ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > クリエイティブワークを深める > ナガオカケンメイの考え ナガオカケンメイ【本の感想・レビュー】

ナガオカケンメイの考え ナガオカケンメイ【本の感想・レビュー】


「任せる」ということは、「本来自分(上司)がやることだけれど、やってみてほしい」ということ。それが「意味がある『任せる』」であれば、上司としては「何かを試している」「何か目的があってチャンスを与えている」ということになる。つまり、「自分の好きにやっている」という側面はありながら、上司は「自分の方法論ではない、この部下の方法論でどうものを進めるのか」ということを見たいのだ。
つまりここでのポイントは2つある。ひとつは「期待している着地点がしっかり理解されている」ということ。そして、もうひとつは「自分の方法論で見えやすく進める」ということだと思った。




店舗をもつデザイナー:ナガオカケンメイ氏のブログを本にまとめたものです。

ナガオカケンメイ氏の「会社の経営者」視点が、一般企業のweb担当者として働く私の大変参考になります。

たいてい上司となる人が「webのこと」「会社のこと」をあまり理解していません。
なので「これはこうでよいのでしょうか?」と、お伺いをたてにいくと「任せる」と言われることが多いです。

「任されたのね!」と、たんたんとすすめていくと「報告がない。」「頼んだこと(指示してないじゃん!)と違う」と言われたりします。ぶうヽ( ̄ー ̄ )ノ

「何だよー。まかせるって言ったんじゃん!!」と思ったりもしたのですが、私にはナガオカ氏のいう「着地点を理解する」「見えやすい方法ですすめる」ができていなかったようです。。。

「クリエイティブ職を管理する上司は部下のことをこうみてるのね」が分かり、組織の中の振る舞いの参考になりいます。ハイ

Amazon:ナガオカケンメイの考え
楽天:【送料無料】ナガオカケンメイの考え

ナガオカケンメイ氏の著作一覧


▼ナガオカ ケンメイ氏関連の本


ライフデザイン・人生設計に効いたの感想・書評・レビュー

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/930

朝時間を豊かにしてくれた「HOUTOKU60」を含む「60VISION」のブラ... 続きを読む

年末年始は会社がお休みなので、時間がたっぷりとれます。 買っておいたり、図書館... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ