ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 小説 > 孤島の鬼 江戸川乱歩【本の感想・レビュー】 

孤島の鬼 江戸川乱歩【本の感想・レビュー】 

道雄は、最期の息を引取る間際まで、父の名も母の名も呼ばず、ただあなた様の御手紙を抱きしめ、あなた様のお名前のみ呼び続け申候

「謎解き」「狂気」「妖しさ」「一途さ」「ヒトのかたちをした別の生きもの」「偏愛」「悲しみ」「美」など、乱歩の魅力が凝縮した作品。

「そうとしか生きられない人たち」の悲しい生存競争です。

「拾われてきた子だから」「同性愛者だから」「せむしだから」「双生児だから」「奇形の親から生まれてきた子だから」など、そうとしか生きられない理由はたくさんあります。

乱歩は暖かい眼差しで、そんな主人公たちを描ききっています。

あまり上手に表現がでてきませんが「何が正しいのか?」がわからなくなりました。

これで、「角川ホラー文庫 江戸川乱歩ベストセレクション」を読みきりました。
しかし、乱歩作品はまだまだ多く存在をしています。

次はねー、乱歩作品の中で人気で、かつこのベストセレクションに入っていなかった「D坂の殺人事件」を読むの。

もう注文しちゃった( ̄ー ̄)v

★楽天で「孤島の鬼」の詳細をみる
★Amazonで「孤島の鬼」の詳細をみる

江戸川 乱歩の作品・著作一覧


▼江戸川乱歩作品


江戸川乱歩の電子ブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想<・レビュー・書評

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1238

2010年8月15日早朝。 心配していたお天気は曇り空。 近くのテントにいたライ... 続きを読む

ところがその結果は、運命のいたずらが過ぎたのです。彼らの、パッシヴとアクティ... 続きを読む

2010年8月15日夕方。 定刻どおりに、鴛泊港から稚内港行きのフェリーは出港し... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ