ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 小説 > 芋虫 江戸川乱歩【本の感想・レビュー】

芋虫 江戸川乱歩【本の感想・レビュー】

ひとでなしの恋、この世の外の恋でございます。そのような恋をするものは、一方では、生きた人間では味わうことの出来ない、悪夢の様な、或は又伽噺の様な不思議な歓楽に魂をしびれさせながら、しかし又一方では、絶え間なき罪の呵責に責められて、どうかしてその地獄を逃れたいと、あせりもがくものでございます。(ひとでなしの恋)

池袋リブロの「江戸川乱歩原画展」以来、西池袋ゆかりの江戸川乱歩にはまっています。
大人買いした「江戸川乱歩ベストセレクション」を着実に読みすすめています。

今回の『芋虫』にも、ぶっ飛んだ欲望をつきすすめた「ゴーイングマイウェイ」さんたちがいっぱい登場します。
「突き抜けたい!」気持ちはあっても、実現できない欲望をもつ庶民は、乱歩を読んでせいぜい気を紛らわしましょう。

▼心に残った作品は...
芋虫
最近になって丸尾末広氏によって漫画されました(漫画版「芋虫」の感想はこちら)。

いろんな読み方のできる作品です。
人間の「俗悪さ」と「崇高さ」とが乱歩の怪奇表現で芸術に昇華されています


現実にありそうで、ぞっとしました。

白昼夢
いくら本当のことを話しても、あまりに滑稽にきこえ現実として受け入れてもらえないことはあります。
それって、いいことなんですかね?

赤い部屋
退屈しのぎのために殺人を犯すひと。
こういう人間は、小説の中だけに存在してほしいのですが、最近そういった人種が現実にも存在している気がします。

ひとでなしの恋
人形に恋をした男と、人形に恋した男に恋をして、彼の浮気を疑う新妻の物語。

人形に恋した男は、自分の嗜好に罪悪感をいだきながら、妻を愛そうと努力します。
しかし、新妻は、彼のうつろな目に不信感をいだき、夫の人形との逢瀬を目撃してしまいます。

新妻は「みなかったこと」にできなかったのでしょうか?

★楽天で「芋虫」の詳細をみる
★Amazonで「芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2 (角川ホラー文庫)」の詳細をみる
「芋虫」の掲載されている他の本、DVDなど

江戸川 乱歩の作品・著作一覧


▼江戸川乱歩作品


江戸川乱歩の電子ブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想<・レビュー・書評

トラックバック(6)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1211

「蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、蟲、、、、、... 続きを読む

俺の最期の芸術を観賞すべく、数百人の見物がやって来るのだ。しかも、それぞれ優れ... 続きを読む

「僕はその父の呪の血を受けて、復讐の機械としてこの世に生まれて来た人外の生き... 続きを読む

ところがその結果は、運命のいたずらが過ぎたのです。彼らの、パッシヴとアクティ... 続きを読む

「明智さん。もうお別れです......お別れに、たった一つのお願いを聞いてく... 続きを読む

ライフデザイン・人生設計の本 - 乱歩地獄 【DVDの感想・レビュー】 (2010年11月 6日 09:37)

誰も見たことのないスウィートな地獄 個性派若手監督が江戸川乱歩原作「火星の運河... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ