ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > 未来の想い出 藤子・F・不二雄【本の感想・レビュー】

未来の想い出 藤子・F・不二雄【本の感想・レビュー】

編集者:先生。すっかりコツをのみこまれたようですな。
納屋:そーなの!おかげさんでね。1ぺーじかいてはなやんでいた昔の自分がばかみたい。
編集者:先生には、コツなんておぼえてほしくなかったな。
納屋:どういう意味?
編集者:コツでかくってことは、パターンかするってことですよ。いつまでもなやみながらかいてほしかった。


「ドラえもん」が代表作の「藤子・F・不二雄」の大人のための寓話。 同じタイトルで、設定を多少変えて映画化されました。

と、ある漫画家が、運命のいたずらで、前世の記憶をもったまま生きなおす物語です。

出版社のゴルフコンペでホールインワンをだし、死んでしまい、上京をした時に「生まれかわる」ところから物語は始まります。

この「生まれ変わり」は、人気に胡座をかいているうちに、人気がなくなってしまいました。でもこの「生まれ変わり」の際に、自分が何度も「生まれ変わっている」と漫画家が気づきます。

そして、記憶をもったままあの上京をした日に「生まれ変わり」奢らず、コツコツと漫画を描き、運命を変えていきます。

ふつうの人は「生まれ変わり」なんてできません。 「あのときああしていれば...」と思ってもどうしょうもありません。

しかし、他の人から学んでいく方法はあります。

「人のふり見て我がふりなおそう!」という教訓をえました!

Amazon:未来の想い出 (Big comics special)

管理人の心に響いた本の感想・レビュー・書評


トラックバック(4)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/928

「お父ちゃんの漫画には未来がない。手塚漫画には未来がある」って言っちゃったん... 続きを読む

そもそもイヌというのは手をがぶがぶ噛み、家中でウンコやおしっこをする生き物なの... 続きを読む

人ってかわればかわるものねえ ねえママ なんでもじまんする人はばかだよね! バ... 続きを読む

狂った元首の下でまともな部下はやって行けんし、まともな元首の下で狂った部下はつ... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ