2007年1月アーカイブ

1/22(月)~1/26(金)の動きをまとめると...

・本命A社(リクナビ経由):2次面接→結果待ち(最終は3次面接)
・第2志望B社(I社経由):1次面接通過→2次面接の日程調整中
・C社(I社経由):一次面接延期→再調整をしえもらう
・R社、I社ともに、新案件を各1社ずついただく→希望に合わないので、応募せず。
********************
【2次面接結果待ち】A社
【1次面接通過。2次の日程調整待ち】B社
【書類選考通過】C社
【書類選考待ち】3社
********************
こんなところです。
A社の結果が早くでてほしい今日この頃です。

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!
【送料無料】面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと

火曜日に、今のところ第一希望のA社の面接(1.23にブログに書いた会社。自力申込)、水曜日にB社の一次面接(1.24にブロブに書いた会社。I社経由で申込)に面接にいってきました。

本当は金曜にC社の面接があったのですが、前もって「すみません。金曜日は仕事が入って無理です」連絡をいれて延期(中止?)を依頼しました。
さすがに3面接/Wはつらいです。

金曜に、B社から「2次面接にきてください」連絡をいただきました。
同時に「都合のいい日時を教えてちょ」とも

でもね、肝心のA社から連絡がないのだよね。
気になって、派遣先で仕事中にYAHOOにて私用のメールチェックしてます。
(イケナイコトなのは、わかっている)

B社は、良い人が多そうなので、必要以上に先方様に時間と手間をかけさせたくのです。
可能であるなら、A社の結果がでてからの調整にしたいのです。
待つだけしかできないのが、もどかしい。。。

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!
【送料無料】面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと

派遣先は「遅れます」メールを送信すれば、うるさいことを言わない会社。ただ今、派遣先、閑散期。重役出勤を決め込みつつ、2連ちゃんの面接に出向く。
「web職」かつ「教育だとか人材関連」が、今回のキーワード。面接で話していて思うのが、社会に対しての問題意識が一緒。仕事をすることで、実現したいことを共有できる。私は住むべき世界は、この世界なんだとつくづく思う。成し遂げたい理想、利益を上げなきゃいけない世知辛さ、でもとりあえず前向き!という姿勢が好きだ。
こういう「問題意識の共有」「仕事をすることによって、どういう世の中にしていきたいか?」を共有できることが、幸せな職業人生にとって大切だ。

今のところ第一希望の会社の2次面接がありました。
スーツを着て、面接会場にでむきました。

面接自体は、面接官の方(職場長)のお話をきいて終わった感じでした。

片手に夢、もうひとつの手に電卓を握りしめていそうな感じの方でした。

「webは目的を叶えるための手段」と、とらえている点が私と同じ発想です。
根底にあるものが同じということは、ものすごく大事。通っているといいなぁ。

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!
【送料無料】面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと

さて、転職活動の状況です。

先週、動きがあったのは...
・R社経由で応募していた1社→書類選考「残念でした」
・I社経由で書類選考を通過した1社→「採用計画の変更のため、選考中止」
・R社経由で、さらに1社応募

まとめると...
************************
【1次面接通過】1社(リクナビ経由で応募。火曜日に2次面接。##ちなみに3次が最終##)
【書類選考通過】2社(1社水曜に1次面接。もう1社は日程調整中。2社ともI社経由で応募。)
【書類選考待ち】3社(R社経由3社)
【敗退】2社(1社、R社経由1社ずつ)
************************
面接上手くいくといいな。。。

業界No.1エージェントが教える 転職メソッド―自己分析・企業分析・職務経歴書・履歴書・面接
【送料無料】転職メソッド

1/14現在の転職活動状況を整理します。
************************
【1次面接通過】1社(リクナビ経由で応募。2次面接の日程を調整中)
【書類選考通過】2社(2社ともI社経由で応募)
【書類選考待ち】4社(I社経由1社、R社経由3社)
************************
一次面接にいってきた企業は、自分でリクナビ経由で応募した企業です。

面接をしていただいたのは、入社したら私の上司になる方です。
評価していただいたポイントは「クリエイティブ×2しておらず、数字を追える人間だから」みたいでした。
今まで地味ぃ~に孤独にやってきたことが認めてもらえたようで、すごく嬉しかったです。

ここで働きたい気になりました。
2次→3次面接まであるのですが、がんばります!

また、I社経由で応募した3社のうち2社から書類審査通過のお知らせがきました。
「こんな面接でっせ。」「こんなこときかれまっせ」というアドバイスつき。
「面接のあとに、感想きかせてくださいね」とキャリアアドバイザーさんに言われたのですが、他の方の「感想」がこんなカタチで活かされているのでしょう(苦笑)

「1/15週は、現職のお仕事が忙しくなるから次の週に面接してください」って前から言ってました。
実際にそのような希望をだしたら「早い方が通過率がよい。19:30、20:00~でも設定できますよ」とのメールを着信しました。

そんな時間に帰社できないから「午前中がいい」って、言っていたのに。

また、R社から新規案件の紹介が7社ほどいただきました。
「土日に検討します」メールを送信。

本日見てみたら、ときめくものがないので応募をみおくることにしました。

転職活動と、現職の繁忙期が重なって正直つらいです。
かと言って、今の時期を逃すわけにはいかず。溜息。

業界No.1エージェントが教える 転職メソッド―自己分析・企業分析・職務経歴書・履歴書・面接
【送料無料】転職メソッド

■1/7の転職活動
【1】転職屋エージェントIさん、Rさん経由で応募する企業を選定して各3社づつ決定しました。
→それぞれweb経由、メールでCAさんに連絡をします。

【2】転職屋エージェントIさん、Rさん経由で企業様に提出する書類を書き直します。
→キャリアアドバイザーさんに提出

※明日(というか今日)は、自力で応募して、書類審査を通過した企業向けの書類を作成します!

###気がついたこと###
・求人票に誤字発見!「上流肯定」→「上流工程」でしょ!
・ひとつの企業が、同じ案件をI、Rと両方にだしてます。
・編集系のお仕事なのに、ガリゴリとしたプログラムのスキルを求めている企業があります。
(発注している企業が無知なのか、転職屋さんの担当の間違いなのか不明です。)

業界No.1エージェントが教える 転職メソッド―自己分析・企業分析・職務経歴書・履歴書・面接
【送料無料】転職メソッド

転職屋エージェントD社さんとの面談にいってきました。
エントランスに等身大の新庄選手がいました。
イメージキャラになったのね。ケータイで撮影したい衝動にかられましたが、ガマン×2。。。

D社には待合室がなく、面談ルームに入って、キャリアアドバイザーさんを待つシステムです。
転職予備軍たちが顔をあわせる可能性が低くなるので合理的です。
フロアの見取図を見ると「回」の字のように通路の周りにずらっと面談ルームが数十個配置されています。
柱があったり、エレベーターがあったりなので、微妙に部屋の大きさが異なります。
私に準備されたのは標準的な大きさです。転職希望者の見込み年収と、部屋の面積は正比例なのでしょうか?(-_-;)

だいたいの流れは、転職エージェントR社さんと同じです。
求人票を数十社分いただきました。
D社さんの方が字が小さい。両面印刷なので枚数が少ない!
D社さんのほうが読む人の身になって、書類をつくってます。
R社さんと、まったく同じ案件もあります。

同じ会社でも募集職種が異なる案件もあります。ときめく会社もありました。

++++++
と、いうことでこの3連休にやること
【R社】
・『年末にいただいた案件+本日いただいた一見「年賀メール」なのだけど、
実は「催促+新案件の紹介メール』の中から応募する企業をピックアップする。

・応募しない企業に関しても「NG理由」をお知らせします。...めんどくさいです。(苦笑)
・キャリアシートの書き直し

【D社】
・本日いただいた案件の中から応募する企業をピックアップする。

・応募しない企業に関しても「NG理由」をお知らせします。...めんどいです。(苦笑)

・キャリアシートの書き直し

【自分でリクナビをみて応募した企業(この企業についてブログで触れてませんね。。。)】
・来週の面接にむけてサイトの研究

・企画書等の資料の作成
(会社のPCから面接する会社に見せて差し障りのないものをもってこよう。)

ちょっぴり憂鬱だけど、がんばる。

▼直接企業と接触をしたいなら...

元旦に届いた年賀状を見ながらしみじみ考えます。
元旦に届く年賀状は、何故、既婚者からばかりなのでしょうか?

正月に年賀状が届くようにするためには「年賀状を書く」「元旦に届ける!」って意識がないとできません。
「年賀状を書く」の時点でかなりの人が落ちます(きっと)。

お仕事関係のweb関係者は「メールで『あけおめことよろ』でいいじゃん!」って人も多いです。
「年賀状を書かねば!」と思う方には「古き良き日本」のDNAがあるのでしょう。

「元旦に届ける」ためには、クリスマスまでにポストに投函する必要があります。
年末の忙しい時期に「時間を割こう」という意識が必要です。
その上、写真を加工して、デザインをして、文言を考えて、印刷して、住所を書いて...、という作業をやってのける根性がいります。子持ちで忙しいのに。えらい!

しかし、そのエネルギーはどこからくるのでしょうか?
たぶん、私にとっては「面倒くさい」ことが彼女たちにとっては「何でもないこと」「当たり前のこと」なのでしょう。
こういったものごとに関する閾値の違いが、現在の既婚・非婚の違いにつながっているような気がします。

「元旦に年賀状を届けるんだ!」ハードル≒「結婚生活を始めて、維持する」ハードル

似たようなハードルを超えるための原動力は同一のものです。
だから元旦に届く年賀状は、既婚者からばかり!なのでしょう。

Amazonで「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】なまけもののあなたがうまくいく57の法則」の詳細を見る


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング