ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > いいところを伝える【企業内web担当の日常業務】

いいところを伝える【企業内web担当の日常業務】

ECサイトの特集ページや、メルマガの進行管理をしていると、
制作会社さんとのやりとりがあります。

商品ページは、商品担当者が制作会社さんとやり取りをしています。
その兼ね合いで「商品ページをつくるのでTOPページにのせて」依頼を受け
(と、いうか決定事項のようによばれる。)打ち合わせに参加→発注→構成案→デザイン案→戻し...→本番化までのメールのやりとりに、はいっていたりします。

その商品担当者さんと、制作会社さんの流れの中で気になるのが、
気に入ったものをあげてくれたときに、その旨を伝えている人が少ない、
ということです。

もしかすると、わたしの気がつかないところで声をかけているのかも知れないのですが。

おそらく「ものをつくる」というのはとてもデリケートなお仕事で、よくも悪くもデザインする人、ディレクションする人がでてしまうと思います。
楽しんでつくってくれたものと、「お仕事×2」と思ってつくったものとでは、やはり差がでます。

制作会社さんのモチベーションをあげることが、良いものをつくってもらうために大事でしょう。
モチベーションをあげてもらうためには、まず、相手のことを認めてあげることが必要で、「君のことを認めてる!」ということを伝えるためには、気に入ったものを「よい」ということが、一番よいように思います。

でも、それをせずに「ここをこうして」「なおして」と言ってる人が多い気がします。
そういう人の気持ちも理解ができるのですが...。
「ここがダメだから、こうして」より「こうすると、もっとよくなる!」のほうが、やる気になってくれる気がします。

「太陽と北風」でいう「太陽作戦」決行中です

「ほめる」技術
【送料無料】コーチングのプロが教える「ほめる」技術


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/345

コメント(2)

はじめまして。
ほんとにそうですね。ほめることはとても大事なことだと思います。
特にクリエイティブな仕事をしてる人に対しては。
自分たちは客だからという観点で文句ばかりを言うより、自分たちのショップをよくするために作り手にいい仕事をしてもらえるようプロモートした方が結果的に得ですもんね。

chacolateさん、はじめまして。
そうなんですよ。人間って感情で動くので、感情を損ねていいことって、ないんですよ。いかに、クリエイティブワークをする人が、気持ちよく仕事できる環境をととえてあげれるか、がクライアント側のディレクションをする人間の仕事の気がしてます。

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2006年1月21日 17:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワークフローの整理がいるかも... 【企業内web担当の心得】」です。

次のブログ記事は「痛い思いで 【企業内web担当の心得】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング