ライフデザインTOP > ライフデザイン > 一生、自分の歯で食べるために【カラダをつくる】

一生、自分の歯で食べるために【カラダをつくる】

歯医者さんで「予防医療の大切さ」を説かれました。
80歳になると現状、自分の歯はほとんどの方が残っていないそうです。
顎も骨がとけてしまい、なくなってしまうみたい。

けれども、予防医療に力を入れ、お金と手間をかければ、
一生自分の歯で食べていける可能性が高くなるそうです。
だから、今から定期的に歯医者に通院をして、予防をしていきましょう、という結論でした。

歯科衛生士さんのおっしゃっていることは全くもって正しいです。
が、営業トークが入っているようにも聞こえてしまうのです。

「このあと、歯のお掃除をして、虫歯を治して、親知らずを抜きましょう!」と
当たり前のように言いました(汗)

その手にはのりません。せっかく生えてきた命ですもの
「親知らずは痛くなってから抜きます」と反論して、先延ばしにしました。

商売だけで言っているわけではないが、善意のみで言っている訳でもないのがわかるのです。

歯の中の虫歯菌も顕微鏡で見せてもらった。蠢いていました。うじゃうじゃと。
口の中にあんな生き物が存在するとは。
ちょっとだけ、愛おしい気になった自分は変態でしょうか?

更に、歯と歯茎の間の溝の深さを測ってもらいました。
何でも3mm以上の深さだと、歯周病の危険があるそうです。
97%の割合でクリア。よかった。よかった。

けれども、出血(=汚れがたまっているところ)が29%もあった。
数字に弱いのだよね。
「クリーニングは、2.3回かかりますね。」と言われました。

密度の濃い1時間で、消化不良気味です。

いい機会なので、歯のメンテナンスを徹底しましょう。
30歳を過ぎたら健康でいることにお金と時間とをかけなきゃいけない気がしてきました。

洗脳されたのかしら?

Amazonで「歯と歯ぐきを守る新常識 歯みがきだけで虫歯や歯周病が防げない本当の理由 (サイエンス・アイ新書)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】歯と歯ぐきを守る新常識」の詳細を見る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/154

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年5月 7日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「派遣、打ち切り(嬉々)【企業内web担当の心得】」です。

次のブログ記事は「引き継ぎ【企業内web担当の心得】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング