中国人のリアル 安田峰俊

僕はいま、あなたと向き合っている。
婚活サイトで出会った中国の官僚氏だってそう言っている。 ナンパメールの中だけではなく、普段の付き合いの中でそう言い合える相手を増やすこと。我々の身近な範囲内において中国と付き合いの中でそう言い合える相手を増やすこと。我々の身近な範囲内において中国と付き合う際には、これこそが重要ではないかと思うのである。(以上、引用)

ここのところ、身近に中国人が増えている気がします。

街ゆくグループの会話が中国語、コンビニや、ファミレス、ファーストフードの店員さんが中国人だったりします。

また、日本一周の旅をしたさいに、観光地や、ゲストハウスで中国人たちと出会いました。

観光地の表記が「日本語」「英語」に加えて、「中国語」の表記もあり、
「日本にくる中国人が増えたんだー」と思ったり、
「観光地で写真を撮ろう!」とカメラを構え、人がいないくなるのを待っていると、
中国人のグループが雪崩れこんできたり(汗)

そして、最近の「お騒がせ事件」の数々があったりと。

とにかく「中国人のことをもっと知りたい!」と思いました。

そして手に取ったのが、この「中国人のリアル~恋愛事情から、お騒がせ大国を「ゆるく」論じてみた」です。

1982年生まれの男性著者が、婚活サイトに登録をして中国人女性の結婚観を探ったり、
中国で放映されているドラマから、戦後の男女関係の変化を論じたり、
中国のQAサイトの質問、回答から恋愛観をよみとったり、
果てはネカマ(男性がネット上で女性になること)になって、婚活サイトで婚活をしたりします。

でてくる中国人の方の事例に「うんうん。わかる」と、共感したり
共感できないまでも「こういう人っているよねー」と、納得できたりします。

つまり、自分の理解の範疇にいるということ。
「中国人だからどうこう」というより、同じ人間として共感したり、納得できます。

こういう方たちの集団が「困ったちゃん」の国になっていることが不思議です(汗)

そしていきついた真実が、著者がネカマになって、
中国人男性からいただいたナンパメールに書かれていた
「僕はいま、あなたと向き合っている」なんですよ(苦笑)

国同士のさまざまないきさつはあるけれど
いま、ぼくはあなたとむきあっている、それでいいじゃないか、と。

いろんな背景はあっても、人間同士のつきあいじゃないか、と

はい。それでよいでしょう。
ほんとうに大切なことは、下世話なものからみつかりました。

Amazonで「中国人のリアル~恋愛事情から、お騒がせ大国を「ゆるく」論じてみた
」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】中国人のリアル」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1509

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ