ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > スゴイ人からパワーをもらう > d design travel vol.1 北海道(ディ・デザイントラベル) ナガオカケンメイ

d design travel vol.1 北海道(ディ・デザイントラベル) ナガオカケンメイ

design travelの定義
  • その土地らしいこと(東京などのコピーではないこと)。
  • その土地の人がやっていること。
  • その土地の伝えたいメッセージを持っていること。
  • 利用価格が手頃であること。

ナガオカケンメイさんという方がいらっしゃいます。

どんな方かと言うとですね。
私が思うに...、「ものの使い捨て」のようなことに疑問をもち、リサイクルや「長く使えるもの」「昔からその土地にあるもの」に注目し、そういった「ロングライフデザイン」を生みだす作り手を世に伝え、作り続けることができる仕組みをつくろうと、いろんなことを実践されている方です。
※あくまで私の主観です。

そのナガオカケンメイ氏が「d design travel 」という雑誌づくりを始めました。
上の引用は、その「d design travel」の定義です。

何でも、その土地その土地のデザインに触れていく中で、その土地の優れたデザインを見に行くための「観光」がデザインされていないことに気がついたそうです。

「ないのだったら、自分でつくろう!」と思ったのか、思わなかったのか。
まあ、実際に雑誌をつくりはじめ、創刊号が今回紹介する「北海道」なのです。
初年度は2冊で、今後年4冊づつつくって、2021年に完成する壮大なプロジェクトです。


何にせよ「思う」「気がつく」人はいっぱいいるのでしょうが、実際に「つくる」ひとは、ほとんどいないのが現実です。
そういったものを実践して、つくり続けているのが、ナガオカケンメイ氏のすごいところです。

「真のクリエイター」というのは、こういう方のことをいうのでしょうね。

さて、この「d design travel HOKKAIDO」です。

ところで私は、ハーレーダビットソンのハレ吉君とツーリングをするのが好きで、北海道には夏になると時間をつくっては走りにいっています。
走って、雄大な光景を見て、食べて、飲んで、温泉につかって、楽しい旅をしてきた訳です。
意識をしていたわけではないですが、「その土地らしさ」を求めて、ナガオカケンメイ氏の「design travel」のようなものをしていた気がします。
(→北海道や秩父のツーリングレポート

d design travel HOKKAIDO」では、ナガオカケンメイ氏の視点で「北海道」が紹介されており、読み物として読んでも面白いです。
何度も走りいっているのに、知らない場所がいっぱい掲載されています。

webの仕事をしているので、美術や、アートなんかにも興味がありまして。
紹介されている「モエレ沼公園」「アルテピアッツァ美唄」にいこう!と思いました。

掲載されている場所にでかけたくガイドブックです!

Amazonで「d design travel HOKKAIDO」の詳細をみる

ナガオカケンメイ氏の著作一覧


▼ナガオカ ケンメイ氏関連の本


ライフデザイン・人生設計に効いたの感想・書評・レビュー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1342

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ