2007年8月アーカイブ

夕刊に「2007 働きやすい会社」が掲載されていました。

おおっ。サーバ管理会社の親会社がのっているではありませんか!!

働きやすい会社=クライアントの要望をまったくきかずに「僕たちの勤務時間内にしかシステムをとめてのメンテナンスはできません!!」と言って、平日の真っ昼間にサーバをとめる会社です。
(深夜から、早朝が訪問者数が少ないのに。せめて8:00-などにできないのでしょうか?)

〆切がゴムのように伸びる会社です。

システム障害があり、19:00に電話をしたら「担当者がいないのでわかりません(ガチャ)」という会社です。

それだけ、クライアントの要望を顧みず、自分たちの「働く環境」を大切にしていれば、働きやすい会社にもなるでしょう。

...親会社の働きやすさと、小会社の働きやすさは、まったく違うのかもしれませんが。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
【送料無料】日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

私の会社では、リーダー的存在1名(補佐1名)、web担当(=私)、地域特性に合わせるために、各地域に数名という陣営でプロモーションを担当しています。

このリーダー的存在の方が、「この人を押さえておかなくては」という営業部の権力者(お局様、とも言う)にあまり好かれていません。

権力者曰く「根回しがなく、いきなり会議で社長の前でプロモーションの提案をする」
「使えない広告案をだす」「クリエイティブがよくない」等。

リーダー的存在の方も、権力者に嫌われているのを自覚しています。
リーダー的存在の方も権力者のことをよく思っていません。
双方、嫌いあっているので、避けあっています。
なので、物事が停滞します。

様々な案件を「どうしようもなくなるまで」放置しています。
紙は作成しないで、webのみの訴求もあります。
webの制作は彼の管轄ではなく、私の管轄です。
決めなくて困るのは彼ではなく、私です。

しょうがないので、私が中に入ります。

「全体が上手くいけばいい」とは思うのですが、
倦怠期のふたりの間に入るのはできるだけ避けたく。

決めてくれればさくさくすすめるのですが、決めてくれるように働きかけるのも仕事なのでしょう。

チームワークの心理学―よりよい集団づくりをめざして (セレクション社会心理学)
【送料無料】チームワークの心理学


冷蔵庫扇風機

時間があるために、ゆっくり読む新聞によると、梅雨明けとともに、連日「真夏日」らしい( -`Д´-;A)。私が毎朝5:00に目が覚めるのは「新居に引越して、毎日が楽しい」からではなく「暑い!」からだ、と納得。洗濯物の乾きが大変よく、満足でございます。

が、少しでも快適にすごしたいと思うのも人情で。夏に大活躍のアイテムを紹介。

冷蔵庫くん(左)。正面の真ん中にラインが入っているのが気に入って購入。「ヱビスビール」のステッカーでおしゃれをしてます。この冷蔵庫くんを買ったのは、名古屋から松戸に転勤になってしばらく経過→翌年の退職を考え(会社借上げのおうちに住んでいたので、会社を辞めたら、でなきゃいけない)、自力で引越を決行したときです。そして、半年もしないうちに転勤になって、大宮にいくことになったというオチがつきます。
ものについて語りだすと、そのものを購入した背景、状況、理由がフラッシュバックしてきます。

扇風機くん。クーラーが苦手な私の夏の友。(外出前の身支度をする時しかクーラーは使わない。)私が寝ている間も、黙々と働いてくれるいい奴です。
この扇風機くんの前には、卓上型(この漢字でOK?)のものを愛用していました。私のヘビーユースに耐えかねたのか、首が曲がり、やがて折れてしまいました。すまない気持ちで胸がいっぱいになりました。「もっと逞しいものを!」ということで、彼が選ばれた訳です。

この子たちと一緒に、夏を乗り切ろうと思います。

コップ風鈴

昭和44年築の新居。私より、年上。古い建物特有の味わいがあってよいです。ここで暮すテーマは「昭和の生活」。古き良きニッポンの復活とでも申しましょうか?
「暑い日には、ガンガンにクーラーをきかせればいいんだよ」
という無粋な発想ではなく、喉が渇けば、お気に入りのコップでお水(近所のスーパーで汲んできた「美し水」)で喉を潤す(コンビニで購入した、飲んだら骨が融けそうな液体ではなく)。風鈴の音で、耳から涼をとる。蚊取り線香の馨りで、夏を思う。そういう風流な生活でございます。
最近の言葉でいうと「ロハス」が近いかもしれません。
平成なんて野蛮な時代に生きていると、忘れがちな日本の夏を満喫いたしましょう。

引越のどさくさにまぎれて、蒸気鍋のピストンを紛失してしまいました(*ノ-;*)

我が家には炊飯器がないので、ご飯が炊けません(涙)
一度ピストンなしで強引に焚いてみましたが、パサパサして、おいしくありませんでした。

そして、ふと思い立ったのが「土鍋ご飯」。
おうちにある土鍋でご飯を炊くのです。
飲食店で「土鍋ご飯」を売りにしているところもあるので、うまく炊ければ、きっとおいしいはず。

早速土鍋でご飯を炊いてみました

炊き方はいたってかんたん( ̄▽ ̄)σ
(1)まず、お米(ひとり用一回分で0.5号)をといで給水させます。
(2)土鍋にお水(ふだんと同じように、お米より気持ち多めに)をいれます
土鍋でご飯/火にかける前

(3)ふたをして、強火で加熱します
(4)蒸気が噴き出してきたら、とろ火にします
(5)水分がなくなったら、(ぱちぱちという音がきこえてきたら)火を消して、10分くらい蒸らします
※音のみで不安だったら、ふたを開けて中を目視しましょう※

(6)おいしいご飯のたきあがり
土鍋でご飯/たきあがり
※7分つきのお米をつかっているので、茶色っぽいです。

▼食卓にそのままのせても、なかなか様になります。
土鍋でご飯/テーブルにのせる
私が使っているものは、無印良品の1〜2人用の土鍋です。
0.5号という少しのご飯でもおいしく炊けるので大助かりです。

お手入れも、水につけておいてスポンジでこするだけで難しいことはありません

禁止事項は下記2点です
=============
・おしりに水をつけたまま加熱しない
・空焚きしない
=============

もちろん、ご飯を炊くだけでなく、ふつうの鍋料理にも使えます。

▼秋田名物きりたんぽをつくりました(* ̄∇ ̄*)

秋田旅行のさいに食べたきりたんぽはこちら


おかゆもかんたんにできます。
土鍋はひとつあるとたいへ便利なので、おうちに置いておくことをおススメします。

Amazonで「ひとり用の土鍋の一覧」をみる
楽天で「ひとり用の土鍋の一覧」をみる

( ̄▽ ̄)σちなみに楽天の「土鍋」ランキングは??

Le Creuset(ル・クルーゼ) ココット・ロンド 18cmでもご飯が炊けます!

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング