ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > エルメスの道 竹宮恵子【本の感想・レビュー】

エルメスの道 竹宮恵子【本の感想・レビュー】

大量生産が増えてくれば逆に芸術品の貴重さは増してくる
鞍や馬具の注文は目にみえて減ってきているけれど
そのぶん新しい製品を考えだして
職人たちの技術を守る......!

高級ブランドとして名高い「エルメス」の「社史」です。

竹宮恵子氏と「ブランドがブランドとして確立される過程」に興味があるので図書館で借りてきました。

エスメスの原点は、馬の鞍などの馬具です。
しかし、自動車の大量生産が始まるとともに、「馬具」の販売は右肩下がりになっていきます。

主力製品の需要が落ちれば「もう終わりだ」と絶望的になったりしそうですが、逆に「芸術品の貴重さは増してくる」と発想したところが、エルメス成功の秘訣なのかもしれません。

守るべきは「職人の技術」であって「馬具」のみに固執する必要はない。
「職人の技術を守る」ための新商品をつくって、原点の「馬具」を守ろう!と。

誇り高き鞍職人だった兄は「いまさら、鞍以外ものをつくれない」と去ってしまうのですが。

原点を守るためにも、変わろうする姿勢。
守るべき頑なさと、変化していく柔軟さとのバランスがブランドがブランドとして成立する要素なのでしょう。

何でも、「エルメス」の社長さんから直々に、仕事の問合せがあった時、書き手の条件が「馬に乗れる人であること。馬が描ける人であること」だったそうです。

「馬」にこだわるエルメスの精神がこんなところにも表れていますね。

楽天で「エルメスの道」の詳細をみる
Amazonで「エルメスの道」の詳細をみる


竹宮 恵子先生の作品一覧

竹宮惠子(竹宮恵子)先生のマンガの感想・レビュー

風と木の詩地球へ…ファラオの墓天馬の血族エルメスの道イズァローン伝説


竹宮惠子(竹宮恵子)先生の本の感想・レビュー

マンガの脚本概論


▼竹宮惠子(竹宮恵子)先生関連の本


【電子書籍/電子コミック】で読むことができる竹宮恵子先生の作品

ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1163

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ