ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > 芋虫 原作:江戸川乱歩 脚色・作画:丸尾末広【本の感想・レビュー】

芋虫 原作:江戸川乱歩 脚色・作画:丸尾末広【本の感想・レビュー】

ユルス

池袋のLIBROのコミックコーナーで「江戸川乱歩」原作コミック展が開催されていました。

江戸川乱歩と言えば、西池袋ゆかりの作家。
明智小五郎や少年探偵団が活躍する推理小説が有名です。

個人的な好みで言えば、乱歩の中でも「人間椅子」「黒蜥蜴」など怪奇的・幻想的・妖艶・摩訶不思議な世界が好きです。

その異次元ワールド:江戸川乱歩の中でも最凶の問題作「芋虫」がコミック化されています!
あの「芋虫」が。

下手に漫画にすると、乱歩ワールドが破壊され『エログロ』にしかならない気がします。

しかし、展示されていた原画・平積みされている漫画本をみると、妖艶な品が漂っています。
興味をそそられたので読んでみることにしました。

戦争によって廃人(※旧字がでてきません)になった夫を、妻が献身的に支え...というと美談にきこえますが(苦笑)、そこに支配する側と、される側の逆転だったり、肉欲・性欲・愛欲や、先のみえないどんづまり感や、いらだちや、許容・愛が複雑にからみあって物語は展開していきます。

思うに、乱歩の摩訶不思議ワールドを読みこなすには、行間を埋める想像力がたいそう必要なのでしょう。
その「行間を埋める想像力」を丸尾末広氏が代行してくれています。

乱歩の小説「芋虫」を文字だけで、文章だけで読んだときには、ものすごーくグロテスクなお話に感じました。
それは、私に『品格』というものが欠落していたからかも知れません。。。

丸尾末広氏の解釈が加わり、絢爛な絵と端的な台詞にまとめられると『品のある格調高い作品』になっています。

江戸川乱歩のひとつの解釈として『あり』ですね。

★楽天で「芋虫」の詳細をみる
★Amazonで「芋虫 (BEAM COMIX)」の詳細をみる
「江戸川乱歩 芋虫」収録の本・DVD・漫画の一覧

丸尾 末広先生の作品一覧

丸尾末広先生のマンガの感想・レビュー

芋虫(原作:江戸川乱歩)パノラマ島綺譚(原作:江戸川乱歩)少女椿


▼丸尾末広先生関連の本


丸尾末広氏の電子書籍一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

江戸川 乱歩の作品・著作一覧


▼江戸川乱歩作品


江戸川乱歩の電子ブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想<・レビュー・書評

トラックバック(10)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1181

大君は逝くよき世は逝く我も逝くいざ楽園へ 江戸川乱歩の原作を丸尾末広が漫画にし... 続きを読む

うわ~ん!! 「芋虫」「パノラマ島綺譚」で丸尾末広という漫画家に興味をもったの... 続きを読む

...正当防衛って妙なものだわ。両方とも、ほんとうの犯人はこのあたしだったの... 続きを読む

ひとでなしの恋、この世の外の恋でございます。そのような恋をするものは、一方では... 続きを読む

「蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、、、、、... 続きを読む

俺の最期の芸術を観賞すべく、数百人の見物がやって来るのだ。しかも、それぞれ優れ... 続きを読む

「僕はその父の呪の血を受けて、復讐の機械としてこの世に生まれて来た人外の生き... 続きを読む

ところがその結果は、運命のいたずらが過ぎたのです。彼らの、パッシヴとアクティ... 続きを読む

「明智さん。もうお別れです......お別れに、たった一つのお願いを聞いてく... 続きを読む

ライフデザイン・人生設計の本 - 乱歩地獄 【DVDの感想・レビュー】 (2010年11月 6日 09:37)

誰も見たことのないスウィートな地獄 個性派若手監督が江戸川乱歩原作「火星の運河... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ