ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > たまねぎたまちゃん 愛蔵版 赤塚不二夫【本の感想・レビュー】

たまねぎたまちゃん 愛蔵版 赤塚不二夫【本の感想・レビュー】

この作品の原画を手に取って、仕事のていねいさ、色の美しさに驚いた。
私(娘の赤塚悦子さん)が生まれたことによってハッピーになり「たまちゃん」を描いていたのなら私はうれしい。

天才バカボン」「ギャグゲリラ」などの過激なギャグ漫画を描いた赤塚不二夫氏が「小学1年生」に連載していた作品。

食糧難から、飽食の時代になり、子供たちが「好き嫌い」という贅沢をできるようになった頃に、この「たまねぎたまちゃん」は描かれました。
「こどもたちに好き嫌いをしないで野菜を食べてほしい」「幼い子供が読むものなので、デタラメはできない」という思いから、丁寧な仕事になったようです。

また、この頃。赤塚不二夫氏に、愛娘:悦子さんが生まれました。
父としての「小さな自覚」が芽生えたのも影響をしているようです。

「漫画」というより「絵本」みたいな作品です。
「たまねぎたまちゃん」を読んで育った子供は、筋が通った、まっとうな人間に育っていく気がします。

もしかすると、娘さんに読んでほしくて、この「たまねぎたまちゃん」を描いたのかもしれません。

赤塚不二夫氏の強烈なギャグ漫画を読みなれている方には、違和感があるかもしれません。

「毒々しい」赤塚作品も本当の赤塚作品でしょうが、こうした「ほのぼのとした」赤塚作品も赤塚不二夫氏の一面なのでしょう。

楽天で「たまねぎたまちゃん」の詳細をみる
Amazonで「たまねぎたまちゃん 愛蔵版」の詳細をみる


赤塚不二夫氏の作品・著作一覧


▼赤塚不二夫氏関連の本


赤塚不二夫の電子ブック一覧
天才バカボンもーれつア太郎おそ松くんギャグゲリラ
ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1165

あの赤塚不二夫先生の出世作「ナマちゃん 」が、なんと電子ブックで読めるの! まだ... 続きを読む

この作品の原画を手に取って、仕事のていねいさ、色の美しさに驚いた。私(娘の赤塚... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ