2006年3月アーカイブ

派遣先には「係」なるものが存在します。
小学校や、中学校時代にあった「保健係(気持ち悪くなった人を保健室に連れて行く人)」「図書係(図書室の本の整理をする人)」と同じようなものです。その社会人版です。

例えば「消防係(消防訓練の時に、消火器の実演をしたりする人)」「パソコン管理係(ウィルスが発生した時に、パッチをあての指示をする人)」「個人情報管理係(個人情報を使用した後に、データを削除したか、チェックする人)」「宴会係(歓送迎会の企画&幹事)」など、どうでもいいような係から、仕事に必要な係まで、いくつかの係が存在します。

さて、4月からの派遣先の組織を見ると、正社員はマネジメントをする人、ひとり。中堅正社員ふたり。正社員、以上。

それ以外は私を含め、派遣さんや、常駐さんになります。
社員率が大変低い部隊になるようで...。
なので正社員の方がいくつかの係を兼任されるようです。
ええ、そんな係、派遣さんや、常駐さんの契約にないので。\(_|_)\

「エレベーターに閉じ込められる係兼宴会の幹事」なんてのもあり得ます!


労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応
【送料無料】労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応

派遣先で新年度に向けて「仕事の譲り合い」が水面下で始まっています。

今まで私の直属だった方は、出世をして新設されるポストに就きます。
webに関わる業務の全てを綺麗さっぱり置きさっていこうとしています。

彼女のやっていたこと、やっていなかったのですが「やるべきこと」を
「既成事実」として後任者に引き継ぎ中です。

その後任者が次の私の上司になるのです。
今まで自分のことのみで忙しかったので、周りが何をしていたのか把握していないみたいです。
いいように、飛び立っていく元上司に仕事を譲られています。

「黙ってたら、たいそうな仕事量になりますよ」と突っ込みをいれたら
「しょうがないよ。今まで部でやっていたことを課でやるんだもん。忙しい課だよ」と
あきらめがはいっているみたいでした。

これから半年の残業時間がかかっているのに。

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~

新卒入社した会社で『社会人としての正しい体調の崩し方』を教わりました。
「社会人として正しい体調の崩し方は、週末に体調を崩すことである!」
要するに、ONの日に休むな、自己管理せい、ということでしょう。

学生から社会人になったばかりに言われたので「社会人って、きびしいのね」と思ったコトを覚えています。

実際、風邪ひいて会社を休む人がいても、心配はしつつも「自己管理がなってない」と見られるような会社でした。
そんな20代を過ごしたので『正しい体調の崩し方』が身に染み付いたようです。

ただ、こういった「体調の崩し方」のほうが珍しいみたいです/

先日「木曜中にはデザイン案だします!」宣言をしてもらった案件があったのですが、木曜の夕方になっても音沙汰がありません。

「木曜中」とは言っていたとはいえ、念のために電話をしてみたところ
「○○は本日、お休みをいただいております。」だってさ(苦笑)。

「◇◇さん(制作会社側の責任者)に『▲▲の件、本日中にデザイン案が上がってくるということだったのですが、○○さんが休みとのこと。どうなってますかねぇ』と心配していたと伝えといてください」と伝えました。

しばらくして制作会社NO.2くんより電話がありました。
「デザイナーに確認したら『○○から何もきいてない』ってコトなんですよね。
明日、○○が出社したら、すぐ指示をださせ、対処するよう工程は確保しました。」
「それで、間に合うんですか?NO.2さん、何とかしてくださいよぉ」
「無理です」以上でした。

心配なので「明日の17:00までに納品できるようにスケジュール組んでね。
もし、明日○○さんがお休みするようなら、責任者くんと、NO.2くんでフォローとケアをお願いします!」メールをccに派遣先のえらい人をいっぱいいれて送信しました。

さて、金曜日。11:30になっても連絡がありません。

心配なので制作会社さんに電話をいれたところ「○○はまだ出社してません。」とのことでした。

「○○さんが出社したら、連絡いだけるようにお伝え下さい」
そしたらさ、連絡がきたのが12:30過ぎ。

結局納品は19:00過ぎでした。
18:00配信予定のメールマガジンに掲載予定のデザインだったので、
配信を担当する部署に謝りました。

この方が「正しい体調の崩し方」をしていないせいで、
どれだけの人間に迷惑をかけているのか認識して欲しいものです。

▼わたしが思う彼、および、制作会社さんのなってない点をあげると...
1.出社して当然の日に体調を崩す自己管理のなってなさ

2.休むにあたって、仕事の進捗、今日中にやらなくてはならないことを会社に連絡していない点(事故にあって、意識不明でした!というならしょうがないのでしょうが、そうではなさそうです)

3.こちらから問い合わせて、やっと、休んだ部下の抱えている仕事の進捗を連絡してくる上司
(個人に発注してするのではなく、会社に発注する利点は組織のフォローがあることだと思います)

ふだん、仕事上の無茶を言っているので、しょうがない点もあるのでしょうが...
こういうことがあると、一緒にやっていこう!という気がなくなっていくのです。。。

1分間自己管理
【送料無料】1分間自己管理

 IT部門の担当者から「IDが○○さんが14:30に▲▲/××のフォルダを本番化しようとしてエラーでてます。ご確認ください」とメールで連絡が入りました。

「▲▲」を管理している部署に連絡にいったら「本番化の指示だしてない」とのことでした。
○○は制作会社の方のIDです。
制作会社さんは、依頼がないと本番化はしないようにしているはずです。

あまり大事にしたくないのだけど、しょうがないです。
制作会社さんに「こんなエラーがでてます。▲▲を管理している部署では、本番化の指示だしてないようです。ご確認下さい」と、CCにIT部門担当者をいれてメールをうちました。

▼その後のやりとりは...
制作会社さん:「○○はうちのもののIDです。でも14:30に本番化したのは◇◇であって、▲▲/××は指示がないので本番化してません。どうしてそのようなエラーがでたのか、こちらとしても知りたいです」

IT部門担当者:「確かに、○○さんが◇◇をその時間に本番化しています。でも▲▲/××も本番化を試みて失敗してます。よろしくお願いします」

制作会社さん:「でも、本人は『知らない』と言っている。どうして、そのようなエラー表示がでたのか教えてください」

IT部門担当者:「記録にあるんです『サーバーのログのコピペ』それでも『やってない!』とおっしゃるなら、どなたが『○○』さんのIDを使って、▲▲/××を本番化したんでしょう」

制作会社さん:「...お騒がせしてすいません。。本人の記憶が定かではないのですが...◇◇を本番化して『EXIT』するつもりが、何故か『control+c』を押してしまって...。お騒がせしました!」

だそうです。
○○さんがやらかして、言い出せなくなっていた模様です。

ちょっとしたことが、大きいことにつながるので、白黒つけておきたいのはわかるのですが、
何もそこまで追求しなくても、と思ってしまうのですが。。。

自分たちが何かやらかした時には「システムエラー」で誤摩化すクセに(明らかにヒューマンエラーの時でも)、他人には厳しいんだよね。。。

新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本 (ばっちりわかる)
【送料無料】新米IT担当者のためのWebサイトしくみ・構築・運営がしっかりわかる本


週明けから、トラブルが発生しました。

各部署から「見積りとれないのですが...」「真っ白な画面、あがってます」「本番環境にアップできません」など、朝っぱらから、いやな連絡がはいりまくります。
できる部分は対処してIT部門にも報告をいれました。

そうしたら
「土曜日からサーバーの容量が100%を超えています。
そのため、新たなファイルが組成できなかったり、アップができなかったりします。
まず、不要なファイルを削除してください。早急に」とのことでした。

おいっ。そりゃ、コンテンツ削除令がでてから、3ヶ月近く放置していた私も悪いさ。

でも、不具合が発生して、こちらからの問合わせで
「容量100%OVER」の連絡はないんじゃないの?

土曜から誰も気づかなかったの?

一応、お金払って「サーバー管理」をお願いしている訳でしょ。
こういう事態が発生しないように「管理」をお願いしている訳なのよ。

で、そりゃないんじゃない?

疑問に思ったので、管理状況をきいたら
「今度、サーバーの容量を管理するシステムをつくる予定だった」
「土日はお休みです」という回答がかえってきました(苦笑)

何だかもうっ、という気分になりました

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本

例えば、インターネットで調べモノをします。
その行為が成立するためには、ページのデザインを決める人がいて、コーダーさんがいて、プログラマーさんがいて、サーバーを構築、管理する人がいて、回線の工事をする人いて、はたまたPCをつくるメーカーさんがいたりする。
それぞれがどんな仕事をしているのか、正確に把握している人はたぶんいないでしょう。

「調べもの」ひとつに、これだけの人手がかかっています。
世の中は、複雑な仕組みの上に成り立っている。

私がお子様だった頃、インターネットは存在しませんでした。
調べものは辞書をひくか、人にきくしかありませんでした。

「辞書」は自分ではつくれないまでも、なんとなく「こうやってつくった」というのが想像できるものでした。

世の中は自分の理解(想像)できる範囲で構築されていたように思います。
 
でも、世の中が複雑になり、そうはいかなくなってきているのではないでしょうか。
ケータイのかけ方、お薬の効き目だとか「理解してないけど、こなせている」コトがいっぱいあります。
自分が理解していないことに、生活を支えられてる。その事実が怖い。

Amazonで「お客に言えないウラ事情―そんな秘密があったのか!」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】お客に言えないウラ事情」の詳細を見る


派遣先でECサイトのTOPページのリニューアルの話がでています。
商品担当者は、少しでも自分の担当をしている商品の露出を増やしたいに決まっています。
「組織」「地雷の在処」のわかっていない私が進めるには、危険過ぎます。
でも、事情のわかっている人間(=私の上長)がすすめるのは、もっと怖いのでしょうね。。。

例えば、数字をみて「このボタンいりません」としても、該当部署の人間にとっては、すごく大切な導線だったりします。
会社の利益構造、人間関係をきっちり把握して、高度な政治的な判断が要求されます。

上長くんは、4月からの新体制でwebのラインからはずれるために向き合う気はなさそうです。
「4月から新体制になるし、今からリニューアルしても...」って、何だか嬉しそうです。

「あたしがきた時に、もうこうなってたよ!」
「もう関係ないもーん♪」って、声と顔が言っております。気のせいかもしれませんが。

WEBで全体をまとめる仕事って、誰もやりたがらないのよね。。。

ホームページをリニューアルしたいと思ったとき読む本


派遣先で長年メルマガの執筆をされていたライターさんが、仕事を離れることになりました。
雑誌でレギュラーのお仕事が決まったみたいです。
そりゃ、名前のでない商品、コンテンツの紹介より、自分の名前で書けるお仕事の方が魅力的だよね
彼女にとっての出世だし、チャンスだし、良かった×2。

でもさ、私は「次の人」のことを考えなければならないので、
気になっていたことをきいてみました。

「この会社の『表記マニュアル』みたいのって、もってる?
例えば商品名には『』をつける、だとか...」
「私も、同じこときいたことあります。そしたら『ない』って言われたんです。
なのでつくってます。」

なんて、いい人だぁ~!たぶん、彼女がこの仕事についた時、困ったんだと思うよ。

例えば、知らないことなのに「これ違ってる」と言われて「すみません」と言う理不尽さだとか事前に言えよ、って気持ちだとか。
新しくくる方がそんな思いをしなくて済む様に、きちんとしてくれたんだと思います。

「原稿作成」をする業務委託契約なのに。
世の中にでていく人はきちんとしています。

本来なら派遣先の会社で制作して「これを元に原稿にしてね」というべきものです。
それを外部の人間につくらせてしまう派遣先はいったい。

日本語表記ルールブック
【送料無料】日本語表記ルールブック

♪春はお別れの季節です。みんな旅だって、いくんです♪
(おニャン子クラブ「じゃあね」)

ということで、2、3月末で派遣先を「卒業」していく方が多い。

 「立場上決断を下さなければならず『エイヤッ』と勢いで決断を続けてきた人」が、辞めてしまうのです。
不整脈がでたり、不自然にデブったり、カラダが「GIVE!」って叫んでいたもの。
その人のところにいっていた「webのご質問」が全部、私のところにきそうでちょっと怖いです。

その質問をキチンと返さないくも、彼のキャラならみんな納得してくれていました。
返しきれない部分が彼の中にネガティブな要素として蓄積されて、それが体調不良を導きだしていたような気もします。

彼からお仕事を引き継ぐのだが...、彼にしてみたら、一生懸命,会社のために尽くしてきたんだと思います。
でもさ、「結局、何もないのね?」と思うことがあります。

業者さんとの契約でも「そこは詰めてほしかった」と、思うこともあります。
そんな人からお仕事、それもかなり重い仕事を引き継ぐのが怖いです。

拒否権があれば、拒否したい。
でも、周りの人間を困らすことはしたくない。板挟みで、困っています。

Amazonで「人間関係にうんざりしたときに読む本」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】人間関係にうんざりしたときに読む本」の詳細を見る


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング