ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > リスティング運用会社を変更する理由【企業内web担当の日常業務】

リスティング運用会社を変更する理由【企業内web担当の日常業務】

来年度から、リスティング広告の運用会社を変更することにしました。

運用会社変更にはいくつかの要因があります。
今回は要因のひとつ「SEMコンサルタント」と称する方のお話です。

リスティングを自主運用せずに運用会社におまかせするのは

* 運用の手間を省きたい
* リスティングのプロとして、会社の利益に結びつくヒトを連れてきて欲しい

という、主にふたつの理由があります。

さよならする原因になった「SEMコンサルタント」くんは、夏くらいから勤務先会社の担当になりました。
「運用の手間を省く」ことはほぼクリアしておりますが「プロとして」の部分が小指の先ほどもありません。
月イチで定例を開いているのですが、報告が「棒読み+素人」なのです。

営業担当からききだした話によると、ジョブローテーションで「SEMコンサルタント」になってしまった新卒3年目くんのようです。
年齢や経験だけで、実力は計れないですが「プロの自覚」がまったくありません (+_+)

私:このキーワードに対するLPのデザイン案があがってきたの。アドバイスを頼みます!
*「より効果を上げるために、あるキーワードに、LPをつくりましょう♪と提案してくるのも、業者さんの役目なのですが...
SEMコンサルタント:いいですね。これでいきましょう!

...プロの意地はないのか?」
重箱の隅をつついてでも「そうですね。この部分を○○するほうがもっと儲けにつながると思います!」と言う部分を探してクライアントの機嫌を損ねないカタチで伝えるのがプロの意地でないのか?

今の「SEMコンサルタント」くんには、力量がないことが判明。
まあ、ここまでは「若いのだし経験もないんだし...」と思えなくもない。

でもね。これから成長していく兆しもなかったんだよね。

定例の打合せで、腑に落ちないがあって、質問をします。
そうするとね。「SEMコンサルタント」くんは
笑って、誤摩化すだけでちゃんと答えないんだよ((( *-*)

私:「このワードって、モバイルの方が強いんですかね?」
SEMコンサルタント:「...。苦笑」

予想される質問を想定して、答えをインプットしてから来社してほしいのが本音です。
でも、その場で、適切な答えがでないのはしょうがないと思えなくはない。

自分の専門分野とその周辺のことについてきかれて答えられないのは、恥。
その自分の知識のなさを感じつつも、
「すみません、おおまかなにしか把握していなくて。確認して連絡します」
というのが私がして欲しかった応答。
そして、その日のうちに回答がメールなり電話なりであれば、よしとしたと思う。

クライアントから質問をされて、即答できなかったことを持ち帰って、自分で調べたり、会社のヒトにきいたりして、理解して、わかるようにしていけば、例えそれが週にひとつでも、1年で50個くらいの知識は増えるはず。(技術は日進月歩だから変わっていくにしても)

最初の頃は、ひとつのことを理解するのにたいそう時間がかかると思う。
でも、ひとつひとつクリアしていくと「知識の蓄積」ができていきます。

そういう地道な努力をしていくと、1年経った時には自分の成長を実感をできるはず。
クライアントに何かきかれても即答できたり、例えわからなくても、調査するのに前ほど時間がかからなくなっているはず。

「クライアントに自分の許容範囲以上のことをきかれた」時には、自分を成長させるチャンスなんだと思う。

でもそれを苦笑をして受け流すとは。
成長するチャンスをみすみす逃している訳です。

「コイツは未来はない」と判断をした次第です。
「今も未来もダメじゃん」と思った訳です。

さらにね、ここの会社はOJTのためには、マネージャーさんが必ず打合せについてきます。会社によってその人に与えられたミッションは異なるのでしょう。
一般論でいうと、役職者には「後進の育成」という役目が与えられているはずです。

それをだよ。
このように後輩くんが


きかれたことにこたえられない

調べようともしていない

クライアントが眉間にしわを寄せている(ー"ー )


というのを何回か繰り返したら、その場では何も言わなくても会社に帰ったあとや、クライアント周りの合間に入ったカフェやランチ屋さんで
「ああいったときにはとりあえず『いいかげんな答えをして、迷惑をかけたくない。会社に戻って確認をしてから回答します』などと言って時間稼ぎをして、あとで対応しようや」
だとか
「クライアントに依頼されている仕事の周囲情報をきかれて、その時わからなかったことは調べて連絡しよう」
などとアドバイスをして欲しいものです
※マネージャーさんも若い会社だし「言ったってきかないんだもーん!」だとかはあるのでしょうが。。。

以上より

「SEMコンサルタント」くんの「今の知識」はまったくない
未来にも知識はつかないでしょう
マネージャーさんも「SEMコンサルタント」くんを育てる気はない


と気づいたら、この会社とおつきあいを続ける理由は何もないのです。

と、いうことでさよならを決定しました♪

Google AdWords&Yahoo!リスティング広告対応 リスティング広告 成功の法則
【送料無料】リスティング広告成功の法則


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/726

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2009年2月21日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「潰れた会社と生き残る会社の違い【企業内web担当は見た】」です。

次のブログ記事は「会社のことをわかっている方がチーム広告にきました【企業内web担当の心得】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング