ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 経験から学ぶ > 日本はじっこ自滅旅 鴨志田穣【感想・レビュー】

日本はじっこ自滅旅 鴨志田穣【感想・レビュー】

俺は君の生き方は嫌いじゃないよ。でもね、何だか自分でもよくわかっていないんだけど、「自由」ってさ、いくつも得体の知れない恐怖に抗って行く事じゃないのか?

毎日かあさん(西原理恵子)の元旦那「かもちゃん」が思いつくままに、行き当たりばったりで旅をするエッセイです。

なぜか「はじっこ」目指します。

日本って、海に囲まれた島国なので「はじっこ」の目指すと、港に行き着くの。
港と言えば漁師さん。漁師さんと言えば、酒飲みで(歪んだ認識なのかもしれませんが)、酒飲みの生息地には、飲み屋がいっぱいあって...。

結局、鴨志田氏、飲んでばかりいます。

彼のすごいところが、多少酔っぱらっていても「港町には、日本人の女性はいないのか?」と突っ込みをいれたり、おかみや、おじさんたちとの、水面下での戦いをユーモラスたっぷりに書いていることなの。

苦しかったはずなのに、吐血した状況を、わかりやすく、笑いをとりながら話すところなんて、涙ものです。
そんなにカラダをはった芸をしなくてもいいのにー。
そういうところが「自滅派」なんでしょう。

でも、たまには「うまい」と、思わず膝を打つ事も話しており...。

笑いながら「日本のはじっこ」の真実の姿を知る事ができる良書です!

★楽天で「【送料無料】日本はじっこ自滅旅」の詳細を見る
★Amazonで「日本はじっこ自滅旅」の詳細を見る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1362

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ