2007年9月アーカイブ

11連続稼働をクライアント(私の会社のことだよ)に強いたことで、
サーバ管理会社の運用体制が問題になっています。

計1000万PVにもなろうかというサイト、お客様の個人情報にどっぷりつかるサイト、CMSツールがはいりまくったサイトで実際にシステムをいじっている人間が20代半ばのひとりなのです。
最近もうひとり増員されたのですが、まだ、戦力にはなっていないみたいです。
この20代半ばくんは、一生懸命やってくれいるのです。
何かがあると、彼にそうとうの負荷ががかかってしまっているみたいです。
だから、会社の人間もあまり強くは言えません。

-----------------
過重労働の中でシステムを組む

ミスが多くなる

対応に追われる

想定外の仕事が増える

長時間労働がはびこる

抜け漏れ多発
-----------------
という、悪循環に陥っているようです。

よくよく、サーバ管理会社の「プログラムわかる人間」の話をきいてみると、
「webのプログラムがわかる人間」が20代半ばくんしかいないみたい。

先輩たちに相談をすると、聞いてくれはするみたいですが
目が覚めるようなアドバイスはいただけないみたいです。

その若さで「一番よく判っている人間」になるのはツライ。
一応お兄さん役はいて、応援はしてくれているようですが。

技術を盗める人間がいない場所で、成長できる訳はなく。
余計なお世話になのでしょうが、この20代半ばくんの将来が心配になってきました

プラスサイクル思考法―自己成長力が加速する7つのメソッド
【送料無料】プラスサイクル思考法

ユーザーが、名前だとか、住所だとか、電話番号だとかをweb上で入力し、それを顧客名簿とするシステムがございます。

現在使用中の「顧客名簿ファイル」がパンパンになってきたので、
データベース化しましょうね♪という作業をしてもらいました。

当初の計画だと
-------------
「サーバ上でプログラムを動かして、自動的にやりましょう」作戦
-------------
でしたが
-------------
【1】サーバ上でプログラムを動かすと、数分で強制的に終了するサーバ設定になっている。セキュリティ上の設定で、一時的にも解除できない。
※外部からの攻撃を防ぐため。つくづくシステムって、性悪説なんだと思う※
※と、いうことを作業に入る前に事前に確認できなかったのでしょうか?※

【2】顧客データにイレギュラーな記述が多く、データベース化するには手を加えなければならない。
※そういうデータ入力を許すプログラムを組んだのは、現在メンテナンスをしている会社さんです。今作業をしている方ではないのですが※

【3】顧客データをいじるのは、業者さんではできないので、こちら側で対応せねばならない
-------------
ことを発見。対応策は、下記のようになりました。

-------------
⇒【1】強制終了させられない範囲にデータを小分けすることに決定
・顧客データを小分け(数百人単位)にする作業が発生
・数百人単位のデータを数百回にかけて流し込む手間が発生
(何万のデータを一度に流し込むのの、何百倍の手間がかかる。)
・都度都度、データ件数の確認をする手間が発生

⇒【2】【3】営業側のwebのまとめ役が対応することに決定。
黙々と作業をこなしてました。

※ちなみに関西在住者のデータにイレギュラー多かったみたいです。
さすが大阪人!「ええやん」と、いろんなものを突っ込んでいるらしい。たいしたパワーだ!
-------------
よって、工数が大幅に増えて、11連続稼動が決定しました。

「システム」というと
「プログラムがピューって勝手にやってくれる」イメージがあるのですが、(私だけか??)
実際には、人間の手間がそうとうかかっています。

それも、単調で、ミスが許されない作業の連続。
そういったことに耐ることができる神経が、この仕事には必要なのでしょう。

自分にはないものです。
プログラマーさんの発狂率が高いのがわかる気がしました。

軽症うつ病 (講談社現代新書)
【送料無料】軽症うつ病

今週末は、サーバ管理会社がサーバメンテをしております。
ええ。現在進行形です。
LAN環境でないと、サーバーメンテナンスができません。
なので、会社にきてもらって、作業をしていただくことになります。

で、外部の方が作業をされる際には、誰かがついていなくてはなりません。

と、いうことで、私が3連休返上で、休日出勤をすることになりました!

昨日、今日とものすごい勢いでたまった仕事を片付け、机上整理をして、
そろそろやることがなくなったので(疲れたので)ブログを書いたりしているわけです。

=+=+=+=+=+=+=+=
本当だったら、昨日で完了するはずだったのですが...。
昨日の終電まで作業をしたのに、目処がたたず。
今日まで延長になってしまいました。。。
こうなることは、何となくわかっていたんだけどね(苦笑)

システム担当君は
朝の9:00頃から、この時間まで昼飯も食べずにお仕事をしています。
おなか、空かないのかしら?

「きりのいいところで、ご飯食べにいってくださいね」
と、声をけているのだが。。。

昨日も、お昼頃から会社にきて、
・ひとりがマクドをかじっていた
・差し入れのシュークリーム一個
しか彼らはものを口にしていないのです。

飲物は飲んでいるけど。
それにしては、スリムじゃないな。

理系の方たちは、脳みそだけではなく、
文系の人間とカラダのつくりが違うのでしょうか?

トリセツ・カラダ
【送料無料】トリセツ・カラダ

広告の部署と、現場TOPたちの打合せがありました

そこで広告担当補佐くんが「キャラ計画全貌」の発表をしました。
補佐くんは、この資料を徹夜で作成したみたいです。
が、現場TOPたちの反応は『?』。現場TOPは何もきいていなかったみたいだ。

「もう、webのページが納品されてます」
とは、けっして言えない雰囲気です。

ええ、その場では黙ってましたよ。
身内は庇わなくちゃ!なので。。。
ところで、既に発生しているであろう費用は、どうするのでしょうか?

とどめは社長のひと言。

「これだけ、現場のひとからいろんな意見がでるのだから、再考しよう。」
ということで、キャラくんの水子化が決定しました(*_*;)

担当くんは「役員会を通過した」「進めるということで社長のOKがでた」と、
マメに私に連絡をしてくれてはいました。

でも、現場担当者には、まったく報告をしていなかったみたいです。
確かに、こういう調整って、誰にして、誰にしないか、高度な政治力が必要ですよね

「今回はちゃんと筋をとおした(のか??)のに、この期に及んでNGがでました。」
「教訓にしてほしい」
と、おっしゃっていました。

負の遺産。制作会社さんへの費用負担はどうするのでしょう?

「自分の中で納得できていない部分があったので、これで、チャラにできる、と安心している部分もある」
とは、補佐くんの台詞です。

実は私がストッパーにならなきゃいけなかったのかしら?
現場との調整ができていない、と分かった時点で、調整をはじめなくてはならなかったのかしら?

現場の方から意見をきいて、ものをつくっていく姿勢は大切ですが
社内調整に想定以上のパワーを使いそうです。。。

人間関係を良くする17の魔法
【送料無料】人間関係を良くする17の魔法

この前のことです。
仕事が早く片付いたので、アフター8にデパートでお買い物にいきました。

混んでいるエレベーターに乗り、一番奥に立ちました。
途中の階で、人が乗ってきて、しょうがないので、さらに、後ろにさがり、スペースをつくります。
足もとに、何かがぶつかり、見るとシャネルの大きな、大きな袋が。

「そういえば、このデパートにもシャネルがはいっているのね」
と、思いながら目線をあげると...
飛び込んできたのがお洋服の首もとのサイズ表示。めくれてみえています。
あの赤丸は「ユニクロ」。しかも『XL』。
ええ。わたしも「ユニクロ愛用者」なので、わかりますとも。

横に大きいので「XL」を着用しているみたい。
色もデザインもババシャツっぽい、いけてなくて、髪もあまり手入れしていない感じです。

シャネルや、その他「高級ブランド」と呼ばれるものを身につけるには、
それ相応の気合いと、品格が必要な気がします。
そういったもののないわたしは、一生身につけることがないでしょう。

「それで『シャネル』ですか?」
と、思い、目線を首からそらし、左手を見ると、さらにシャネルの鞄が。。。

かわいそうだ!シャネルがかわいそうだ!

シャネルは、エレベーターの中で、他人様に買物袋をぶつけ、
知らんぷりしているような人のために、バッグをつくっていないはずです。

シャネルは、服のサイズが裏返っているのに、気がつかないような、
身なりにかまわない人間のために、ブランドをつくっていないでしょう。

それを「お金がある」というだけで、シャネルを身につけるなんて。

シャネルがかわいそーだー!!


Amazonで「ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】ココ・シャネルという生き方」の詳細を見る



宣伝部内で「キャラをつくろう」話が進行中でした。

広告担当者が、メインになってすすめてきました。
紙媒体だと、お金もかかるし、取り返しがつかないので
「まずは、webから」という話になってきまして。

営業部門のwebとりまとめの人と話すついでに
「こんな案件あるんですよ」と、話をしたら「えっ。」
と、まったく知らないようでした。

第6感が危険を察知。広告担当者に気になる点を、ぶつける。
----------
わたし:私が管理しているwebの予算には、この経費が含まれておりません。どっかの部署にお金をだしてもらう算段はついているのでしょうか?
広告担当者:大丈夫。(ほんとか?)
わたし:営業側にアナウンスをしているのでしょうか?
広告担当者:社長にOKをもらっている。社長がOKなら、他の人も文句を言わない。
(そういうことを繰り返して、形式的に筋を通しても、権力者の心象を損ね、嫌われているんでしょう?)
----------
そんな話をして、責任の所在があやふやなまま業者さんから納品がありました。

ひとまず、納品物のチェックをします。かなりのできばえ。制作会社さん、がんばったじゃーん!!
かなり気に入ったので、さっそく会社PCにインスツール。
何もしなければ、1分できりかわるように設定しました。

「ルンルン」と、上機嫌に動くキャラを眺めていました。
「さて、これで本番化できますね。」とほっと一息。

さて、そこで広告担当くん補佐から声がかかる。
「●○さんに、『△△の稟議をあげてもらうために、話をするから一緒にでてください。』」

稟議をあげる??待てよ、おいっ。稟議が通ってないのぉー?(@_@;)

「納品から何日くらいで、本番化できるの?」
「PVがあがる時期にはあげたいんだけど。。。」

って、広告担当くん、言ってたじゃぁーん。
広告担当補佐くんだって、最初からキャラ関連の打ち合わせでてたじゃーん!!

会社の経費を使う手順として、
---------
稟議可決

発注

制作

納品

本番化
---------
という手順を踏まなくてはなりません。

どうしようもないときは、稟議をまわしつつ、制作をすることもあるのですが、
今回はそういうことではないみたいです。

「制作が進んでいる=稟議は可決されていること」だと、思い込んでいたのに。甘かった。

当然、稟議がおりるまで、本番化はできません。
最悪、稟議がおりなかったら、どうなるんでしょうか?

「PVがあがる時期に」と超特急で、これだけのものを、制作をしてくれた制作会社さんに申し訳ない。。。

がんばってくれた制作会社さんに「納品ありがとうメール」をうつこともできません。
※稟議がおりていない→発注していない→発注していないものを受け取りことはできません※

本来の仕事に行く前に、「注意しなくてはいけないこと」がいっぱいです

地雷を踏む勇気 ~人生のとるにたらない警句 (生きる技術!叢書)
【送料無料】地雷を踏む勇気

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング