決断なんて「1秒」あればいい 桜井章一

もし君が優柔不断で、なかなか自分できめられないとしたら、頭で考えることをとにかくやめることだ。
いちいち頭で考えるから「このあと、こうなったらどうしよう」とか「余計なトラブルに巻き込まれたらどうしよう」と思ってしまうのだ。
考えることをせず、ただ感じていれば、きっと君の体は自然に動き出すだろう。
この本を読んで、君に「感じる力」がついたとしたら、それは「決断力」がついたのと同じことなのだ。(以上、引用)
麻雀(マージャン)で20年間無敗の、伝説の雀鬼:桜井章一さんの著書です。

「考える」のではなく「感じる」。そうすると「自然に体が動きだす」というのはわかります。

ここのところ、バイクで長旅をしており、天気が大変気になりました。

大雨が降りそうなら、先を急がず、バイクに乗らずに周辺観光を、にわか雨が降るなら、すすみましょう、台風来るなら、こっちいこかな、など、天気によって走行距離、目的地が異なってきます。

最初のうちは、天気予報をみて、
出発地や目的地の晴れマークや、雨マークに一喜一憂をしていました。

旅を続けるうちに、自然と空と空気を五官で感じるようになりました。

「この雲と、空気、雨が降ります(ぽつぽつきました)。ひどい雨になりそうです」

雨宿りできる場所を、自然と捜索

発見!(こういう時のめざとさは、超一流)バイクを停めて、一休みしてます

とまあ、感じて、自然と体が動くようになりました。
走っている最中に、天気予報をみて、考える、なんてコトはまったくしません。

そして「天気予報」にふりまわされていた自分に気がつきました。
天気予報は、何も、今私のいる場所の雲や空気を実際にみている訳ではありません。

それなのに、目の前の雲の動きや、空気感を感じないで、
天気予報をスマフォで見て、今後の動きを決めるのってヘンテコですよね。

自分も、かってはそういうおかしなことをしていたのですが。

痛い目にあったり、紆余曲折の上
感じて、勝手にカラダが動くようになりました。

勝手にカラダが動いたこと=(結果として)決断をしたこと、になるので
引用のように

君に「感じる力」がついたとしたら、それは「決断力」がついたのと同じことなのだ。

なのでしょう。

旅のコース決めだけなく、人生の決断も「感じてカラダが動くように」なりたいものです。

★Amazonで「決断なんて「1秒」あればいい 」の詳細をみる
★楽天で「【送料無料】決断なんて「1秒」あればいい」の詳細をみる

桜井章一氏の本を読んだ感想

修羅場が人を磨く人を見抜く技術決断なんて「1秒」あればいい


▼桜井章一氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1500

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ