ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > CIチェックを外部の人間が担っている 【企業内web担当の心得】

CIチェックを外部の人間が担っている 【企業内web担当の心得】

派遣先は、ECサイトです。
商品のページの確認をしているのは、営業系の方たち。
ロゴの使い方だとか、会社、商品名の表記だとかを気にしない方たちです。

商品ページのデザインがFIXしたあたりで「TOPページから導線をつくってください」
という依頼が、私のところに舞い込みます。

「コンテンツを見て、訴求ポイントを考えましょう」と、テストサイトにアクセスすると
「あぎゃ!」と思うことが多々あります。

この後に及んで、修正をかけなきゃいけないのでしょうか?
で、わたしが刺すんでしょうか?

・他社さんとのコラボ。「ロゴ×ロゴ」という表記はOUTです。(紙媒体は校了済みらしい。。。)
・本番化の前日に「景表法を確認中です」って発言はいただけません。
・そのロゴの色はNG。指摘したら、制作会社さんに対して怒ってました。
(チェックするのは、会社側の責任です)
・最上級表現には注釈をつけましょう。

しょうがないので、刺客になってます。
そういうCIチェックをきちんとしないと、会社のブランドに傷がつきます。

大事なCIチェックを外部の人間(=派遣社員のわたし)にさせているの現状。
この会社、本当に大丈夫なのかしら?

コーポレート・アイデンティティ戦略―デザインが企業経営を変える
【送料無料選択可!】コーポレート・アイデンティティ戦略 (単行本・ムック) / 中西 元男 著

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/462

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2007年2月21日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バート(映画「世界最速のインディアン」)【凄い人から学ぶ】」です。

次のブログ記事は「吉川晃司(歌手/俳優)【凄い人から学ぶ】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング