ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 経験から学ぶ > 銀座クラブは女の大学 蝶々【本の感想・レビュー】

銀座クラブは女の大学 蝶々【本の感想・レビュー】

普段の"思いや考え方"は、表情筋にダイレクトに作用して、結果、その人の地顔をつくるんです。

物見遊山気分で銀座に入り「銀座は好きです、合っていると思います。でも、昼の仕事と生活が一番です!」を最後まで貫き続け、銀座をあがった蝶々さんが、銀座からいただいたもの、学んだことを披露しています。

蝶々さんがおっしゃっていることと同様のことを「カラダづくり」のプロから聞いたことがあります。

「その人の肉体は、その人のライフスタイルの鏡である」と。

考えてみれば、顔も、カラダも一日にして「今ある姿」になったのではありません。
意識するにせよ、しないにせよ、毎日少しずつの生活習慣、いただいたもの、時間の過ごし方を蓄積して「今ある姿」になっています。

だから「顔」や「肉体」の「今ある姿」は、その人の全てであり「顔」「肉体」の「今ある姿」を見れば、その人がどんなヒトであるかがわかる、と。

化粧だとか、もっているものだとか、言っていることだとか。
表面的には何とでも取り繕えるものに振り回されないで、取り繕いようのない本質的なものをみていきましょう!と。

蝶々さんが銀座で得たものはひと言で言ってしまえば「本物って何?」なんだと思う。

「本物を見極めるコツ」を「銀座クラブは女の大学」から学びましょう。

★Amazon.jp:銀座クラブは女の大学
★楽天ブックス:銀座クラブは女の大学 (小学館101新書 53)
★管理人の心に響いた本の感想・レビュー

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/957

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ