ライフデザインTOP > ライフデザイン > 歯に茶渋が付着する 【カラダをつくる】

歯に茶渋が付着する 【カラダをつくる】

まだまだ、歯医者通いは続いています。
今回、歯医者通いをはじめたきっかけになった虫歯の治療は終了しました。

けれども、予防医療に力を入れている歯医者さんなので、歯垢をとったあと、時間をおいて歯茎のハレがどうなったのか、再評価をするそうです。
(口の中に黴菌や、歯垢がたまると、歯茎がはれます。)
そのために、歯医者にでむきました。

歯垢を取り除く前より歯茎のハレがひいていたので、よかったです。

歯科衛生士さんに、私のお口の環境について受けたアドバイスは以下のとおり
===============
1.顔の筋肉の力が強いので歯ブラシが奥まで入らないです。
(どうやったら、顔の筋肉なんて鍛えられるのだろう?)
2.歯の裏側に、歯垢がたまりやすいです。
3.茶渋が歯に付着して、茶色っぽくなっています。
4.やはり、親知らずは抜きましょう。→即、却下。
===============
中でも衝撃だったのが3.。歯にも茶渋がつくのです( ̄◇ ̄;)

お茶碗なら、お塩でみがくと茶渋がとれます。
歯も、塩で磨いたら茶渋がとれるのでしょうか??

Amazonで「歯がいい人はボケにくい 角川SSC新書 (角川SSC新書)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】歯がいい人はボケにくい」の詳細を見る



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/191

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2005年6月23日 00:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「言っていることの無茶さをわかって【企業内web担当の心得】」です。

次のブログ記事は「溜め込んできた不要物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング