ライフデザインTOP > 企業内web担当の仕事 > 放置されてきた検索結果の表示間違い( ̄ー ̄;【企業内web担当の日常業務】

放置されてきた検索結果の表示間違い( ̄ー ̄;【企業内web担当の日常業務】

この不景気で広告予算がざくざく減っています。
=======================
あちこちに出稿できなくなる

露出できるところはどこ?

ホームページがあるじゃない!
=======================
ってな具合で、社内の自社サイト注目度がアップします。

そうすると、いろんな発見がでてきます。

最近気がついた痛いことは、ある商品の検索に対して、ずっと間違った検索結果が表示され続けていたこと。

発端は現場監督から「○○のページで、『A』を検索しても検索結果にでてこない。何で?」ときかれたことでございます。

現場監督の話は鵜呑みにしてはいけないので( ̄◇ ̄)ゞ自分でも検索をしてみます!
確かに「A」ではでてきません。
「A」を含むカテゴリで検索すると、でてきます。
なので、データベースには存在しているのですが「A」を検索したときにひっかかってこない模様です。
実際、データを抜いてみたら入っていたし。

「?」なので、制作会社さんに調査をお願いしたところ、下記のようなお返事がきました!
=======================
弊社の検索項目リストでは「商品A」は「商品コード:999」でひっぱってくるように設定をされていますが、御社のデータベースでは「商品A」は「商品コード:000」で登録をされています。
だから、ひかっかりません!
ひっかかるようにするには商品コードを「999」にしてね。
=======================

システム君にきいてみたらね。

「今の検索システムをつくるときに商品コードを『000』にするか『999』ふたつの案があって、結局『000』にし、リストを制作会社さんに渡したんだ。だから、この検索システムをつくった2000年代前半からずっとそのままじゃないのかな?」

なんてことを言われました。

5年以上も(自分も含めて)誰ひとりとして気がつかなかったようです。

いい訳をすれば「A」はまったく売れない商品でした。
当時、たぶん誰も気にしていなかったんだと思うよ。
それがここにきて注目度が高まってきました。

そうして、今回発見された訳です( ̄ー ̄;

商品の詳細ページまでいれたら、私が担当をしているサイトは数千ページ以上にも及びます。お恥ずかしく、情けない話ですが、ひとりの担当者で把握するには限界があります。
(自分がしっかりするのは当然ですが...)

大事になる前に、善意でこっそりと通報してくれる協力者を増やさねば!と堅く決意をしました。

人間関係を良くする17の魔法
【送料無料】人間関係を良くする17の魔法


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/903

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2010年2月 7日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊達巻き@99ショップ」です。

次のブログ記事は「36歳のテーマ「自由への基盤づくり」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング