ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > サイトリニューアルの大原則【企業内web担当の心得】

サイトリニューアルの大原則【企業内web担当の心得】

派遣先サイトリニューアル案のざっとした見積りが制作会社さんからあがってきました。

見ながらweb担当社員君と打ち合わせ。
「『テーブルが入れ子状態』って?」「『コンタクトタグ』(それは『コメントタグだ』)って?」・・・用語解説になります。
制作会社の営業担当者もどこまでweb業界用語を用いていいのか不明なのだと思います。
業界用語の通訳も私の仕事です。

私が懸念しているのは、web担当社員くんが「サイトリニューアル」=「サイトを軽くすること」と思っていそうなこと。

非常に重たいサイトなのでユーザーが途中で逃げてしまっている可能性大。
だから「軽量化」はリニューアルの重要課題のひとつ。

でも、一番大事なことは「儲かるサイトにすること」でしたよね?
この大原則が共有できていない気がします。
「儲かるサイトにする」でいいのですよね?

「儲かるサイト」にするための手段のひとつが「軽量化」。

上長から「他のサイトと比較してごらん」と言われると、
ライバルサイトをプリントアウトして、蛍光ペンでチェックしている。

その積み重ねた厚さは相当なもの。

「このサイトをどう思うか?を関連会社、部署にきいてごらん」と上長指示がでれば、そのとうりにしている。
努力家で、誠実な人です。でも「サイトをお金にする」という発想がないのです。

その発想はなくてもよいのですが「何のためのリニューアルか?」の軸がなく、仕事が増えていくのです。
いい人なだけに見ていて切ないのです。

ある小規模会社がWebサイト(ホームページ)をリニューアル。東奔西走、大作戦!!
【送料無料】ある小規模会社がWebサイト(ホ-ムペ-ジ)をリニュ-アル。東奔西走、大作戦!!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/126

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年4月 7日 23:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「機械の国の人々【企業内web担当の心得】」です。

次のブログ記事は「数字発掘【企業内web担当の日常業務】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング