ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > 総員玉砕せよ! 水木しげる【本の感想・レビュー・書評】

総員玉砕せよ! 水木しげる【本の感想・レビュー・書評】


田所大隊長:わしも職業軍人のはしくれだ。死に場所を得たいのだ。...玉砕あるのみ

丸山(初年兵≒水木氏):ああ。みんなこんな気持で死んでいったのだなあ。誰にみられることもなく。誰に語ることもできず...ただ忘れ去られるだけ...

となりの陣地を守っていた連隊長の述懐:一体この陣地をそうまでして守らねばならぬところだったのだろうか...


トキワ荘⇒ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘⇒水木しげる氏、と「水木しげる氏」に興味をもちました。

娘さんがすすめていたので「総員玉砕せよ!」を読んでみることに。

丸山がビンタを受け続けた兵隊から靴をもらって、相手のよいところに気がついたり。
初年兵が殴られ続けた上等兵が、河で行方不明になり、密かに喜んだり。
「浮かばれんだろう」という人情で、1週間かけて小隊ひとつを使って死体探しをいたり。
バナナを熟させたり、占領した陣地の缶詰・チョコを食べて喜んだり。

「戦争」の中にある「日常」もたんたんと描かれています。

死を急ぐ大隊長が「玉砕」を決定します。
この決断は正しかったのでしょうか?
しかし「玉砕」するはずの丸山を含む80人強が「生きてのびて」しまいました。

それが司令部の知られてしまい二度目の「玉砕」を行います。
「再玉砕」はしなければ」いけないことだったのでしょうか?

多くの「?」が浮かびましたが、90%が事実です。
70年前の現実です。

戦争って、なんだったんでしょうね?

楽天:総員玉砕せよ!
Amazon:総員玉砕せよ! (講談社文庫)


▼水木しげるの作品


水木しげるの電子ブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1091

さらに二、三日歩き、海軍の小屋を見つけて倒れ込む。まもなくやってきや陸軍の小隊... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ