ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > スゴイ人からパワーをもらう > 落ちこぼれから天才バカボンへ 赤塚不二夫【本の感想】

落ちこぼれから天才バカボンへ 赤塚不二夫【本の感想】

1984年に赤塚不二夫氏がポプラ社の「のびのび人生論」シリーズの23巻目として描いた本で、図書館で借りてきました!

なかなか芽がでなかった「トキワ荘」時代(落ちこぼれ)から、穴埋め原稿でチャンスを掴み、ギャグ漫画の王様(天才バカボン)になるまでのエピソードが、バカボンが話しているような文体で綴られています。

子供のために描いているので「過激な部分」「毒々しさ」がなく、赤塚不二夫氏の優しさが滲みでています。

子供の頃に読みたかった「伝記」です。
残念なことに、今ではこの本新品では購入できないみたいです(涙)

こういった「良書」が廃れていくのは惜しいですね。

★Amazonで「落ちこぼれから天才バカボンへ (1984年) (のびのび人生論)」の詳細を見る

赤塚不二夫氏の作品・著作一覧


▼赤塚不二夫氏関連の本


赤塚不二夫の電子ブック一覧
天才バカボンもーれつア太郎おそ松くんギャグゲリラ
ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1171

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ