2007年12月アーカイブ

「成功YEAR2007」をスローガンにした2007年。いろんなコトがあったね。
ーーーーーーーーーーーー
「派遣社員卒業計画」始動。
社会人11年目にして自分の興味、関心あった職をゲットする。

「社会人10年たったね記念+派遣社員卒業記念」阿蘇ツーリングに出発
学生時代に果たせなかった「地獄めぐり」の夢を果たす(小さい夢ですみません。。)
「快晴時に阿蘇の火口をみる」
「紅葉時期、桜の時期に、阿蘇をはしる」という宿題を残す

転職
いろいろ問題はあるが、よい職場に転職
よかった。よかった。

引越
約1.5倍の広さに部屋に引越す。
快適な生活になりつつあります

異動
転職先で組織改正があり、異動をすることに。
組織上の問題が解消され、仕事がやりやすくなりそうです!
ーーーーーーーーーーーー
成功といえるか、どうかはともかく
人生がよい方向にむかっております。

よくも、これだけのことを乗り切った。
怠け者の私にしては、よくやりました!
走り続けた感じだね。

来年は仕事の「勝負年」になりそうです。
今年が成功への準備期間だとすれば、来年は「勝負」の年。

来年もよいことがいっーぱいありますように。

Amazonで「人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る



| コメント(0) | トラックバック(3)

経験してきた何社かで、web部門の責任者はストレスを溜めて辞めていく、あるいは異動を希望するという傾向にあります(T-T)

7月で退職された40↑元責任者は「寿」退社です。
「今後の7月で入社1年。」そんな矢先でした。

「結婚しなかったとして、続けてました?」と突っ込んでみました。
そしたら「結婚を言い訳にしているところがある」と、おっしゃってました。

辞めると決めるまでは、怒りの沸点がさがっており、話しかけるのがこわかったです。
目が充血して、何か声をかけると、ハリネズミのように針で攻撃されそうです。
とても話なんてできませんでした。

会社の業績がよくない時期ってありますよね。
その責任を何かのせいにしたがります。

営業は押しが強いので(汗)広告のせいにされてしまいます。
紙など、数値がでないものは責任の追及のしようがないので、効果測定が数値化される「webサイト」が標的になってしまいます。

広告全体をまとめる人は、webのことをすべては把握はしていません。

だから、時代背景などまったく考慮しないで「web責任者」を怒るだけです。
アドバイスなんてできっこないのです。

部下の業績を上げるのが、上司の役目なのに、責めてどうする?
守らないで、どうする?

怒ることで「気づき」を与えている錯覚に陥っているようです。

そんな「分らず屋」を相手にする「web責任者」が精神にやられてしまうみたい。

ある責任者は、プチ鬱状態」でした。
打合せ中に焦点のあっていない瞳をして、メモもとらずにぼーっとしている姿をweb担当者が、何度か見ています。

これ以上「web責任者→ストレス退職」にしたくないです。

でも、どうやって?

ストレスマネジメント入門 (日経文庫)
【送料無料】ストレスマネジメント入門

| コメント(0) | トラックバック(0)

派遣さんや、正社員の「web担当」として、一般企業(IT系でない企業)を数社放浪しています。

たいていの会社で「web」はもてあまし気味でした。

まず、たいそうもめるのが「チームwebを、どこの組織に置くのでしょうか?」という問題です。
ババ抜きのババのように、偉い人は自分の管轄になるのを避けます。

エントリーフォーム等があるので「システム部門」という考え方もありです。
「ちょっとした修正にどれだけ手間がかかるのか?」という工数が読めるのは、システム部門だったりします。
でも「デザインだとか、コンテンツを考えるのは僕たちではありません。広告・広報でしょ。」と、システム部門に、嫌がられます。

広告・広報にいってもよいのですが、たいていの広告・広報はまるっきり文系・美術系の人たちで構成されています。
今のリーダーたちは、webで出世をした訳ではありません。そんな自覚もございます。パチパチした機械の話なんて聞きたくない人たちです。

「このメンテナンスこれだけお金がかかります。承認をお願いします!」なんて、百万単位(それでも値切ったんだよ。)の見積りをもっていくと「?」という顔をされます。
こんこんと説明を始めると、30秒で目が虚ろになります。
脳みそに言葉が浸透していっていないのが分かります。
理解を超えた事の責任をとるのが嫌なのでしょう。

ここでも歓迎されません(涙)

web担当者は、たいていが転職組で、社歴が短く(故に、役職も無く)、また年齢的にも若いので、社内で上手くやっていくための老獪さがありません。
コミュニケーションが苦手だったりします。
上記のように「業務内容」を理解してもらっていないので守ってくれる人がいません。
そういう会社への忠誠心は当然、低くなっていきます!!

無理をいう営業等に「できません」「無茶です」「あきらめてください」と言えず、業務過多に陥り、つぶれていったweb担当者たちをみてきました。

誰かの庇護のもとで生きていかないと、或いは、自分が強くなるかしないと、この業種はいとも簡単に業務過多に陥ります。

そんなこんなで、一般企業のwebサイトでうまくいっていそうなサイトは、少ない気がします。
逆に言うと、上手くwebを使いこなせれば、小さい会社でも商機はあります。

だから、webを嫌わないで、むきあって欲しいものです。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本

| コメント(0) | トラックバック(0)

年末になりました。
転職同期で「忘年会をひらこう」という企画がもちあがりました。
もちろん幹事なんてやらないで便乗参加でございます。

転職同期会の会長さんから「目指せ全員参加!」を掲げて「忘年会をやりましょう」メールが送信されてきました。
暇人のわたしは「参加しまーす」と即効で返信をしました。
色んな部署のお話がきける!と楽しみにしておりました。

が、何日かして「集まりが悪いので中止します」連絡がきまして。

何でも、転職同期の9/23人が既に退社。
もうひとりも12月中に辞めるそうです。

ということは、転職9ヶ月での離職率は43.5%。
高卒新卒の3年後の離職率が50%くらいだから、それよりちょっとよいくらい。

私の新卒入社した会社よりはたいそうましですが、世間的にはどうなんでしょう?

思えば、私の所属するweb担当部署は、web担当部署にきて1年未満の人しかいません。

「仕事が組織にあるのではなく、仕事が人間に属している」会社です。
なので、仕事が個人の脳みその中にしかありません。
「引継ぎ」「仕組化」という概念が存在しません。
後任者がゼロから仕事を覚えるハメになります。

仕事が廻らなくなり→他部署の顰蹙を買う→異動(退職)せざるえない状況においこまれる→また、新しい人がくる、という悪循環になっています。

よい方が多いので、対人スキルが高い(人からわからないことをきける能力をもっている)か、
図太い神経(わたしは、後者)であれば、やっていけるのですが。。。

Amazonで「人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る



| コメント(0) | トラックバック(0)

同僚が壊れかけています。
会社の事情、本人の能力によって、仕事が廻っていないみたいです。
仕事の抜け漏れが続発、多発しています。
「納期を守って」という、すごくまっとうな要求を受け続けることによる精神疲労、長時間労働による肉体疲労(毎日、午前様らしい)から『ぷち鬱』状態になっています。

症状は...
--------------
・後頭部にワタボコリがついているのに気づかないで仕事をしています。
(=身なりにかまう余裕がない)
・目が充血している
(=睡眠不足。PCの画面見過ぎ。)
・何を言っても虚ろな目をして「ええ。」「そうですね」しか言いません。
 (=脳みそは、自分を守るために人のお願いをシャットアウトしているが、条件反射で、返事だけしている)
--------------
周りも
・会社の仕事が滞る
・紙担当くんのことが心配
ということで、それぞれのできる範囲でカバーをしようとしてます。
-------------------
・事務担当者が「もっていくね。わかんなかったらきくから」と請求書一式(タウンページくらいの厚さがあります)を机のひきだしからひっぱがしていきました。
・制作担当が「○●(雑誌名)の企画、こんなのでいいよね?△△(えらい人の名前)さんの確認とればいいよね?」と、校了日が近い日の企画を奪っていきます。
-------------------
身内は何とかフォローをしようとしています。

でも、他の部署は白い目で紙担当くんのことを見ています。
「納期を守らない」
「言ったことをやらない」
だとか。

まっとうなクレームがやっと上司のところにいきました。
普段は放置の上司君も、動かざる得ません。その気になってのりだしました
「今、抱えている仕事と、納期を明確にせよ」

同僚は、このリストの作成に、何時間もかけて、何時間もかけて数行しかできません
「簡単なことをするのに、数時間かかる」という典型的な「鬱』の症状です。

仕事が多い→抜け漏れ発生→他部署からクレームが入る→仕事のフォローと、クレーム部署のフォロー(余分に発生する仕事)に追われる→ますます仕事が増える

という悪循環にはまっています。

追いつめると、ますます鬱が深刻な状態になります。
でも、そんなことに気がついている人はいません

単に「どうしょうもない人」になっています。
自分にできないことは「無理」と言わなければならないのに、変なプライドがあって、言えないようです。

そろそろ、私も停滞中のチラシをとりあげ「これ、●●さん(クレーム部署の担当者)に確認とるね」と介入した方がよさそうです。

また、上長に「ウツかもしれません」の旨を伝えなければ...

あなたの大切な人が「うつ」になったら
【送料無料】あなたの大切な人が「うつ」になったら

| コメント(0) | トラックバック(1)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング