2006年7月アーカイブ

サイト内検索でぶっちりでNO1の検索数を誇る商品があります。

世間的には「派遣先のECサイトで扱っていて当然」とみなされるようなのだが、厳密に言うと、派遣先のグループ会社の商品であるがゆえ、派遣先のECサイトで扱っていないのです。
社内事情としてはそうなのだけど、ユーザーにとっては「?」なことと推測されます。

そんな数字をもとに検索結果画面に「アフィリエイト」で関連会社のその商品情報のページに誘導しよう!作戦を展開。
あと一歩のところまで、いって横やりがはいりました。

他部署の担当者レベルから「うちで扱っていない商品に誘導するのは、何故?」だってさ。
グループ全体の利益と、ユーザーの利便性も考慮してほしいのですが...

サイト内検索のページオーナーは、私の上長くんです。
担当者レベルでラチがあかないので「担当者さんがこんなこと、言っています。ここは(担当者間の調整でなく)上長権限でびっしと言ってやってください」と申したところ
「別に他部署の言うこと、きかなくてもいいんだよ」だってさ。

上長くんがひと言「こうするのだ」って言えば、話がつくのに。
何故、そのひと言が言えないの?決断ができないの?
結局「保留」になってしまいました。

先日、元上司君から「あの件って、どうなってるんだっけ?」ときかれたので、切々と状況報告を訴えました。
そしたら「そんなことをしている間にユーザーは逃げている。間に入ってくれとは言わない。喧嘩する準備はできている。俺をCCにいれて『私困っています、潰されている感(別に私は困ってないけど。)』をだして宣言しろ!」とのこと。...アンタ男だよ。今の上長君になくて、元上司にあるのはこの侠気。
役職者権限はこうやって使うものだ!

強行に反対していた担当者くんも「そのようにしてください」だってさ。
サラリーマンなのだから上から言われれば、納得しないまでも「しょーがねぇーべぇー」って思うさ。

そういう決断ができる役職者が、少ないので、ものごとが進むのに時間がかかる気がします。

決断力 (角川oneテーマ21)
【送料無料】決断力

TOPページに掲載するバナーが、制作会社さんからあがってきました。
「連載もののコンテンツのバナー」なので、その回のタイトルと、画像を変更するのみ、のハズでした。
念のため「商品担当者さんにも見てもらいましょう」とメールをうったところ
「今回のコンテンツは、少しアダルトな雰囲気でつくっているんで、アダルトになるように黒い線を入れるなどしてください」というメールがきました。

...c(゚^ ゚ ;)このバナーをつくってくれているデザイナーさんは、デザインのできる人。
然るべき場所に、然るべき要素がはいっているので、本音を言うといじりたくありません。

商品のことを一番わかっている商品担当者さんの意見を取り入れねば、とは思うのですが、無理なものは無理です。
どうやってその認識をさせようかしら?遠い目┐(-。ー;)┌しばらく放置して現実逃避。

気を取り直し、隣の席のインハウスデザイナーくんに相談します。
(彼がこのバナーを作成したのではないのですが。。。)

「コンテンツがアダルトになるから『アダルトな雰囲気にして』って、言ってきてるのだけど、どう思う?」
しばし、ふたりでフォトショでいじってみます。

「枠を黒くしたら?」→「商品くんの葬式になります」→「ここを黒くしたら?」→「コンテンツとあいません」→「グラデーションをかけたら?」→「文字がみえません。」→「その指令、受けなきゃいけないんですか?」→「ううん。無理なことを『無理』ってことを担当者に理解をしてほしいだけ」。

ということで、捨て案持参で商品担当者君に相談にいきます。

「いろいろやってみたんだけど、綺麗にできないんです。」
商品担当者「...あ、ありがとう。いや、言ってみただけだから...。」だってさ。

いい人なのです。全く、悪気はありません。

でもさ、その何気ないひと言で、デザイナーさんをどれだけ苦しめるか?
手間をとらせるのか?

制作会社さんもたいへんですね。。。
人のふりして、我がふりなおしましょう。

怒濤のような日常に流されそうですが、踏みとどまるために、自分の将来に対する展望、見解をたまに考えます。

35歳までは、派遣社員として働いて、派遣先の会社のサイト運営の方法を盗ませてもらいます。
もちろん、「wiin-win」の関係を築いた上でですが...。

あえて一般企業のweb担当さんをしているのは、そういう理由です。
今いる場所は、かなり負荷がある気がするのですが、自分で期間を決めているし、残業代で割り切っている部分もあるので、よし、としてます。

そもそも、web業界に転職したのは「e-ラーニング」に興味があったからです。
漠然と「なりたい自分を応援する」コンテンツ、あるいはアフィリエイターとして、35歳までに起業を(そんなたいそうなものでなく、SOHOで)するつもりでした。

バカなことをいっているように聞こえるかもしれないのですが、晴れた日には、バイクで走りにいって、雨が降ったら、お仕事というのが理想です。
ひとり食べていける収入があればよいのです。

ここにきて考えが微妙に変わってきています。
「組織」でできるコトって、大きいなぁ、と。

自分のひとり力でできるコトなんて、タカがしれているけれど、「会社」という組織を使うと、結構いろんなコトができます。
35歳くらいまなら、求人もあります。

なので、派遣先でさまざまな経験を積んで教育関連の会社にweb担当の社員として転職してもいいかしら? 

どちらにしても、後2年半、派遣社員としてモラトリアムを満喫していきます

Amazonで「天職力と転職力 (角川SSC新書)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】天職力と転職力」の詳細を見る


派遣先では、商品を購入していただいた方のための「お得意様向けサイト(マイページ)」があります。
そこでは「本日のニュース」「売れ筋の本ランキング」「おススメテレビ番組」などが表示されます。コンテンツ配信会社さんと契約を結び、自動的に読み込みをしています。
機械が自動的に配信するので「まずいのでは?」というものも表示されてしまう訳です。

例えば...
1.売れている本で「叶姉妹の写真集」が画像つき(・・;)で表示されそうになりました。
(ギリギリでランキングに入らずにセーフ!色っぽい表紙なので)

2.おイタをやらかしたグループ会社のニュースが一番目立つ位置に表示されています。(^▽^;)

担当者、苦笑いするしかありません。。。
一部、手動でメンテナンスできるようになると嬉しいのですが。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング