ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > スゴイ人からパワーをもらう > 夢をかなえる「打ち出の小槌」 堀江貴文【本の感想・レビュー】

夢をかなえる「打ち出の小槌」 堀江貴文【本の感想・レビュー】



東大をやめるときも、頭では卒業する必要はないとわかっていても、そこには結構な勇気が必要だった。「東大は卒業しとかなきゃいけないのかな」と、東大が夢にでてきたりもした。


刺激的な報道をされがちなホリエモンの著作です。

こういうことって、ありがちです。
「ある努力を途中で放棄すること」に対しての「もったいない感」「挫折感」「恐怖感」はそうとうのものです。

小さいときから「途中でなげだすな!」という教育を(ある意味正しい)受けてきているせいもあるでしょう。

でもさ。
両手で抱えられるものの重さは限られています。
さほど価値の感じていないものに固執をしていれば「これ」というものが見つかっても手に取ることはできません。

何かを掴むことの前提は、何かを捨てること。

捨てるための勇気を持ち続けるためには、発想の転換が必要で。
そのきっかけに、自分の中の「打ち出の小槌」に気づき、「えいやっ!」とふりましょう。

★Amazon:夢をかなえる「打ち出の小槌」
★楽天:夢をかなえる「打ち出の小槌」

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

| コメント(0) | トラックバック(1)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/953

お金がないときはやれることに限界があるけど、お金があればやれることがどんどん... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ