ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > BLACKJACK(ブラック・ジャック)手塚治虫【本の感想・レビュー】

BLACKJACK(ブラック・ジャック)手塚治虫【本の感想・レビュー】

BJ:私はしがない町医者ですがね...せめて何かお役に立つことがあれば...
蟻谷:じゃあいつかケガをしてときにでも助けていただきましょうか
BJ:お約束しますよ。蟻谷さん
...
蟻谷:でも...なぜ私にこんなにつくしてくださったんです?
BJ:おたがいさまでさァあなたに助けられたときは もっとうれしかった...

手塚治虫の代表作「BLACKJACK(ブラック・ジャック)」。
小学生の頃に児童館で夢中で読んでいました。
図書館で見つけ、懐かしくなって借りてきました。

冒頭の台詞は「助けあい」という作品にでてきたものです。
==================================
海外で「強盗殺人」の濡れ衣を着せられ、逮捕されたブラックジャック。
潔白を証明をできるのは、犯行時間とされる時間に、一緒に飲んでいた行きずりの商社マン(=蟻谷)しかいません。

なんと!BLACKJACKが囚われている警察署に蟻谷が現れ、無実を証明していくれ、ブラックジャックは釈放されました。

それから月日が流れ。
蟻谷が、勤めてきたきた会社によって車に跳ねられてしまいます。
そのピンチを知ったブラックジャックが、蟻谷を助けるために駆けつけ...
==================================

生きていると、自分だけでは解決できない事態によくであいます。
「どうしたものか」とあがいていると、手を差し伸べてくれる人がいます。
「助けて!」とヘルプをだすと、親切に対応をしてくれる方がいます。

ものすごく嬉しいです。

逆に、頑張っているのに、空回りをしている人をみると応援したくなります。

こうしたちょっとした「助けあい」で世の中はなりたっているのではないでしょうか。
そして今「助けあい」の精神が薄れている気もします。

ブラックジャックは、天才的な外科医ですが「人間そのもの」と「社会」とを治療してきたし、これからもし続けるのでしょう。

小学生の頃はただただ面白いだけで「ブラックジャック」を読んでいましたが、知らないうちにこうした「人として大切なもの」を教えられていた気がします。

「面白くって役に立つ」これはすごいことですね。

★Amazonで「Black Jack--The best 14stories by Osamu Tezuka (2) (秋田文庫)」の詳細をみる
★楽天で「BlackJack(2)」の詳細をみる


▼手塚治虫氏の作品


手塚治虫の電子ブック一覧

▼100円/48時間で電子書籍をレンタルできるサービス!手塚作品全382冊が読めちゃいます

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1174

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ