ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 経験から学ぶ > まな板の上の鯉、正論を吐く 堀江貴文【本の感想】

まな板の上の鯉、正論を吐く 堀江貴文【本の感想】



あと、「同僚と友人になる必要はない」と思う。そんなことよりも、会社がそれぞれにとって好きな仕事ができる場所として機能しているかどうか。そうならば仕事を続けるし、そうでなくなったら辞める。シンプルな問題ですよね。

「世の中が自分の発言によって、少しでもよい方向に向かうように」と、情報を発信続けているホリエモン(堀江貴文氏)の2010年4月の著書。

インタビュアーが投げる「ビジネス」「マネー」「未来」などの108の質問を、ホリエモンが丁寧に回答をしています。それぞれの回答にはリリー・フランキーさんが書いたアイコン(イラスト)がついているのも楽しいです。

執筆していた当時、最高裁の判決を待つ身だったので、このタイトルがついたのでしょう。
あれ?( ̄-  ̄ ) ところで、裁判の判決は、でたのでしょうか?

それはさておき、引用をしたのは、「友人と会社をつくるのを辞めたほうがいいという理由は?」という質問に対しての回答のつけたしです。

ホリエモンは「「会社」は、そこにつとめる人が「好きな仕事ができる場所であればいい」という、シンプルな考えを表明しています。

ホリエモンというフィルターと通して世の中をみると、複雑に思っていたことが、とても分かりやすく、シンプルに見えてきます。

いろいろな状況をかんたんな言葉で、複雑にみえるものごとをシンプルに表現するのが上手な方です。
それが「ホリエモン力」なんでしょうね。。。

「ビジネス」「マネー」「政治」「事件」「交遊術」「未来」についてのなんかしろの参考が欲しい方には一読の価値があります!!

★楽天で「【送料無料】まな板の上の鯉、正論を吐く」の詳細をみる
★Amazonで「まな板の上の鯉、正論を吐く (新書y)」の詳細をみる

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1352

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ