ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 経験から学ぶ > 徹底抗戦 堀江貴文【本の感想・レビュー】

徹底抗戦 堀江貴文【本の感想・レビュー】


真実はひとつである。しかし、曖昧なことも多い。解釈次第で世の中どのようにでも変化する。私の身の回りで起きたこの不幸な出来事から、少しでも教訓として学び取ってもらえることがあれば幸いである。


「徹底抗戦」を読んで、ある格闘家の逮捕を思いだしました。

ある格闘家が車を運転中にケータイでお話をしていました。
※誉められたことではないです※

格闘家が車を一時停止をしました
おまわりさんが声をかけました

格闘家がおまわりさんを振り切り、車を発進させました。
そのさいに、おまわりさんの手に格闘家の車が触れました。
※誉められたことではないです※

後日、警察から出頭するように声がかかり、取調べのあと逮捕されました
※取調べでどんな態度をとったかは不明です※

格闘家のやったことは誉められたことではないのですが、逮捕をされるほどひどいことをやっていない気もします。

スピード違反だとか、駐車禁止エリアにオートバイを駐車するだとか。
「ささいな法律違反をしていない人」はごく少数ではないでしょうか?

警察がその気になったら、犯罪者にできない人はいない気がします。
例えば、痴漢に間違われて逮捕される、など一般市民でも起こりうることです。
堀江氏も「犯罪者」になりかけた訳で。
「人間はこうやって『容疑者』になって『犯罪者』になっていくんだー」と思いました。

「ライブドア事件から得た教訓」は、「法律違反をしない生活」を極力送るようにし、権力に睨まれるようなことをしちゃいけない、ってことですね。。。
(一般市民の立場で「権力に睨まれること」なんてまずないですが。)

★Amazon:徹底抗戦
★楽天:徹底抗戦

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/939

お金がないときはやれることに限界があるけど、お金があればやれることがどんどん... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ