ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > コミック・マンガ > 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23) めぐりあい宇宙編 安彦 良和

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23) めぐりあい宇宙編 安彦 良和

シャア:ジオン対連邦ではなく!スペースノイド対アースノイドですらなく!!真に戦うべきはオールドタイプ対ニュータイプなのだとっ
アムロ:ニュータイプは...戦うためにいるんじゃない!!ニュータイプは分かり合えるんだ。だから戦ったりしないっ。戦いの道具にもならないっ!(以上、引用)
10年におよぶ年月の末、ついに「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が完結しました(*ノ-;*)

最終巻を読んで「ニュータイプ」の意味を自分なりに理解できた気がします。
恐らく、アムロの言うように「分かり合えるから戦わない人たち」のことなのでしょう。
「オールドタイプ」とは「分かり合うという発想がなく、戦うことを選ぶ人たち」なのでは?

自分もそうなのですが、理不尽な目にあうと
「負けないもん!」「戦ってやる!」と拳を固めがちです。

相手の立場だとか、状況を考慮せずに、
ついつい「戦うこと」を前提に「いかに戦うか?」に脳みそを使いがちです。
「戦うこと」がかっこいいようにも思っていました。

つまり、わたしは現時点では「オールドタイプ」です。
戦うために消耗するより、別のことにパワーを使った方がよっぽど生産的なのですが。

シャアも、常に「戦う相手」を探しています。
「ザビ家」であったり、「オールドタイプ」でタイプであったり。

こう考えると、自分を「ニュータイプ」だと言っているシャアは
本当の意味では「分かり合うという発想がなく、戦うことを選ぶ『オールドタイプ』」の人間で
アムロやララァが「分かり合えるから戦わない『ニュータイプ』」
なのではないでしょうか?

今の世の中、インターネットの普及で、ネット上では世界の壁がなくなってきています。
twitter、facebookなどで、コミュニケーションをとって「分かり合おう」とすれば、分かり合えるチャンスはたくさんあります。
(ある程度の言語能力は必要ですが)

時間も距離も超越して「分かり合える」訳です。

「分かり合えるから戦わない人たち」という意味での「ニュータイプ」は
案外すぐそばにいるのかもしれません。

Amazonで「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23) めぐりあい宇宙編 (角川コミックス・エース 80-28)」の詳細をみる
楽天で「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)」の詳細をみる


▼ガンダム関連の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1552

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ