ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > まんが道 藤子不二雄A【本の感想・レビュー・書評】

まんが道 藤子不二雄A【本の感想・レビュー・書評】

ただひとつ気をつけなければいけないのはかならず自分の描きたいものを描くということなんだよ!
描きたいものを描いているうちはどんなに仕事がキビシくてもやりとおすことができる!
しかし描きたくないものをムリして描くとイヤ気がさして作品に熱中できない!
ぼくが夜も寝ないでこんなにまんがばかり描いていられるのもかきたいものがいっぱいあるからなんだよ!
だからまんが家はいつも描きたい素材をたくさん貯金していなければならないんだよ!
(手塚治虫氏のアドバイス)


「笑ゥせぇるすまん」の著書:藤子不二雄Aによる自伝的まんが。

富山で過ごした青春時代。

上京して親戚のおうちに下宿していたときのこと。

トキワ荘での生活が描かれています。

「まんが道」を読むと、ある人が世に名前をだすまでには、本当に多くの方のお世話になっている、という事に気づかされます。

家族の支援、同級生・先生の応援、職場の理解、親戚の支え、出版社の編集者の激励、先輩まんが家の言葉、まんが仲間たちとの切磋琢磨。

これらに支えられて、藤子不二雄Aはまんが道をつきすすんでいきます。

冒頭の手塚治虫氏のアドバイスは「描きたい素材」を「やりたい仕事」に置換えれば、まんがだけでなく、他の仕事にもあてはまる普遍的なものになります。

先人たちのいろんな思いに触れ、我が身を振返るいい機会になりました!

★Amazon:まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)
★楽天:まんが道(1)

トラックバック(6)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/915

ただひとつ気をつけなければいけないのはかならず自分の描きたいものを描くというこ... 続きを読む

「お父ちゃんの漫画には未来がない。手塚漫画には未来がある」って言っちゃったん... 続きを読む

人ってかわればかわるものねえ ねえママ なんでもじまんする人はばかだよね! バ... 続きを読む

そもそもイヌというのは手をがぶがぶ噛み、家中でウンコやおしっこをする生き物なの... 続きを読む

この作品の原画を手に取って、仕事のていねいさ、色の美しさに驚いた。私(娘の赤塚... 続きを読む

狂った元首の下でまともな部下はやって行けんし、まともな元首の下で狂った部下はつ... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ