2006年1月アーカイブ

webに関わる便利屋さんなので、派遣先でメールマガジンの担当もしています。
商品担当者からオススメ商品を推薦してもらって、ライターさんが執筆、飾りつけをします。

私が校正をしたり、リンクチェックをしたり、掲載順位を変更したりします。

そのメールマガジンの開封率が良くないのです。
まず「件名」の見直しをしました。

メールを開封するかどうかは「件名」にかかっています。

で、開封率と「件名」を一覧の表にしてみる。
1.「件名」がキャンペーン情報の時に数字が落ちてる
→キャンペーン情報には興味のないお客さんが多い?商品情報を知りたい?

更に、テスト送信されてきたメルマガをOutlookで探す。
私の愛しいメルマガがたくさんのメールに埋もれています。
どれだか判りません。
これじゃ、気づかれぬ間に削除されてしまいます。

自分が普段、開封しているメルマガくんたちの「件名」を考えてみると...、

2.「件名」の頭が微妙に後退している。ズレている。→目立つ

3.「★」「●」「◇」などで、アイキャッチ、ばっちり。→目立つ

ってなことに気づきました。これだったら、カンタンに改善できるじゃん♪

と、いうことでしばらく、そんな対策してみます

お客さまの9割をリピーターにする33のしくみ
【送料無料選択可!】お客さまの9割をリピーターにする33のしくみ クールなお客さまが「熱烈な...

派遣先ECサイトで、新商品が発売されました。
そういう場合は、私の担当するページにもバナーを張ったて、掲載することになります。

商品担当者、外注先のディレクターさんと打ち合わせをして
「この商品を使って○○をしよう!」と「カッコいい人に買ってもらうためのサイト」にまとまりました。そのはずでした。

が、その後上長権限で「○○のみでなく、汎用のある使用方法を訴求する」ことになりまして。
あれほど盛り上がった打ち合わせはなんだったのでしょう?

制作会社のディレクターさんからのメールも、非常に意気消沈している様子です。
それでも、何とかテンションを保とうとしている努力が伺えます。
商品担当者と再確認して、方向転換決定しました!

テスト環境にあがっているサイトをみながら、制作会社さんに依頼をしなおす。

この時見たのは、グレー×水色、オレンジがきかせ色。だーかーら、私もオレンジをきかせ色に使ったのに。
今日見たら、グレー×水色×紫のサイトになっていました(爆)

きかせ色のオレンジはどこにいったの。
まったくバナーと商品ページがリンクしてないのです

悪気は全くないんだろうけどさ。
効かせ色の変更はしないですよね?と確認をしなかった自分のミスですね。。
痛い思いで。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本

ECサイトの特集ページや、メルマガの進行管理をしていると、
制作会社さんとのやりとりがあります。

商品ページは、商品担当者が制作会社さんとやり取りをしています。
その兼ね合いで「商品ページをつくるのでTOPページにのせて」依頼を受け
(と、いうか決定事項のようによばれる。)打ち合わせに参加→発注→構成案→デザイン案→戻し...→本番化までのメールのやりとりに、はいっていたりします。

その商品担当者さんと、制作会社さんの流れの中で気になるのが、
気に入ったものをあげてくれたときに、その旨を伝えている人が少ない、
ということです。

もしかすると、わたしの気がつかないところで声をかけているのかも知れないのですが。

おそらく「ものをつくる」というのはとてもデリケートなお仕事で、よくも悪くもデザインする人、ディレクションする人がでてしまうと思います。
楽しんでつくってくれたものと、「お仕事×2」と思ってつくったものとでは、やはり差がでます。

制作会社さんのモチベーションをあげることが、良いものをつくってもらうために大事でしょう。
モチベーションをあげてもらうためには、まず、相手のことを認めてあげることが必要で、「君のことを認めてる!」ということを伝えるためには、気に入ったものを「よい」ということが、一番よいように思います。

でも、それをせずに「ここをこうして」「なおして」と言ってる人が多い気がします。
そういう人の気持ちも理解ができるのですが...。
「ここがダメだから、こうして」より「こうすると、もっとよくなる!」のほうが、やる気になってくれる気がします。

「太陽と北風」でいう「太陽作戦」決行中です

「ほめる」技術
【送料無料】コーチングのプロが教える「ほめる」技術


 

派遣先では「webのこと」の誰のものともつかない仕事は、私の派遣先上司にとりあえず言うことになっているみたいです。

「こういうときにはこうする」「これはこう」というマニュアルさえ作成すれば、
ルーティーンにできるような業務内容なのに。

気前のいいというか、おおらかと言うか、天真爛漫と言うか、適当と言うか、
の派遣先上司が「自分(というか、私の?)の仕事」として受け、私にスルーします。

仕事に『ここからここまでは誰の仕事』という明確なラインがないのは判ります。
webのお仕事なんて、新しい仕事が発生し続けるものだから。が

誰のものともわからない仕事が発生して、その時々によく言えば臨機応変、悪いく言えば対処療法で仕事を完結させています。

マニュアルを作成している暇がないのはわかます。
ワークフローを作成しているより、できる人が業務をやってしまった方が良いのも判ります。

それでは、いつか立ち行かなくなります。

...立ち行かなくなったときに、考えてもいいのかしら??

ワークフロー―ビジネスプロセスの変革に向けて
【送料無料】ワークフロー

制作会社さんからあがってくるバナーが誤字脱字がいっぱいです。
もしかすると、自分の原稿が間違っていたのかも?と確認すると、そんなことはありません。

今まで誤字脱字のなかったもののほうが少ないのです。
htmlファイルではなく、バナー。

文言なんて、そんなにないのに。
曜日が間違ってる。
何故、時間の表記が17:00と13時併用?
英語の三単現の「s」がない!

本当にみてるの?校正してるの?

自分のところで確認をして、戻せばよいのですが...

誤字霧中―パソコンで誤字脱字のない文章を書く (SCC books)

大規模な更新のたびにキャッシュに意地悪をされます。

webサーバーのキャッシュを削除する作業を完了しても、ユーザー・訪問者が見ている画面に即、反映される訳ではないのです。
LAN環境(社内のネットワーク)によってはなかなか反映されないのです。

当たり前ですが、目に見えるものを信じる人が多いのです。
本当に大切なものは目にみえないのですが。

で、矛先がキャッシュクリアを依頼する私に向けられる訳です。
ITやweb関連職の人間は「キャッシュなんて、そんなものさ」と呑気なのですが...。

「LANを経由していないADSL回線では正しく表示されています」と言っても、「私を信じて」と情に訴え作戦をしても、目に見えるものしか信じない人は、だんだん殺気だってきます。

アップ作業が終了したので「遅めの昼ご飯にいこう!」なんて思っても、LAN環境で見れるようにならなければ、席を外せない雰囲気です。

があ。あたしは、自分の職務をまっとうしたのだよ。
悪いのはLANなんだよ!しょうがないのでシステム部門の方に電話をして、それらしいコトを言ってもらいました。

彼は、システム部門の古株&重鎮なのだけど、適当な人なので、最もらしいコトを言ってくれます。そこでやっと「しょーがねーべ」となりました。

まだ、信用されていない寂しさを感じました。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本

派遣先の会社が新製品を売り出しました。
大量のファイル、画像が上書きされます。
すぐにwebサイト上に反映されるようにサーバーのキャッシュをクリアします。

当日の朝になって、前日の深夜に制作会社さんから
「このキャッシュをクリアしてください」ファイルが届いていることに気がつきました。

ふーん、と思いつつ、中身を確認しました。
だいぶ、みたつもりがスクロールバーが動きません。
「ん?」
不審に思い、縦スクロールバーを下までたどると...あら、まぁ、30000行以上あるよ
(秀丸使用)3万。3萬。30000って...。どーしよっ!どーしよ

午後イチでアップするのに。システム担当者に電話をしたところ、

「そんなに大量にやったことがない」
「重なっているのをまとめてもらえればURLに変更する作業はします」
(クリアしたいフォルダ、ファイルをURLで指定するシステム)。

ドナドナを歌いながら、30000行と格闘します。
判りづらいのでFTPでフォルダ構成を確認しながら、そして、気がついた。
この一覧「上書きするファイル一覧」ではなく「新製品の属するカテゴリーの一覧」です。

当然のように、今回上書きされないファイルも、大量に含まれてます。

また、一階層目、二階層目、三階層目で重複表記されているのもあります。
おいっ!何が「キャッシュクリア指定」なんだよ。

私の午前中のお仕事:このファイルから本当に今回上書きされているファイルを探し出すことで終了しました。
いや、昼休み返上でやりました。

時間とともに、学生時代のレポートでいうと「A罫で書いていたのがやがてB罫になり
一行飛ばしで書く」ような仕事っぷりに。

...間に合ってよかった。とにかく

人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
【送料無料】人生と仕事の段取り術

31歳の冬。「毎年集まろうね」という高校時代の麗しき約束が危機に立っています。

もともとは女子バスケットボール部のメンバーで開催していた忘年会です。
ここ2年は男子と合同になっております。
足せば30人近くいるはずなのに参加者は6人のみ。
うち、独身5人(ひとりは夏に結婚予定)。

独身率が男子:60%、女子40%くらいなのだが。
世間の未婚率よりよっぽど高いのです。
しょうがないので後輩くんもよびだし。

女子だと(「子」って年でもないが)結婚して旦那の実家におこちゃまを見せにいったり、はたまた妊娠中で禁酒中だったり、子供の手が離せなかったりで、出席できないのです。

「飲み会、2年くらいいってないんだよね」なんてメールがきて届いていました。
あとは、消息不明だったり、忙しかったり。 

30代って、そういった過去の友達から離れて(思い出しもせず)、現実を生きる年代なのかしら?
また、いつか集まる日がくるのかしら?

Amazonで「30歳からの人生リセット術 (創元社ビジネス)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】30歳からの人生リセット術」の詳細を見る


企業内web担当の派遣社員として色んな会社に勤務すると、一般企業のIT要員の方をやり取りをする機会が多いです。

ある企業では、昨日まで営業やってたり、苦情処理をやっていたりする人が『社内異動』でIT要員になっていたりします。
さすがに、危機感を覚えたのか、最近になって「IT採用」を始めたみたいです。

ただ「IT採用」と「社内異動組」との間に深くて長い溝があるようで。

IT採用くんが先輩である社内異動組にシステムの質問をしても
「がんばれ」「お前も大変だな」という返答しかないのです。

そこには、悪い人ではないけど、あてにはならん。「きいても無駄」という空気が流れてました。
それで実働部隊が現状を鑑み、仕事を回しているのです。

web運営上で必要なシステムの手続きを問い合わせると「TO役職者、CC実働部隊で、仕事依頼メールください」って、よく言われます(汗)。

webの仕事は、そうやって役職者をたてつつ、進行をしていく場合も多いです。

[図解満載] Web技術の重要用語解説
【送料無料】図解満載Web技術の重要用語解説

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2006年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング