ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > クリエイティブワークを深める > 佐藤可士和のクリエイティブシンキング【本の感想・レビュー】

佐藤可士和のクリエイティブシンキング【本の感想・レビュー】

デザインとは、問題を解決するために思考や情報を整理して、コンセプトやビジョンを導き出し、最適な形にして分かりやすくその価値を伝えていく行為です。
... 中身の考え方を正しく表に表せているものが、デザインされたものということなのです。

佐藤可士和の超整理術」の続編ともいえる本です。

佐藤可士和の超整理術」が、「整理」に力点を置かれているのにたいし、今回の「佐藤可士和のクリエイティブシンキング」は「整理」も含めて「創造的思考法」というより大きな概念が描かれています。

佐藤可士和氏が好きなので、彼の著作や、インタビューはよく読みます。
これまでの考えを彼自身のイラスト(かわいらしくてお気に入り)入りでまとめた感じです。

ブレのない人なので、今まで彼の著作を丹念に読んできた人にとっては、正直目新しいネタはないかもしれません。。。

イラスト入りでわかりやすいので、ものごとをビジュアルで捉える人、「はじめての佐藤可士和本」にチャレンジされる方には、「クリエイティブシンキング」のほうが読みやすいかもしれません。

楽天で「佐藤可士和のクリエイティブシンキング」の詳細をみる
Amazonで「佐藤可士和のクリエイティブシンキング」の詳細をみる

佐藤 可士和さんの著作・作品一覧


▼佐藤可士和氏関連の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1250

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ