ライフデザインTOP > ecoライフ > はじめての「おうち コーヒー」「自宅 コーヒー」  1.抽出方法選択編

はじめての「おうち コーヒー」「自宅 コーヒー」  1.抽出方法選択編

数年前から、コーヒー(レギュラーコーヒ)を自宅で豆からひいて、抽出をして飲むようになりました。

経済的ですし、部屋がコーヒーの香りで満たされ、幸せな気分になれますもの。

「おうちカフェ」「自宅でコーヒー」をはじめた時に、「コーヒーをいれる選択肢の多さ」にびっくりしました( ̄△ ̄;)

例えば「機械で抽出するの?それとも手動?」
「紙orネルでドリップするの?」
「コーヒー豆は、豆のまま買ってくるの?それともお店で粉にしてもらうの?」など。

たかだか、たった一杯のコーヒーをいれるのに、
そんなにたくさんの選択肢があったとは知らないで30年以上生きてきました( ̄O ̄;)

その時の経験を活かして、「家でコーヒー」をはじめたときの口コミ・感想を書いていきます。
みなさまのコーヒーデビューの参考になると嬉しいです。

今、おうちコーヒーをいれている手順をカンタンに説明をすると...

【1】お店で、コーヒー豆を豆のままで購入してきます

【2】手動でKalita コーヒーミル KH-3」を使ってコーヒー豆をひいて粉にします
Kalita コーヒーミル KH-3@おうちコーヒー

【3】ドリップ式コーヒーメーカーでコーヒーを抽出します(紙ドリップ)
ドリップ式のコーヒーメーカー@自宅でコーヒー

【4】おいしくいただきます


上の方法にいきついた理由はおいおい説明をするとして、
コーヒーの抽出方法をどうするか?という選択にぶちあたります。
これを決めないと、「自宅でコーヒー」は先に進みません。

抽出方法の選択肢をざっくり言うと、下記になります。
1.( ̄▽ ̄)σ手動でドリップ式で抽出
コーヒーカップあるいは、容器に「▼コーヒードリッパー」をつけて、コーヒーを抽出

Amazonで「コーヒードリッパー」一覧をみる

楽天で「コーヒードリッパー」一覧をみる


その際に、「▼ペーパーフィルター




Amazonで「ペーパーフィルター」一覧をみる

楽天で「ペーパーフィルター」一覧をみる

「▼ドリップポット

Amazonで「ドリップポット」一覧をみる

楽天で「ドリップポット」一覧をみる

が必要になります。
1.( ̄▽ ̄)σ( ̄▽ ̄)σ手動でドリップ式で抽出のメリット・デメリット
手作り感を堪能できますが、いちいち時間をかけてられないかも?

2.( ̄▽ ̄)σネルを用いてドロップ式で抽出
布で、コーヒー豆のエキスを抽出いたします。




Amazonで「ネル」一覧をみる

楽天で「ネル」一覧をみる

ネルドリップ式の場合も、1と同様に「ドリップポット」が必要です。

まあ、やかんや、電気ポットで代用しようと思えばできないこともなさそうですが、
趣がありませんし、見た目がすまーとじゃありません。。。

2.( ̄▽ ̄)σ( ̄▽ ̄)σネルを用いてドロップ式で抽出のメリット・でメリット
布製の「ネル」のお手入れに手間がかかります。


3( ̄▽ ̄)σプレス式のコーヒーメーカーで抽出する
お茶をいれるときのように、プレスメーカーにコーヒーとお湯をいれて、
しばらく放置して抽出する方法




Amazonで「プレス式 コーヒーメーカー」一覧をみる

楽天で「プレス式 コーヒーメーカー」一覧をみる


※「ペーパーフィルター」が必要です

3( ̄▽ ̄)σ( ̄▽ ̄)σプレス式のコーヒーメーカーで抽出するのメリット・デメリット
一番手間がかかりませんし、初期投資が少なくてすみます。
でも、本気度が低い気がします。。。

4( ̄▽ ̄)σドリップ式のコーヒーメーカーで抽出する
お水(お湯を沸かさなくてよいのが楽)と、コーヒーとを機械にセットすると、
コーヒーメーカーがおいしいコーヒーを抽出してくれる方法

コーヒーメーカーがピンキリ。
「コーヒーが飲めればよい」方には、こんな感じの抽出のみのコーヒーメーカーを

1,000円くらいからありますよ♪♪

▼「エスプレッソも飲みたい!」「ラテもいれたい!」という欲張りさん向け

業務用で定価だと25万くらいします(汗)

▼「ミル付き」コーヒーメーカーもあります。

「ミル付き」だと、別に「ミル」を購入せずにすむし、スペースをとらないので便利でお得です。

Amazonで「コーヒーメーカー」一覧をみる

楽天で「コーヒーメーカー」一覧をみる

何をしたいのかをじっくり考え、お値段と相談しましょう。

4( ̄▽ ̄)σ( ̄▽ ̄)σドリップ式のコーヒーメーカーで抽出するのメリット・でメリット
お手頃価格のコーヒーメーカーを選択すれば、初期投資が少なくて済みます。
おいしいコーヒーを飲むための技術力が、さほどいりません。


5( ̄▽ ̄)σサイフォン式のコーヒーメーカーで抽出
サイフォン式は 減圧させてコーヒーのエキスを抽出いたします。
...より豆の味がでるイメージでしょうか?

Amazonで「コーヒーメーカー サイフォン」一覧をみる

楽天で「コーヒーメーカー サイフォン」一覧をみる


5( ̄▽ ̄)σ( ̄▽ ̄)σサイフォン式のコーヒーメーカーで抽出のメリット・でメリット
レトロなフォルムにうっとり(@@)
アルコールランプ式だと、手入れにちっとばかり手間がかかるみたいです。


( ̄▽ ̄)σちなみに楽天の「コーヒーメーカー」のランキングは??


以上の検討を重ねた結果、抽出方法は4( ̄▽ ̄)σドリップ式のコーヒーメーカーで抽出するに決定。

手間がかからなくて、お手軽に「おうちカフェ」気分が味わえるのですもの♪♪

[お次のコーヒーデビュー対策はこちら]
おうちコーヒーデビュー  2.コーヒーミル選択編

[おすすめのコーヒーメーカー]
おしゃれ!かっこいい!コーヒーメーカー

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1520

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このブログ記事について

このページは、keikeiakakaが2011年10月19日 10:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デロンギ(DeLonghi )オイルヒーター【口コミ・使用感】」です。

次のブログ記事は「おうちコーヒーデビュー  2.コーヒーミル選択編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

ブログランキング