2006年5月アーカイブ

新商品の発売→数字のまとめ→キャンペーン開始と、ゴールデンウィーク開けから怒濤のような3週間が終了しました。
DEAD LINEの決まっている仕事なので、お尻をズラすことが不可能なのです。

4月になってから、新商品の発売、引き継ぎをしていないらしい上司のフォローなどで、なんだかんだと忙しく、4月の残業時間は90Hを超えていました
5月になっても終電間近まで働くことが多かったです

「キャンペーン始まったよ」メルマガを配信して、一息をついて、夜食のパンをぱくつきながら、
次のメインテーマ「リアル店舗のwebサイトリニューアル」について、関連部署にお伺いをたてるメールをうっていたところ、かゆみが襲ってきました。

腕をみると、赤くなってます。蚊に刺されたみたいに、ぷっくり腫れています。かゆい!
さては、じんましん。

お腹や、背中にもかゆみを感じたので、トイレにいって、確認すると...
背骨から、右の腰骨にかけてナメクジ状のはれがありました。
お腹も左側がブラからおへそにかけて赤くなっています。

連日の長時間労働に耐えていました
(要領のよろしくない自分が悪いのですが)

キャンペーンがはじまったコトで一息。気が抜けましたた。

カラダの抵抗力、自浄作用が一気に低下

じんましん発生
となったのでしょう。

カラダが「働きたくない。嫌だよ。帰ろうよ」と悲鳴をあげてます
トイレから席に戻るまでに、鳥肌もたってきました。

うわー、そんなに、働きたくないのね。カラダって、正直ね。

会社の人に「じんましん」をアピールしてから帰ろうとしたら、どなたも席にいらっしゃいません。

仕方ないのでさっさと帰宅。最寄り駅に着く頃には治ってました
カラダのサインをよーくきいて、健康には気をつけなければ。

体の危険サインの見つけ方
【送料無料】体の危険サインの見つけ方

派遣先には「カード会社」のサーバーメンテナンス情報が入ってきます。
例えば「■■会社のサーバーメンテナンスが×月▲日に実施されるので、その間、○○カードを用いてのショッピングはご利用いただけません。ご了承下さい。」というようなことだ。

 でね。カード会社のシステム担当者からくる文面が「システム用語」で記述されているため、
非常にわかりづらい。

この前は、こんな文面で頭がウニになった。
「認証システムのメンテンス。メンテナンス中は簡易認証システムに移行するため『カード番号』『有効期限』etcを入力された際に、9(エラー)をかえします」
だってさ。
私の許容範囲を超えています。
そもそも、 ECサイトのどこのページに関係するのでしょうか?

派遣先のカード会社担当者にまず、きいたら「判らないですね。きいてみます」とのことでした。
派遣先のシステム担当者やら、カード会社の担当者やらに電話をしていただき、
システム用語をわかりやすい日本語の翻訳してくれるシステム担当者を巻き込んでようやく判明しました。

「カードで決済をする時『このカードでの支払いを認めてよいです。』という判断をカード会社のシステムがしています。
その方法が『カード番号』×『有効期限』×etcの全てが一致すると、本人が買い物をしている、あるいはブラック登録されていない、として審査を通します。

ところが、システムメンテナンス中は、簡易システムに遷移するため、どんなものを入力しても、カード会社のシステムは『9(エラー)』をかえします。
もっと言えば、何を入力いただいても『エラー』→『認証をとおす』をいうことになります。
めったにないことですが、例えば誰かがカードを取得してこのメンテナンス中に適当に入力しても、通ります。
だから、(ふつうに買物を使用としている)お客様には影響はありません」とのことでした。

逆に言うと、悪意をもって、人様のカードを何らかの方法で手にいれて
支払いをカードでしようと思えば、一定の時間はできてしまう訳です。

「...わからないからそのまま掲載してしまえ!」としなくてよかったです。。。

この説明メールを書いていただいた派遣先のカード会社担当者が
「主に『文系の方』にもわかるように...」と書いていらっしゃいました。

確かに、これだけのことを説明するのは、大変だと思います。

一般的にいって、システム担当者には喋るのが上手でない人が多いようにも思います。

プログラマーさんならそれでよくても、企業のシステム担当として働く以上、
『システム用語を理解してもらう能力』も重要スキルのうちのひとつなのではないでしょうか。

システム側で歩み寄ってくれる人って、少ない気がします。

だから『システム用語を文系の人に理解してもらう能力』をもった数すくない人間に問い合わせが集中してしまい、『システム用語を文系の人に理解してもらう能力』をもった人間がパンクしてしまったりするのをみてきました。

派遣先で唯一、そんなスキルをもった彼が、火をふかないことを祈ってます。

わたしが、通訳能力をあげればいいのでしょうが。


[改訂3版] 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説


 

web担当派遣として一般企業で働くと、各社共通のweb分野の弱点らしきものが見えてきます。

それは「権限をつ人間がwebの把握をしていないが故に決断がしづらい」ということです。

 例えば、クリックカウントを取るためのデータがサーバ上に蓄積されています。
何年分だか、どう言う法則性で記録が残っているのか、きいても上直くんは理解してません

そんなところに蓄積されていることすら、知りません。
で、蓄積されたデータにより、サーバが重くなり、データのよびだしに時間がかかっている=仕事の効率が低下している、といことに気がつきません。

そういったコトを、システム担当者やら、私のようなweb担当者が気づきます。

末端のシステム担当者くん、web担当者さんは
「社員にはわからん領域だから、外から人をつれてきちゃえ!」という発想で、
派遣先によって採用された派遣さんだったり、常駐さんだったりします。

こういったデータは利用の仕方にとっては会社のお宝です。
サ-バの負荷を承知で保存しておくか、不要物として削除するかの決断は、外部の人間なんかにできません。

なので、社員のしかも役職者に決断を仰ぐのですが、決断できません。しません。
保存することによってのメリット、デメリット、削除することによるメリット、デメリットが理解しづらいようです。

わたしの伝える力がなっていない点も、多いにあるでしょうが。。。

確かに40過ぎて新しいことを身につけなきゃいけないのは大変だと思います。
自分で決断できないのなら、せめてその上に話をもていけばいいのですが、
上に説明でするのがおっくうなのか、自分のところで握りつぶします。

そんなところに、ネット単体の企業がネットで伸びて、
一般企業が後塵をきしている要因がある気がします。

ビジネスパーソンのための次世代Web戦略
【送料無料選択可!】ビジネスパーソンのための次世代Web戦略 (単行本・ムック) / 飯山 奈穂 著


4月からきた業務委託のライターさんによい仕事をしてもらうために、苦戦をしています。

彼に与えられた任務は「メールマガジンの完成原稿を決められた期日までに納品すること」です。
なれていないせいもあるのでしょうが、あがってくる原稿は完成原稿には、ほど遠いのです。
「質」でいうと、趣味の問題になってしまう可能性があります。
客観的には判断できない部分もあります。

なので、客観的に判断できる部分で「完成原稿を納品するために必要で、
かつ、彼がしていないことを」を列挙すると...

1.私と上長君が赤をいれた部分を修正していない。
2.商品担当者に対する確認モレがある。

1.に関しては
一度私と上長君で赤をいれたものを、修正するようお願いをした。

「修正しました」とライターくんが言ってきたので(今までのいきさつもあり)念のために私が確認。

「なおってません」という部分があまりに多かったので突っ返しました。
(彼はPCの電源を切って帰ろうとしていたよ。)

その後「再度修正しました」といってきたのを時間がなくみれなかったので、
後で見てみたらなおってないのです。

やりたくないですが、なおっていない部分に蛍光ペンチェックをいれました。
(→次に彼が出社した時に、つきつけます。こんな小姑みたいなこと、やりたくないのですが)

2.に関しては、原稿が掲載されたか心配した商品担当者からの問い合わせで発覚しました。

私は、ライターさんにきたメールをいちいちチェックして(念のためにCCには入ってますが)、
返信したかどうかもみなくてはいけないのでしょうか?

何だか前途多難です。

文章の書き方 (岩波新書)
【送料無料】文章の書き方


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング