ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > ナナロク世代企業と大企業の違い【企業内web担当は見た】

ナナロク世代企業と大企業の違い【企業内web担当は見た】

ナナロク世代webサイト運営と、大企業のwebサイト運営とは、決定的な違いがある気がします。
それは、webに関するリテラシイーや、慣れの違いだ。

ナナロク世代の方は、生まれ育つ中で自然にPCの使い方や、WEBについての知識を徐々に身につけてきています。
だから「PCの使い方」「WEB用語」をきいても「あ、あれねぇ。」とすぐ判ります。
だから「どうやって、利潤を追求するか?」から始められます。
自分たちのやっていることが判るから、決断が早いし、モノゴトがさくさく進んでいくのでしょう。

一方、大きな会社のWEB部門だと、そういうことはありえません。
経験上、大企業のWEB担当者って「広報・広告関連の人(デザイン要員)+システム部門の若者たち」の寄せ集めが多いのです。

で、管理職には、WEB実績をあげた人ではなく(そんな人が社内に存在しない。)他の部門でがんばった人が「新しい分野にチャレンジを」と、任命されているみたいです。

「なったからには、がんばろう!」というところからはじまる訳です。

WEBに関する知識が前提で、「どうやってもうけるか?」から始めるナナロク世代と
「WEBは詳しくないけど、担当になったからにはがんばろう!(WEBの勉強するんだもん!)」という人とでは、差がでて当然な気がします。

ネオ・デジタルネイティブの誕生―日本独自の進化を遂げるネット世代
【送料無料】ネオ・デジタルネイティブの誕生

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/425

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2006年9月18日 00:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理解していないことに責任を負う悲劇【企業内web担当は見た】」です。

次のブログ記事は「システム担当者の苦悩【企業内web担当の日常業務】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング