ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > スゴイ人からパワーをもらう > ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」【本の感想・レビュー】

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」【本の感想・レビュー】



堀江:上の世代でも若い世代でも、環境に順応できず新しいツールに馴染めないで、人とのつながりをつくれないのは同じだよ。


元2ちゃんねる管理人のひろゆきと、元ライブドア社長のホリエモンがニッポンの『ヘン』について語っている本です。

面白かったのが「ケータイ」について話している部分で。
ホリエモンが「俺、携帯ジャンキー」と話しているのに対して、ひろゆきが「俺、面倒くさいんで、携帯でWEBまったくやらないし、携帯のメールもやらない」と言っている点。

管理人は「携帯で電話、WEBはめったにしません。メールはたまにします」です。

そもそも電話が嫌いなので、メールの普及で「人と電話で話さなくても、飲みにいく約束ができちゃう!」というのが、ネットの素晴らしさを最初に実感したエピソードでして。

ケータイが「電話」として普及しはじめたときも「四六時中、いつでも追いかけられている感が嫌」と言って、長い間持ちませんでした。

転職活動を機に、ケータイを購入。
ケータイにカメラがついたのですが、QRコードがついてません!と言う時期に購入したものをいまだに使っています。

ハレ吉くんと旅にでて、知り合った人とケータイの電話番号、メアドを交換しましょう!となったときに「赤外線通信機能」なるものがあることに、気がつきました。

管理人のケータイにはそんな機能がついていないので、ひとと仲良くなる機会を逃す訳です(涙)。

基本的に、電話もでないので(だって、面倒くさいもん!)、お友達候補がしぼられていきます。

で、メールのやりとりをする方が残っていきます。

確かに、取り残されている感はあるのですが「新しいツールに順応しないことで、自分にあうコミュニケーション方法を選ぶ」ということをしています。

ってなことを、この本を読んで考えました。

★Amazon「ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」
★楽天「ホリエモン×ひろゆき語りつくした本音の12時間「なんかヘンだよね...」

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

ひろゆきさんの著書・作品一覧


▼西村博之氏(ひろゆき)の著作


ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/963

真実はひとつである。しかし、曖昧なことも多い。解釈次第で世の中どのようにでも変... 続きを読む

東大をやめるときも、頭では卒業する必要はないとわかっていても、そこには結構な勇... 続きを読む

お金がないときはやれることに限界があるけど、お金があればやれることがどんどん... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ