企業内web担当の仕事の最近のブログ記事

今週後半は、イベントページ(たった1ページだよ)の制作にエネルギーを費やしましたヽ(ー_ー )ノ

おかげで、後回しにしていた仕事が溜まっています。
連休明けは、早めに出勤して、他の人に仕事をふりわけなくては。

「何がいけなかったのか?」を考え、今後の対策を練りましょう。

このイベントの骨子が定まらないうちに、紙担当がチラシの制作に入りました。

「紙」が先に動きだして、「WEB」がそれを参考にする、というパターンです。
しかし、この「紙担当」が新年になってから、営業から異動してきたばかりの方でして。。。

...反省点(1)動きだすときには最初から一緒にまぜてもらうことにしましょう

イベントの詳細が決まっていないのは、よくあることです。

「決まっていること(動かないこと)」「決まっていないこと(動くこと)」を整理し、
納期に間にあうように、間にあわせるためには、いつまでに何をFIXさせないといけないのかをイベント責任者に伝え、関係者と共有しなくてはいけません。

これを上手にしておかないと「決まるべきことが決まらなかったための納期遅れ」が「広告担当者の能力のなさが故の納期遅れ」になってしまいますo(><)(;><)o

もちろん業者さんにも、「いつまでに、なにが決まれば納品はいつになるのか?」の交渉をしなくてはいけません。

不慣れな紙担当は、このポイントを掴んでおらず、
お局さんには拉致され2時間こんこんと、
さらに直属の上司にも「納期の意識が甘い」と説教をされたようです。
※お局さんにも直属の上司にも問題はあるのですが...

...反省点(2)「いつまでに何が決まれば納期はいつ」をメンバーで共有しましょう。
自分を守るために、これは必須です。

人間関係を良くする17の魔法
【送料無料】人間関係を良くする17の魔法

毎年恒例!誕生日(3月9日)前の「ライフデザイン」「人生設計」について考える時期がやってきました。

自分が3月生まれであること、世間が「3月末で期が改まる」ということもあり、年に一度真剣に自分の行く末を考える時期です。

今年は来年度、本意ではない異動の内示をうけているので、進退を含めて考えます。

2009年の夏にいってきた北海道ツーリング中に思ったことは「自分はバイク乗りなんだ」ということです。

しがらみや、いらないものを手放し、素に戻り、頭と心に浮かんでくる内なる言葉に声を傾けます。
==============
例えば、雨が降ったら、天気が回復するまで待つ余裕がほしい

時間のコントロールを自分でできる生活をしたい

会社員でいることは得策ではない

脱サラをするために、何らかの収入を得る手段を見つけよう

でも、どうやって?
==============
「35歳」という節目の年を終えるにあたり「web人」になった30歳から始めたブログを読みかえすと、35歳までにひとかどの人間のなっていたかったようです。
※30歳当時の自分の傲慢さに嫌気がします※

過去のテーマを見てみると...
★29歳:準備
⇒webの仕事を「一生の仕事にしよう!」と決意。
スクールに通いはじめました。

30歳:転機
⇒新卒後7年間お世話になった会社を退職。
うまくいかない転職活動に疲労困憊しながらも、web人の一歩を歩み始める

★31歳:蓄積
⇒web担当者として、見るもの、やること全てが新鮮でスポンジのようにあらゆるものを吸収しました

★32歳:?忙しさにかまけて設定なし。充実していた!とも...
⇒「やることいっぱい!」の派遣先で、無我夢中で働いていました

★33歳:派遣卒業
⇒「自分の仕事がしたい!」と思い正社員の職を得ました。

★34歳:副収入を得ること(結果として得ていません)
⇒「人に雇われている限り、自分で決めることができる範囲は限られている」と悟り、「人様の経営する企業に雇ってもらわなくてもよいように、自分で収入源をもつこと」を志すが...

35歳:自由への模索
⇒独立計画は40歳までに延期。今の場所をキープしながら、自由への模索をしています。

そして、36歳を迎えるにあたって考えることは「自由への基盤づくり」をしよう、ということ。

34歳の時には、実現せずに終わってしまいましたが└(T_T;)┘、自由を勝ちとるためには「雇われずに収入を得る手段」をみつけなくてはなりません。

37歳を笑って迎えられるように、36歳は下積みの1年になりそうです。

Amazonで「人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る
楽天で「【送料無料】人生を変えるライフプランノート」の詳細を見る



この不景気で広告予算がざくざく減っています。
=======================
あちこちに出稿できなくなる

露出できるところはどこ?

ホームページがあるじゃない!
=======================
ってな具合で、社内の自社サイト注目度がアップします。

そうすると、いろんな発見がでてきます。

最近気がついた痛いことは、ある商品の検索に対して、ずっと間違った検索結果が表示され続けていたこと。

発端は現場監督から「○○のページで、『A』を検索しても検索結果にでてこない。何で?」ときかれたことでございます。

現場監督の話は鵜呑みにしてはいけないので( ̄◇ ̄)ゞ自分でも検索をしてみます!
確かに「A」ではでてきません。
「A」を含むカテゴリで検索すると、でてきます。
なので、データベースには存在しているのですが「A」を検索したときにひっかかってこない模様です。
実際、データを抜いてみたら入っていたし。

「?」なので、制作会社さんに調査をお願いしたところ、下記のようなお返事がきました!
=======================
弊社の検索項目リストでは「商品A」は「商品コード:999」でひっぱってくるように設定をされていますが、御社のデータベースでは「商品A」は「商品コード:000」で登録をされています。
だから、ひかっかりません!
ひっかかるようにするには商品コードを「999」にしてね。
=======================

システム君にきいてみたらね。

「今の検索システムをつくるときに商品コードを『000』にするか『999』ふたつの案があって、結局『000』にし、リストを制作会社さんに渡したんだ。だから、この検索システムをつくった2000年代前半からずっとそのままじゃないのかな?」

なんてことを言われました。

5年以上も(自分も含めて)誰ひとりとして気がつかなかったようです。

いい訳をすれば「A」はまったく売れない商品でした。
当時、たぶん誰も気にしていなかったんだと思うよ。
それがここにきて注目度が高まってきました。

そうして、今回発見された訳です( ̄ー ̄;

商品の詳細ページまでいれたら、私が担当をしているサイトは数千ページ以上にも及びます。お恥ずかしく、情けない話ですが、ひとりの担当者で把握するには限界があります。
(自分がしっかりするのは当然ですが...)

大事になる前に、善意でこっそりと通報してくれる協力者を増やさねば!と堅く決意をしました。

人間関係を良くする17の魔法
【送料無料】人間関係を良くする17の魔法


12月になり、業者さんからお歳暮がじゃんじゃん届きます。

私の後ろの席があいており、届いたお歳暮置き場になっています。
「焼きポテト」「●●ビール」など、どれもおいしそうですヽ(  ̄д ̄;)ノ

どこの業者さんから届いたのかしら?とチェックをしていると...紙媒体の制作会社さんや、大手広告代理店からばかりです。

web関係の制作会社さん、インターネット広告会社さんからはきていません。

今までの習慣(年末になったらお歳暮をおくること)を当たり前のように引継いでいる方たちと、今までの習慣を疑う習慣(お歳暮を贈る習慣は必要なのか?)がついている方達との違いなのでしょうか。

そもそも今までの習慣を知らない(年末にお歳暮を贈ることを知らない)という原因も考えられます。

「今までの習慣をあるがままに受入れている」のと、「今までの習慣を疑った上で、習慣通りにする」のと、「今までの習慣を疑い、習慣をやめる」のと、「今までの習慣を知らない」のと。

こういったことってお歳暮だけでなく、つくるもの、提案にも確実にでます。

「今までの習慣を疑うこと」をして「どうするのか?」と考え、判断できる方たちと、つきあいたいものです。

「贈り物美人」になるマナー術―冠婚葬祭・お中元・お歳暮 (オレンジページOTONA生活科マナー講座)
【送料無料】「贈り物美人」になるマナー術

| コメント(0) | トラックバック(0)

この前ね。入社してから2年半で、何度目かの会社のお引越がありました。

今までの「部署単位で台車でガラゴロお引越」という小規模のものではなく、民族大移動です。
この会社に入って初めて引越し業者さんによる引越です(〜 ̄▽ ̄)〜
...それだけで嬉しいなんて、幸せを感じる閾値がさがっております。。。

当然、お世話になっている業者さんには「事務所を移転するので請求書の宛先を変更してね」「電話番号変わるからそこんとこよろしく!」なんてお知らせします。

引越後に、ひょんなきっかけから、お客様(社外の方向け)用のエントランスにおでかけしたら「引越祝い」のお花がいっぱい並んでいます。

おおっ。胡蝶蘭がこんなにヽ( ̄ー ̄ )ノ

広告関係・web関連・サーバ関連の取引先ならおおよその取引金額を把握しております。
相当額つぎこんでいる企業さんからのお花がなかったり(汗)
取引先の「私のココロノナカ査定」に微妙な影響を与えます。

せっかく贈っていただいたお花なのですが、大半の宛先が「会社名」なので「本当に届けたい業者決定権を持つ人」には届かず、総務に届きます。

総務だって、どの会社と社内の誰が関わっているのか?なんて把握してません。
お知らせしようにも、知らせようがありません。
形式的に「お礼状」を贈るためにリスト化したあと、エントランスに置きます。

風通しの良い会社なら何かしろの形で「伝えよう」とするのですが、
うちの会社の総務にはそんな意志がないようです。

別の部署のweb担当が、ある案件の業者選定の真っ最中で。
有力候補のA社さんのお花を私が発見したので「A社さんからお花届いていたよ」
と、伝えたら
「えっ( ̄△ ̄;)」
ってな反応でした。

まったく気がついてなかったし、そもそも引越ごときで花をおくる習慣が存在することすら知らなかったようです。...私も知らなかったけど。

残念だよ。A社さん。
君たちのだしたラブレターは、思い人には届いていなかった。無念。

1枚のお礼状で利益を3倍にする方法―お礼状の皮をかぶった"営業状"
【送料無料】1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

webや、ネット業界は、新しいものが次から次へとでてくる業界なので、常にアンテナを張っておかなくてはなりません。

放っておいたって、いろんな会社が営業電話をかけてきます。
でもね。正直に言って、飛び込みで電話してくる営業さんのレベルは、ピンキリなのです。
「この人、できる!」という人もいれば「何だかな」という方もおり、玉石混合です。
今までの経験上「何だかな」な営業マンほど、一度あったあとの営業電話がしつこかったりしますヽ(ー_ー )ノ

なので、職場まできてくれる営業マンから情報収集をしようとすると、ある程度の時間のロスを覚悟しなくてはなりません。

その一方でweb制作会社さん、webコンサルティング会社さん、広告代理店がおこなっているセミナーは、一定のレベルをキープしているようです。
少なくとも、主催者のエース級がお話をしてくれます。
たいてい無料だし。まず「ハズレ」はありません。

交通費と、会場までの往復時間を考慮しても、出向く価値はあるでしょう。

管理人が営業電話を適度にあしらったり、業者さんと会わなかったりすると
「新しい情報をとりいれる気がないの?」と批難の目で見られたりもします。

でも、経験上「セミナー」にいったほうが、効率的な情報収集ができる気がします。

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―
【送料無料選択可!】マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦! (単行本・ム...


| コメント(0) | トラックバック(0)

つい最近ね。2年ほど前に去っていった上司が復活してきました。

自分にとっては、新規開発案件を途中で放りだして辞めていった方です。
今になって戻ってこられても...何だかねヽ( ̄ー ̄ )ノ

何でもあちこちに点在をしている関連会社のサイトをひとつに集めるプロジェクトのために呼び戻されたみたいです。

色々しきりたがるのですが、一度あったことは、二度あると思うので、説明するのがめんどくさいのです。

でも、上とのクッション役になったり、と、やってもらいことはあるので、上手にやっていきましょう。
ストレスだけど...。

人間関係にうんざりしたときに読む本
【送料無料】人間関係にうんざりしたときに読む本

「あの営業ツール、見ました?正気の沙汰とは思えません」メールを西地区担当者より着信しました。
そんな営業ツールを、4月に営業から異動してきたAさんが
「役員直々のご依頼なんだ♪」と言いながら作成していたのは知ってました。

メールに記載されていた格納場所にアクセスをして、営業ツールを閲覧。
「...( ̄□ ̄;)これをもって営業をする営業担当者がかわいそうだー。」
と思いました。

念のためにAさんに
「これって、広告責任者のOKとったよね」
と確認したところ
「ええ。」とのこと。

この責任者がね。
Aさんや、私の担当する事業部のことには関わらないで、別の事業部で実績を積んで「広告責任者」になった方で。

要するに、Aさんや私の担当する事業部のことは、あまりわかっていないみたいなのさ。
たぶん、ロゴチェックくらいしかしてないと思います。

責任者が口をだしてもAさん「?(  ・_) 」だろうし、フォローしようとしたら、
手取り足取り腰とリーのにならざるえないので、スルーをしているのでしょう。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
【送料無料】ノンデザイナーズ・デザインブックフルカラー新装増

勤務先で別サイト担当者が広告代理店A社に無料でミニヒューリスティック調査をしてもらっていました。

社長様がそれを見てえらく気にいりまして。
「他のサイトもやりなさい」命令がでました。

しょうがないので、私担当のサイトのもろもろをお願いしている広告代理店B社に
「A社さんが無料でやってくれたヒューリスティック調査を社長が気に入りまして。
 ●●(担当サイト名)もやれと言っています。無料でやってもらえないでしょうか?」
と頼み込んでみました。

すったもんだの交渉の上、無料で実施をしていただきました。

結果をみて、目が痛い。耳が痛い。心が痛い。

でね。モバイルの調査結果が、何を言われているのかわからないんだよね。。。

よく使う項目には「0」などをつけて、ボタンの操作でページ推移できるようにしては?

何じゃ?それ?

新卒4年目の後輩くんにきいてみたら
「例えばmixiモバイルのニュースだったら...」と、じっくり説明をしてくれました。

あー( ̄□ ̄;)。
競合他社サイトでやたら赤と黄色の絵文字数字をみかけたのは、そのせいだったのね。
「なぜ、あんなに趣味のよろしくない数字を使うんだ?」と思っていたのですが。。。

モバイルのボタンをファミコンのコントローラー(この例えが既に死語?)のようにみたて「2」が上に、「8」が下に、「4」が前のページ、「6」が次のページなど、ボタンを押すと画面が推移する仕掛けになっているようです。

そんなの初めて知りました
だって、モバイル使わないもん( ̄ー ̄)
こんな人がモバイル担当やっていたら、いけないって(汗)

早速、新卒4年目後輩くんに
「ありがとう。じゃあ、この修正依頼、制作会社にだしておいて」と
先輩の権限フル活用で丸投げいたしました。

さっさと、後輩くんにモバイル担当を譲りたいものです。

モバイル基礎テキスト 改訂版
【送料無料】モバイル基礎テキスト改訂版


最近、やんごとない方から「サイトの更新が止まっている」というご指摘を受けた。

よくよく話をきいてみると
======================
★プレスリリースが更新されていない
⇒年末に広報担当が「営業にいけ」と異動命令がでて退職をした。
それ以降、プレスリリースをしていない。
だから更新のしようもないのです

★営業が「会員登録フォームのユーザビリティが悪い」と言っている
⇒そうとう昔に開発したみたいで、現状にあっていないのは、よくわかっている( ̄Λ ̄)ゞ
でもね、それは、システム部門の担当。
基幹システムの変更と一緒に修正をする予定だったのに、
基幹システムの変更がこのご時世に延期になりました。
だから、会員登録フォームの修正も延期になりました。

★検索機能の使い勝手が悪い
⇒情報を基幹システムから引っ張ってきているので、基幹システムの変更とともに、のはずなんだが...
======================
と、社内のいろんな問題がwebサイト上に表面化してきていますヽ(ー_ー )ノ

 webサイトだけの問題ではありません。

webの更新が止まっているのは、会社がうまくいっていないから、なのです。
会社がうまくいっていると、サイトもうまくいくはずです。

って、ことは。
会社を軌道にのせないと、サイト運営もうまくいかないわけで。
どこまで、わたしはがんばればよいのでしょうか?

web担当の役割は、増すばかりです(T-T )( T-T)

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り
【送料無料】会社のことよくわからないまま社会人になった人へ

営業から異動になった方たちと計3人のメンバーでチーム広告を運用している。

2008年4月時点では、


  • 会社と広告に慣れている人=3人

  • 会社には慣れていないが、広告経験者=4人

だったのに対し
2009年5月時点では、


  • 会社と広告に慣れている人(私)=1人

  • 会社には慣れているが、広告未経験者=2名


という構成です。

そりゃ、仕事も廻らんわ(ToT )( ToT)

おふたりともよい人なのだが、大変だ。

例えば。
webや、チラシのかんたんな修正が頼めない。
ちょっとでも「html」「フォトショ」「イラレ」をいじったことのある方になら「ここをなおしてね!」で済むのだけれど、素養がないから、頼めません。

会社が求めているのは「広告経由で利益につながる人をつれてくること」であって「制作をすること」ではありません。
なので、イチからソフトの使い方を手取り足取り教えるのは違う気がします。。。

前はできる人が複数いたので、分担をすればよかったのですが、今は自分がやらざるをえません。

あとですね。
何でも電話で済まそうとしています。
「メールより電話で話す方が早い」「メールだと失礼」と思うみたい。

でもね。
あとあと「言った」「言わない」の話にならんように、エビデンスを残しておくことがこの仕事では重要なのにー。

仕事は山積みなんだけれど、言われないと「仕事がない!」と思うみたい。
で、仕事を探してくれているのはよいのですが「華やかな仕事」ばかり探しています。

もっと地味だけど、重要で効果があがる仕事が足元に転がっているのだが。

営業経験者がきたので、現場の意向がわかってよいのだが。

何かのご縁でご一緒させていただくことになったのだから、上手にやっていく方法を見つけていきましょう( ̄十 ̄)


会社の方のはからいで、あるサイト(アラサー女性なら、一度は訪問したことがあるようなサイト)の運営者の講演会にいってきました。

目から鱗が何枚も落ちまくりι(+_+)」

一番衝撃だったのが、質問コーナーでの発言。
質問:「『集客』は、どのようにされているのでしょうか?」
回答:「お金を払って、どこかに広告を出稿したことがない」
会場:「しーん(・・ ? )」

よくよくきいた内容を自分なりに整理をすると、

  • サイトオープン前から「プレページ」を作成し「今日はこんなことをしました!」などを掲載し、オープン前にファンをつくっておく。だからオープン日に5万人の会員を確保できた。
  • 会員の獲得が伸び悩んでいる時期には、他のブログサイトにブログを書いているブロガーにファンレターをだした。
  • 自動的に訪問を促すような仕組み(システム)をつくる
  • 競合他社に勝てる分野で戦う

おおっ。社内調整ができれば、かんたんにできることばかり|(−_−)|

ひとつひとつの「かんたんなこと」を、きっちりやり続けるだけで、運用がうまくいくようです。
この発想、すごくよくわかります♪

バブル世代の方たちって「どこに出稿すれば、人を集められるか?」という発想なんだよ。
本質は「人を集めるために何をするのか?」なのに「どこかの媒体に出稿をすること」が、前提になっています。

「出稿しないでも人を集めることができ、その方法を探した方がいい」
ということから、目を背け続けています。
そんなことに気づいてしまったら、広告の仕事がなくなる!ってのもあるのでしょうが。

経営者が集まるセミナーだったのでおじさまたちが多く、おじさまたちもきょとんとしていました。

ネットの専門会社がネットで成功して、既存の企業が苦戦をしているのは、このあたりの発想の展開ができないため、と思われます。。。

ソーシャルメディア進化論
【送料無料】ソーシャルメディア進化論


大手広告代理店系列web専門広告代理店の営業に会う機会がありました。
新聞にも「初の赤字」と掲載されていた会社です。

その方から、ものすごーく面白い話をききました( ̄ ̄ー ̄ ̄)V

何でも、系列web専門広告代理店から本隊の方に人材が出向し続けているようです。
系列web専門広告代理店でいくら優秀な人材をとっても、本隊にとられてしまいます。

★たぶん、こんな流れ★
企業はこの不景気で広告費を減らします。
広告媒体・メディアを精査していくようになります。
出稿料が膨大になる、CM、交通広告、紙媒体の出稿を減らします。
比較的、経費を調整しやすく、費用対効果がはっきり分析できる「ネット(PC、モバイル)」は、残します。
数値分析が求められる訳です。

が、大手広告代理店本隊にあまりノウハウはないようです
(だって、去年の時点で「CMをFLASHにしてネットにはりつけましょう!」が、メディアミックスだと思っているようなお馬鹿さんもいる世界だもん!!)
下手をしたら、ノウハウをもっているネット専門の広告代理店に大事なクライアントをとられてしまいます。

大手広告代理店が窓口になって系列会社に丸投げして、中を抜きましょう

でも、これだと大手広告代理店にノウハウが貯まらんし、マージンしか入らんよね。
赤字だし、もっと利益がほしいよね

ノウハウをもっている系列web専門会社から、人をひっぱってきましょう

系列のweb専門会社がかわいそうです(T^T)

大手広告代理店はどこまでも黒い腹( ̄ー ̄;で、悪知恵は働くようです。
したたかですよね。

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
【送料無料】Webサイト制作・運営に役立つ!ホ-ムペ-ジ担当者が最初に覚える100の基本


妹会社がお兄ちゃん会社を吸収合併をして、広告関係者も同じチームで働くことになりました。

堅実な妹会社は、広告部門の人員と経費をそうとう削っていました。
豪快なお兄ちゃん会社は、湯水のように経費を使い、人員もママイキです。

常識的に考えれば、吸収したほうの責任者が、新広告部のTOPにたつ流れです。

妹会社の広告責任者が退職をしたこともあり、お兄ちゃん会社の広告責任者だった方が、新広告部の責任者になりました。

モノゴトをすすめるにあたって新責任者が


  • お兄ちゃん会社のことに不慣れ

  • ネットに不慣れ


なため、いちいちゼロから物事を説明していますヽ(°◇° )ノヽ( °◇°)ノ

「SEO対策って?」「○○(業界用語)って?」など。

今までなら「これ、やっとくねー」という報告で済んでいたのに。
自分がやらなきゃしょうがないのですが、けっこうストレスです。

和田裕美の人に好かれる話し方 (だいわ文庫)
【送料無料】和田裕美の人に好かれる話し方


ここ数日、お兄ちゃん会社担当の姐さんズ(複数いるのよ)が業者さんから大量にお菓子をいただいてました。

  • 大量にケーキの入っていそうなコー○ーコーナーの箱
  • 高そうな菓子折り
  • 和菓子の包み、など

横目でじぃーと見ておりましたが(  ¨)( ‥)( ..)、気になり、素直に「どうして、そんなに業者さんからお菓子をもらってるのですか?」ときいてみたところ
「だってバレンタインに投資したもーんv( ̄ー ̄)v」
という満面の笑みつきのご回答。

あー。だからか。

業者さんに「いつもお世話になっています」とか、かんとか言って、リーズナブルな(もらって嬉しいレベルの)プレゼントをバレンタインに渡します。

業者さんは、恐縮しつつも受取り、ホワイトデーにはそれ相応のプレゼントを返さなくてはならない訳です。

その結果が「一粒163円(姐さんが、お菓子屋さんのwebサイトを見て、価格を計算してました)する塩キャラメルの詰め合わせ」だったり、「気のきいた和菓子屋さんのおまんじゅう」だったりします。

回収率は100%だったとか。

ちなみに姐さんが「社内には土曜だし、おくらなくてもいいよね」
という言い訳つきメールで、(会社が合併する前の広告)女性メンバーに出資を募ったようです。

合併前に、この企画が立ち上がってしまい、出資できなかったことが悔やまれます。
(ちゃっかり、おこぼれはいただいたのですが)

姐さんズのこういう部分は見習わなくては、と思いました。

Amazonで「「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに――生きづらさを考える (岩波ブックレット)」の詳細を見る
楽天で「 「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに 生きづらさを考える (岩波ブックレット) (単...」の詳細を見る



keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業内web担当の仕事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはライフデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログランキング