ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > スゴイ人からパワーをもらう > 闘龍門大百科―ULTIMO DRAGON GYM公認 【本の感想・レビュー】

闘龍門大百科―ULTIMO DRAGON GYM公認 【本の感想・レビュー】

夢を諦めなければ、鞄持ちからでもレスラーになれます!


新卒入社をして7年勤めた会社を辞める決意はしたものの、慣習で3月末でしか退社できないので、辞める会社の業務はこなしつつ「次への準備期間」にせざるえなかった29歳の冬にこの本を読みました。

日本では「体が小さい」という理由でプロレスラーになれなかった→夢を捨てきれずメキシコに単身でわたる→デビュー→日本・アメリカ・メキシコの3国を股にかける世界的なプロレスラー「ウルティモ・ドラゴン」になる。
そんなドラゴンが校長を務めるプロレスラー養成スクール:闘龍門の公式ガイドです。
闘龍門は「夢を諦めずにレスラーになった」ドラゴン氏の生き方をそのまま表現した組織。
だから、そこに集まるレスラー(とその玉子たち)もリングに立つ夢を捨てきれず、この場を選んだものが多い。

その中の7選手のリングに立つまでが「ロード・トゥ・ザ闘龍門」として掲載されてます。
マグナムTOKYOがサラリーマンからレスラーになった話に勇気をもらいました。
だって、同じ練馬区出身だもん!
25歳のサラリーマンがメキシコに渡って、レスラーになるより、30歳のサラリーウーマンが、web業界に転職する方が現実的な気がするでしょ?

7選手の話を読んで「夢を諦めなければ、web業界にデビューできる」という気になりました。
転職活動中にも、凹むと読み返し「夢は諦めなければ、叶う」と呪文のように唱えてました。
転職活動中に私を支えてくれた一冊です♪

★Amazon:闘龍門大百科―ULTIMO DRAGON GYM公認
ライフデザイン・人生設計の力になった本

▼闘龍門の本やDVD

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1000

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ