ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > 天才バカボン 幸福論。夜のつぎは朝なのだ。バカ田大学しあわせ研究会編

天才バカボン 幸福論。夜のつぎは朝なのだ。バカ田大学しあわせ研究会編

そもそもイヌというのは手をがぶがぶ噛み、家中でウンコやおしっこをする生き物なのだ。イヌにはイヌの習性や意志があり、あなたを癒すための道具として生まれたわけではないのだ。それを受け入れない限り、この先もずっとあなたは癒されないのだ。わしを受け入れたママを見なさい!


元トキワ荘の住民:赤塚不二夫氏の「元祖天才バカボン」にでてくる珠玉の言葉(漫画)を集めたものです。

バカボンのパパというか赤塚不二夫氏の世界観は「これでいいのだ」このひと言に尽きるのではないでしょうか?

アントニオ猪木の「元気があれば何でもできる」もスゴイ言葉ですが「これでいいのだ」も含蓄のあるたいそうな台詞です。

ものごとをあるがままに受け入れる度量がなければ、そんな台詞はでてきやしません。

受け入れた上で、すべてを笑いに昇華してしまうのが、赤塚不二夫の圧倒的な個性なのでしょう。

私はまだ「これでいいのか?」迷うこともありますが、いつか「これでいいのだ」とあるがままを全肯定できる自分になりたいものです。

★楽天:天才バカボン幸福論。夜のつぎは朝なのだ。
★Amazon:天才バカボン幸福論。夜のつぎは朝なのだ。

赤塚不二夫氏の作品・著作一覧


▼赤塚不二夫氏関連の本


赤塚不二夫の電子ブック一覧
天才バカボンもーれつア太郎おそ松くんギャグゲリラ
ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評 

トラックバック(4)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1051

また、1985年にあおうなッ 数ある手塚治虫作品の中から「おかね」と「こころ... 続きを読む

あの赤塚不二夫先生の出世作「ナマちゃん 」が、なんと電子ブックで読めるの! まだ... 続きを読む

この作品の原画を手に取って、仕事のていねいさ、色の美しさに驚いた。私(娘の赤塚... 続きを読む

彼は何になるのだろう? 大学生の頃にはまった澁澤龍彦が「奇書」としてプッシュし... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ