の表れでしょう。

そして、機械の国の人々とコンタクト(会話)する時には、
伝えようとすることを一点の曇りもなく明確にしなくてはなりません。

彼らの国にはグレーゾーンが存在しません。
存在するのはあいまいさ排除されるまで延々と続く、条件分岐。

また、機械はきちんと指示さえ与えれば、いうことをききます。
(たまに、いうことをきいてくれない機械も存在しますが)

でも、人間界はそうはいきません。
だから、打ち込めば必ず反応してくれる機械の方が、指示をしても「気分次第」の人間より好きだったりします。

こういう機械の国の人々と、「webを使ってもうけまっせ!」という人種の間に入り
コミュニケーションを成立させていくのが「企業内web担当」の大切なお仕事なのです。

あー、もうっ。 

初・中級者のための パソコン・IT・ネット用語辞典 基本+最新キーワード1100
【送料無料】初・中級者のためのパソコン・IT・ネット用語辞典基本+最新キーワード1100


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年4月 4日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食べたものが自分になる【カラダをつくる】」です。

次のブログ記事は「サイトリニューアルの大原則【企業内web担当の心得】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング