生きるための条件がすごく高くなっていますし、普通に働いて生きることもなかなか難しくなっていますので、息苦しい働き方と社会との関連や「生きさせろ」という運動について書いたりしています。(引用)

主に若者に置かれている「ワーキングプア問題」「ネットカフェ難民」「貧困問題」の第一人者である 雨宮処凛さんと、精神医学者である香山リカさんとの対談集です。

このふたりが話すとなると、やはり「若者の置かれているきつい環境」の話になります。

現在、若者が置かれている状況を、権力をもつ方たちが理解していないことが問題なのでしょう。

今の日本の会社やお役所で決定権をもっているのは
「団塊世代」や「バブル世代」なのではないでしょうか?

「団塊世代」「バブル世代」の方たちは、人生追い風で生きてきました。
「今度のボーナスで、カラーテレビを買おう」「クリスマスは、赤プリで」など
目にみえて生活がよくなっていく、というのを体験できた世代です。

確かに本人たちも「24時間戦えますか?」と言われれば「YES」と言って
バリバリがんばっていたのだとは思います。

そして、成果をあげて、今の地位をえました。

自分たちが、がんばってきたからこそ、若者にたいしても
「がんばれば、いいことがある」「何とかならないのは努力が足りないから」
という態度で接してしまうのでしょう。

例えば「1」の努力でなし得たことに、「5」の努力が必要な状況になっています。
ウルトラ強力な逆風の中、1メートル進むのがどれだけたいへんか。

私の姉は、1971年生まれの専門卒です。
「ビジネススクール」という専門学校に通っていたので、さほど、専門性を身につけた訳でもなさそうです。
その姉は、楽々就職を決めました。

その5年後に就職活動をした私は、1974年早生まれ一浪した4大卒です。

当時の姉の実力と、当時の自分の実力を比べようはありません。

ただ、専門卒の姉が楽々就職決めたのに、
浪人してそれなりの4大にいった努力は何だったんだ!
たった5年しか違わないのにー、というやりきれない思いを覚えています。
(学歴で、スキル・人間性が決まる訳ではありませんが。)

雨宮処凛さんのおしゃっている
「普通に働いて生きることもなかなか難しくなっています」ということは
こういった「普通に働く」の入り口にある「就職」にも表れています。

さらに当時より景気が悪くなっているので、今の若者の置かれている状況はいかほどのものか。

権力者よ。
あなたたちが「1」の努力で得たものを、今の若者は「1」では得ることができません。
同じくらいのものを得るために「5」くらいの努力をしています。

早く、自分たちの成果の「追い風参考記録」っぷりに気づけ。そして行動しろ。
そう思いました。

Amazonで「対談 生き抜くこと」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】生き抜くこと」の詳細をみる


▼雨宮処凛さんの本


ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

| コメント(0) | トラックバック(0)
僕はいま、あなたと向き合っている。
婚活サイトで出会った中国の官僚氏だってそう言っている。 ナンパメールの中だけではなく、普段の付き合いの中でそう言い合える相手を増やすこと。我々の身近な範囲内において中国と付き合いの中でそう言い合える相手を増やすこと。我々の身近な範囲内において中国と付き合う際には、これこそが重要ではないかと思うのである。(以上、引用)

ここのところ、身近に中国人が増えている気がします。

街ゆくグループの会話が中国語、コンビニや、ファミレス、ファーストフードの店員さんが中国人だったりします。

また、日本一周の旅をしたさいに、観光地や、ゲストハウスで中国人たちと出会いました。

観光地の表記が「日本語」「英語」に加えて、「中国語」の表記もあり、
「日本にくる中国人が増えたんだー」と思ったり、
「観光地で写真を撮ろう!」とカメラを構え、人がいないくなるのを待っていると、
中国人のグループが雪崩れこんできたり(汗)

そして、最近の「お騒がせ事件」の数々があったりと。

とにかく「中国人のことをもっと知りたい!」と思いました。

そして手に取ったのが、この「中国人のリアル~恋愛事情から、お騒がせ大国を「ゆるく」論じてみた」です。

1982年生まれの男性著者が、婚活サイトに登録をして中国人女性の結婚観を探ったり、
中国で放映されているドラマから、戦後の男女関係の変化を論じたり、
中国のQAサイトの質問、回答から恋愛観をよみとったり、
果てはネカマ(男性がネット上で女性になること)になって、婚活サイトで婚活をしたりします。

でてくる中国人の方の事例に「うんうん。わかる」と、共感したり
共感できないまでも「こういう人っているよねー」と、納得できたりします。

つまり、自分の理解の範疇にいるということ。
「中国人だからどうこう」というより、同じ人間として共感したり、納得できます。

こういう方たちの集団が「困ったちゃん」の国になっていることが不思議です(汗)

そしていきついた真実が、著者がネカマになって、
中国人男性からいただいたナンパメールに書かれていた
「僕はいま、あなたと向き合っている」なんですよ(苦笑)

国同士のさまざまないきさつはあるけれど
いま、ぼくはあなたとむきあっている、それでいいじゃないか、と。

いろんな背景はあっても、人間同士のつきあいじゃないか、と

はい。それでよいでしょう。
ほんとうに大切なことは、下世話なものからみつかりました。

Amazonで「中国人のリアル~恋愛事情から、お騒がせ大国を「ゆるく」論じてみた
」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】中国人のリアル」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
背負い投げで教えてもらったのは基本だけだった。その基本を学びながら練習の中で繰り返し自らのオリジナルを作っていく。自分の体型や特徴にあった背負い投げである。(引用)
アトランタ、シドニー、アテネと3回のオリンピックで金メダルをとった柔道家:野村忠宏選手。

男子柔道60キロ級で活躍をし、好きな選手なので、著書を読みました。

読み終えた感想は「野村忠宏選手は『努力の人』だったんだ!」でした。

記憶が正しければ、アテネオリンピックで金メダルをとったあと、
控え室にひきあげるさいに、女性タレントにマイクを向けられ、
「あれ?吉田(秀彦)先輩は?」とあっけらかんと、しておりました。

「3回連続オリンピックで金メダル獲得」という前人未到の偉業を成し終えたあとなのに
「ひと汗かいてきました!」というような「何でもなさっぷり」に、みているがびっくりしました。

きっと「3歳から柔道をはじめ、ずっと日のあたる道を歩んできたのでしょう」と思っていたら
高校の頃までは、カラダも小さくさほど目立つ選手ではなかったようです。

引用させてもらったように、ひたすら練習を繰り返し、カラダにしみ込ませること19年。
「自らのオリジナルの背負い投げ」ができるようになったようで、
アトランタオリンピックで金メダルを獲得します。

19年かー。そんなに時間がかかるんだー。
そこまで努力をし続けたことが凄いです。

「オリジナル」は、人に教えてもらうものではなく、
くり返し、反復して、カラダに基本を覚え込ませることで体得をし、
自分でみつけるしか、ないんですよね、結局

時間をかけて獲得したものは、そうカンタンには崩れないみたいで
35歳を超えた今でも一線の選手であり続けています。

自分もweb人として「オリジナル」になります。

Amazonで「折れない心 」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】折れない心」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)



でもオレたちは日本帝国のために働いているって思えばな...

森本さんの星火(こころ)は労働者の勇気になったんだ

会社は一文銭も与えずに淺川を捨てー...(ざまぁみろだが)「ちくしょうダマされた」と淺川は叫んだらしい


「プロレタリア文学の代表作」と「歴史」で習って以来気になっていた「蟹工船」。
小樽旅行のさいに「小樽ゆかりの作家」として、原作者:小林多喜二氏が紹介されていた縁もあり、まんがになっている「蟹工船」を読むことにしました。

この小説(マンガ)には、資本家、現場監督、軍隊、労働者、お金持ち、貧乏人といろんな立場の人間がでてきます。

労働者同士が、些細なことで敵対をしたり。
現場監督が、労働者のことを搾取の対象としかみていなかったり。
資本家が、現場監督や、労働者のことを利益を生みだすものとみていたり。
資本家は、労働者が「組織化」「団結」するのを恐れていたり。
労働者が置かれている劣悪な環境に、あきらめていたり。

いろんな状況がありますが、根本的な問題点は
異なる立場の人間に対して
「一緒に生きていく仲間」という認識が欠落していたり、
より多くの利益を生むために
「気づかなかったこと」にしていたりすることなんだと思う。

資本家がいるからこそ「蟹工船」という船が出港でき、
(劣悪な労働環境ですが...)雇用が生まれます。

現場で働く人間がいるからこそ、「現場監督」という仕事が生まれ、
資本家も利益を得ることができるわけです。

資本家は、そいういった仕組みを理解しています。
しかし、労働者たちが、団結して労働環境の改善を要求してくると面倒です。

「現場監督」を間に挟むことで、「軍事力」を準備することで、まるく治めようとします。

労働者は、「お国のために働いている」と自分にいいきかせながらも
「現場監督」に怒りの矛先を向けます。

ストライキのあと、資本家は「現場監督」をクビにして、
労働者の矛先が自分に向けられないことに成功します。

こう考えると、やってきたことは極悪非道ですが、
中間管理職の現場監督:淺川がかわいそうな人間に思えてきました。

資本家は、彼ひとりを犠牲にすることで、
多くの労働者を「蟹工船」にとどめることに成功しました。

これで、資本家が労働者を「仲間」とみなすようになってくれればいいのですが
「労働者がいなくなると困る」と思ってはいても
「仲間」とはみなしていない気もします。

新たな淺川(もうちょいソフトな方法で、労働者と資本家の間に入る人)を
どこかからか調達してきて、中間管理職をさせるのでしょうね。

そうやって、労働者が、ちょっとすつ資本家から「分け前」を勝ち取って
現在にいたります。

ただ「ワーキングプア」とよばれる方たちがでてきたりで、
「資本家」「労働者」の間の関係が複雑に、巧妙になってきて
「労働者」に多くが渡らないシステムができてきている気がします。

立場は違っても「みんな一緒に生きていく仲間」という意識が
根付くことを願ってやみません。

Amazonで「蟹工船 (まんがで読破)」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】蟹工船」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
雀鬼会を始めた頃、私のもとに集まってくる若者たちはみな「勝つ」麻雀を目指していた。
勝ちだけを欲する若者たちの麻雀は、現代社会の有り様を見事に反映していた。どの道場生も「得る」一辺倒で「捨てる」ことをしない。
麻雀の上手い、下手というレベルの違いがあっても、彼らの麻雀の本質はみな同じだった。
麻雀に強くなるのも、修羅場に強くなるのも、人間として強くなるのも本質的には同じである
以上、引用
麻雀の裏プロ界で20年間無敗を続け「雀鬼」とよばれた桜井章一氏が「修羅場」について語っている本です。

例えば、「ゲームの攻略本」が存在するでしょ?
この場面にきたら、このボタンを押すと、武器がGETでき、その武器を次の画面で使うとクリアできます、というようなことが書いてある本です。

仮に「ゲームの攻略本」の「人生版」があったとして、そうものを求めているなら「修羅場が人を磨く (宝島社新書)」は違います。

麻雀に強くなる≒修羅場に強くなる≒人間が強くなる、というようなことをおっしゃっています。

「勝つための麻雀」を「恋愛を成就させるためのダイエット」に例えると、さらにわかりやすくて。

恋愛を成就させるために、女性誌の記事を熟読し
ファンデーションは○○を使って、お洋服は△△(ブランド名)をきて、□■(高級ブランド)の時計をつけました。
素敵なレストランに行って、すすめられたお料理を注文して、教えられたままの仕草をして...。

それでその場は凌げるのかも知れませんが、
「恋愛を成就させるため」にやっていることなので、
本当の意味で素敵な人間になっていません。

遠くから見たらよいのでしょうが、至近距離でみると、
おバカで、おデブで、肌がきれいじゃないから、ちっとも素敵にみえません!と言う感じかしら?

本当に素敵な人間になるためには
栄養をとって、水分補給をして、睡眠時間を確保して、へんてなことは食べないで、適度な運動をして、教養を身につけ...という生活を毎日継続していく必要があります。

でも、それはたいそう大変なことで。そんな大変なことはしたくないわけで。
だから「攻略本」「裏技」が求められるわけです。

桜井章一氏をはじめ、「スゴい諸先輩」の本を読ませていただき、気がついたのが、
「人生の攻略本」「人生の裏技」なんてものはない、「神本」は存在しない、ということです。

ある考えに基づいて、日々地道な努力をするしかないのだな、と。

だとすると、「修羅場が人を磨く」のではなくて
「日常が人を磨く。磨き続けると、修羅場がきても瞬時に決断できるようになる」
が、この本の正しいタイトルなのかもしれません。

★楽天で「【送料無料】修羅場が人を磨く」の詳細をみる
★Amazonで「修羅場が人を磨く (宝島社新書)」の詳細をみる


桜井章一氏の本を読んだ感想

修羅場が人を磨く人を見抜く技術決断なんて「1秒」あればいい


▼桜井章一氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

どうして若者たちは、自分だけのカラにとじこもりたがるのだろうか。
友だちをたくさんつくって、仲間と酒を飲んで、バカをやっていれば、将来大成できる
天才バカボン」「おそ松くん」などの作品で知られる漫画家:赤塚不二夫氏のエッセイ。

1996年に刊行された『赤塚不二夫のハチャメチャ哲学―若者よ、なぜそんなにチマチマと生きているのですか』と、1988年に刊行された『男の哲学』を再編集した作品です。

赤塚本は何冊か読んでいるのですが、上記の本は読んだことがありませんでした。
なので、はじめて読む内容です。

赤塚不二夫氏が「お酒の場」でいかに多くのことを学んできたか、
また「お酒の場」で教えを受けるための姿勢が、話し言葉で書かれています。

一時期「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」という本が流行りましたが、
赤塚不二夫氏の場合は、「人生に必要な知恵はすべて『お酒の場』で学んだ」のでしょう。

「砂場」にしても、「お酒の場」にしても、
大成する方は、何かを吸収できる「場」をもっている気がします。

若者でも、大人でも、誰でも、自分なりの物差しをもっています。
人によって多少違いはありますが、30cm定規程度のものです。

世の中には、丸いものや、立体のものもあるので、
30cm定規で世の中を計ろうとしても、計れる訳がありません。

30cm定規で測定できないものは、世界には「なかったもの」にしてしまうと、
成長しません。

「自分のものさしを大切にすること」に重きを置くと、
「自分のカラ」に閉じこもった状態です。

ただ、バカをやると、30cm定規のバカバカしさに気がつきます。
「何をこだわっていたんだ!」と。
こうして、世界が広がって、成長をして、やがては、大成するかもしれません。。。

「バカをやれる場」として、「お酒の場」を赤塚氏は推奨をしています。

「自分だけのカラを捨てるのだ。お酒の場にでるのだ」

ビールを飲みながら、この本読んでいたら、
居酒屋で赤塚不二夫氏に話しかけられているかのような錯覚に陥りました(汗)

★Amazonで「酒とバカの日々 ― 赤塚不二夫的生き方のススメ」の詳細をみる
★楽天で「【送料無料】酒とバカの日々」の詳細をみる

赤塚不二夫氏の作品・著作一覧


▼赤塚不二夫氏関連の本


赤塚不二夫の電子ブック一覧
天才バカボンもーれつア太郎おそ松くんギャグゲリラ
ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

夫の手紙:最後に。君は出逢った頃より小皺は増えたかもしれない。出会った頃より太ったかもしれない。でも、君のままの君が、若い頃の君よりも美しく、魅力的だよ」
夫の手紙を読んだ妻:「若さ」を追い求めていたのは、あなただけじゃない
(以上、引用)

カリスマ」では宗教団体、「黒い太陽」ではウォータービジネスを通して、人間の黒い部分、どうしょうもない愚かさ、愛おしさなどを書いた新堂冬樹が、アンチエイジングをテーマに書いた作品です。

「歳を重ねていくのは、素敵なことだ」と思っている自分にとっては、
「アンチエイジング」という言葉自体、ピンとこないのですよね。

それでもあの新堂冬樹がテーマにしたのだから...と読んでみました。

「若さ」と「美」への執着が、悲劇を生むというコメディです。
極端なカタチで表現されているので「そこまでやるか?」と笑えます。

ただ、デフォルメされている中に、自分の一部が垣間みれて「ドキッ」とします。
(お世辞だとわかっていながら、褒められると嬉しい、など)

落としどころは「若さや美より大切なものがある」なのですが、
ここまでこなきゃわからないのかしら?とも思います。

「若さを失っていくのが怖い」という方が読むと、
「アンチエイジング」に執着する愚かさがわかるでしょう。

★楽天で「【送料無料】アンチエイジング」の詳細をみる
★Amazonで「アンチエイジング」の詳細をみる

新堂冬樹氏の本を読んだ感想

君が悪いアンチエイジング


▼新堂冬樹氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

「勝ったなんて思っちゃいない。だがあんたは負けた。犯罪にじゃない、自分の強欲に負けだんだ」
「誓っていおう。私利私欲ではなかった。...」
「犯罪を取締るシステムの限界。それを打ち破れる唯一の組織がブラックチェンバーだった。それを君は崩壊させた。その罪は重い。たとえ何万人という人間を、きたるべき新型インフルエンザかの流行からわずかの間、救ったとしてもだ」(以上、引用)

あらすじは...
警察官だった河合は、仕事上のトラブルからロシアのマフィアに殺されそうになりました。
河合が警察の取締、捜査に限界を感じていたところ、「ブラックチェンバー」という超国家犯罪取締集団からスカウト受けます。

警察が手をこまねいている犯罪者を、取締り、犯罪者のブラックマネーを取り上げ、活動資金にする、という活動をしています。

ブラックチェンバーが魅力的に思え、スカウトを受けることにした河合ですが、
だんだんとブラックチェンバーが拝金主義のように思えてきて
「正義と強欲」の間で葛藤が始まります。
(以上、あらすじ)

「大の虫を生かすために、小の虫を殺す」
「大の虫をいかすためには、組織保持が最優先課題になる」というようなことは、
どこの世界でもよくあることです。

例えば「子育てをしやすい世の中に。」という正義を実現するために
「保育所をいっぱいつくりましょう」という施策を実施しようとする訳です。

正義を実現したくとも、使えるお金には限界があるので
「子育て世代」という「大の虫」を生かすためには、
「年金」「若者の雇用安定」などの「小の虫」をみなかったことにせざるえません。

また、正義を実現するためには、他のことを優先したい方たちを
説得して、納得させ、協力をしてもらう必要があります。

あれこれ話しても埒があかなければ、
言うことをきいてもらうしかありません

そういった「力」を「権力」と言います。

正義を実現するためには「権力」が必要で、
「権力を保持する」ためには、協力者を確保しなくてはならず、
その一番かんたんな方法が「組織の保持」になるのでしょう。

他の人からみると「自分かわいさのために、そんなに組織を保持したいの?」なのですが、
本人は大真面目に「正義のため」と思っていたりするから面白い。

これは、ブラックチェンバーだけではなく、
政治や、企業活動でも日常的に起こってますね(苦笑)

どこの世界でも起こりうる「正義と強欲」のバランスの取り方。
それを極端なカタチで、わかりやすく、大沢流のハードボイルドで書いている大人の寓話です。

★Amazonで「ブラックチェンバー」の詳細をみる
★楽天で「【送料無料】ブラックチェンバー」の詳細をみる


大沢在昌氏の本を読んだ感想

新宿鮫Ⅹ 絆回廊ブラックチェンバー


▼大沢在昌氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

もし君が優柔不断で、なかなか自分できめられないとしたら、頭で考えることをとにかくやめることだ。
いちいち頭で考えるから「このあと、こうなったらどうしよう」とか「余計なトラブルに巻き込まれたらどうしよう」と思ってしまうのだ。
考えることをせず、ただ感じていれば、きっと君の体は自然に動き出すだろう。
この本を読んで、君に「感じる力」がついたとしたら、それは「決断力」がついたのと同じことなのだ。(以上、引用)
麻雀(マージャン)で20年間無敗の、伝説の雀鬼:桜井章一さんの著書です。

「考える」のではなく「感じる」。そうすると「自然に体が動きだす」というのはわかります。

ここのところ、バイクで長旅をしており、天気が大変気になりました。

大雨が降りそうなら、先を急がず、バイクに乗らずに周辺観光を、にわか雨が降るなら、すすみましょう、台風来るなら、こっちいこかな、など、天気によって走行距離、目的地が異なってきます。

最初のうちは、天気予報をみて、
出発地や目的地の晴れマークや、雨マークに一喜一憂をしていました。

旅を続けるうちに、自然と空と空気を五官で感じるようになりました。

「この雲と、空気、雨が降ります(ぽつぽつきました)。ひどい雨になりそうです」

雨宿りできる場所を、自然と捜索

発見!(こういう時のめざとさは、超一流)バイクを停めて、一休みしてます

とまあ、感じて、自然と体が動くようになりました。
走っている最中に、天気予報をみて、考える、なんてコトはまったくしません。

そして「天気予報」にふりまわされていた自分に気がつきました。
天気予報は、何も、今私のいる場所の雲や空気を実際にみている訳ではありません。

それなのに、目の前の雲の動きや、空気感を感じないで、
天気予報をスマフォで見て、今後の動きを決めるのってヘンテコですよね。

自分も、かってはそういうおかしなことをしていたのですが。

痛い目にあったり、紆余曲折の上
感じて、勝手にカラダが動くようになりました。

勝手にカラダが動いたこと=(結果として)決断をしたこと、になるので
引用のように

君に「感じる力」がついたとしたら、それは「決断力」がついたのと同じことなのだ。

なのでしょう。

旅のコース決めだけなく、人生の決断も「感じてカラダが動くように」なりたいものです。

★Amazonで「決断なんて「1秒」あればいい 」の詳細をみる
★楽天で「【送料無料】決断なんて「1秒」あればいい」の詳細をみる

桜井章一氏の本を読んだ感想

修羅場が人を磨く人を見抜く技術決断なんて「1秒」あればいい


▼桜井章一氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

我々が低賃金労働者として社会に放り出されてから、もう10年以上たった。それなのに社会は我々に何も救いの手を差し出さないどころか、GDPを押し下げるだの、やる気がないだのと、罵倒を続けている。平和が続けば、このような不平等が一生続くのか。そうした閉塞状態を打破し、流動性を産み出してくれるかもしれない何かー。その可能性のひとつが戦争である。
「31歳フリーター、希望は戦争」の発言で話題になった赤木智弘さんの著作。 世間の過剰飯能が気になっていたので、著作を読みました。

「ワーキングプア」と称される方たちの中にも
「ふつうに生活するチャンスを与えられてきたが、リストラされた中高年」と
「最初の職業につくチャンスすら与えられなかったポストバブル世代」とがいること。

ポストバブル世代の中には、最初に職業につくチャンスがなかったので、
スキルを身につける機会がなく、低賃金労働を続けざるえない方もいること。

逆転の機会がなく、低賃金労働を一生続けざるえないなら、
流動性が生まれるであろう何かー例えば戦争を望まざるえないこと、などが
わかりやすい日本語で書かれています。

「若者を見殺しにする国」を読むと「希望は戦争」に対する著名人たちの反応が
いかに的外れだったか、よくわかります。

右肩上がりの世の中でがんばってきた世代からすると、
フリーターいう人種は「努力の足りないひとたち」に映るのかもしれません。

私が思うに今の若者にないのは「努力をするチャンス」の気がします。

「努力をするチャンス」を若者に与えられるのは、
「チャンスを与えてもらったことでスキルを取得することができた」大人たちです。

「若者を見殺しにする国」は、
「チャンスを与えてもらったことでスキルを取得することができた」大人たちにこそ
読んでもらいたいです。

そして、若者に「努力をするチャンス」を与えられる大人になってもらいたいです。

★楽天で「【送料無料】若者を見殺しにする国」の詳細をみる
★Amazonで「若者を見殺しにする国 」の詳細をみる

アーカイブ