2007年11月アーカイブ

12月の頭に勤務先でユーザー参加のリアルイベントを行います。
10月の半ばからそんな話はきいておりました。

1ヶ月前になっても、イベント担当者から何の音沙汰もありません。
webで告知ページを制作するのには、それなりに時間がかかります。
そろそろ告知をせねば、ユーザーが予定をいれてしまいます。
早急に制作にかからなければなりません。

ほおっておいてもいいのですが、土壇場になってへんてこりんなチラシをわたされて
「告知ページを『なるはや』でつくって!」と言われるは嫌です。

大変になるのは私です。
イベント担当者にヒアリングにいきます。

「詳細が決まっていない」「チラシができていない」「えらい人が出張にでてしまって、確認だしができてないんだよね」とのことです。

場所と、時間とゲスト2名以外は何も決まっていないようです。

紙は一度入校してしまえば、変更がききませんが、サイトは修正ができます。
優先すべきことは「参加者確保のためにさっさとページをあげること」です。

ひとまず、申込ページと上記の内容で告知ページを作成して、
詳細が決定次第、内容をくわえることにしました。

紙だと「きっちり決めないと進行できません」ということになるのですが、webは常にβ版なので「ある程度でもきまったらGOサイン」ということが可能です。

たぶん紙育ちの人にはそういう発想がなく「決まったら、情報共有をしよう」と思っていたみたいです。
ならば、こちらでリードをしていこう。
そう思った一件でした。。

ワークフロー―ビジネスプロセスの変革に向けて
【送料無料】ワークフロー

| コメント(0) | トラックバック(0)

席の近くの担当くんの仕事が廻っていないみたいなのです。

あちこちから催促の電話がかかってきます。
離席しようものなら、机の作業スペース(原稿に浸食され、非常に狭い)が、メモと付箋でいっぱいになります。
彼が離席していると、内線は私がでざる得ません。

でたら、でたら「●●の件、どうなってますかね?」と借金とり状態の人がいっぱいです。
普通だったら、気にしそうなものです。

でも、そんな笑顔で押してくる方達を「そうですよね」「いやぁ」だとか、のらりくらりを交わしております。

上手だ。

そんな手があったのか。
芯がないから傷つかない。
ぷにゃぷにゃと世の中をわたっていく。
そういう生き方もありなんだね。

ブレない生き方―自分に軸を通す (光文社知恵の森文庫)
【送料無料】ブレない生き方

| コメント(0) | トラックバック(0)

ーーーーーーーー 
・『佐藤可士和の超整理術』に触発されて
・日経WOMANの『捨てる』の記事に影響された
・仕事の谷間にはいったため残業時間が少なくなっている
・高校時代の部活仲間に会い、自分軸を再確認した
ーーーーーーーー 
ということで、身の回りの整理整頓に励む。本日やったことはパソコン、web関連の整理。
ーーーーーーーー 
1)デスクトップ上の「いったい、これは何?」というアイコンを削除。
2)いらないメールを削除するうちに「不要なメールマガジン」を延々ととっていたことに気がつく。⇒「配信停止」をする。
3)「やらなくては」と思いながら放置していた「Gmail」を設定。
⇒「プレビ」「ドリゲ」など「いつか独り立ちをする日のための情報収集」として受信していたメールをフィルタをかけ、フォルダに保存できるように設定。
4)引越して、住所変更していないかった各種サービスに「住所変更依頼」をだした
5)公共料金をクレカ払いにして、ポイントがつくようにした
6)アンケートサイトで貯まったポイントを楽天ポイントに交換する手続き
ーーーーーーーー 
ココに書くと「それだけのことじゃん!!」と思うが、情報の取捨選択をすることで新たな発見がありました。
「プレビ」などで情報収集をしようと思った時の、自分のサイト(今はブログしか更新していない)を立ち上げた時の、気持ちを思いました。
忙しさにかまけて忘れておりました(汗)。

いらないものを捨てることによって、自分にとって本当に必要なものが見えてきます。
こういった「取捨選択」を繰り返すことによって、自分軸がより強固になっていくのでしょう。

次はリアルなおうち内の取捨選択をしていこう

Amazonで「佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】佐藤可士和の超整理術」の詳細を見る



| コメント(0) | トラックバック(0)

私の勤務する会社では、宣伝部門がwebとそれ以外(紙、CMなど)に、分類されています。もちろん私はweb担当です。

制作物の進行上、紙が先行することが多いです。
あるタイミングで「これにあわせて、webサイトをつくってください」と、
チラシのデータをもらったりします。

入社したばかりの時は「この会社のクリエイティブに慣れてないのかも?」と思い、
素直にそのデータから要素をピックアップしてました。

でも、だんだん場に慣れるにしたがって「少し違うかも?」と思いだしてきました。

会社としてクリエイティブに統一感をもたせるのは当然ですが、
紙にあわせていたら、変わったものができあがります。

webのクリエイティブを向上させるためには、
訴求ポイントを一緒につくっていく必要がありそうです。

そう気がついたので、紙担当くんに「訴求ポイント、一緒に考えましょう」と声をかけました

クリエイティブマインド つくるチカラを引き出す40の言葉たち
【送料無料】クリエイティブマインド


| コメント(0) | トラックバック(0)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング